2014年04月06日

2014年4月映画鑑賞予定

 2014年3月に観た映画は、『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』『ラッシュ プライドと友情』『ホビット 竜に奪われた王国』『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』『ロボコップ』『それでも夜は明ける』『LEGO(R)ムービー』の7本。大漁大漁。
 オススメは、『ラッシュ プライドと友情』。F1を知らなくてもライバルものとして出来がいい。でも本当は『LEGO(R)ムービー』を観て欲しい。子供向けと侮るなかれ、大人も愉しめる傑作かと。

◎観に行く予定の映画
『パズル』
 映画の日に鑑賞済み。
「さぁ、ゲームの始まりです」というすっかり手垢のついた物語を犯人側から描く趣向は面白い。話自体は陳腐だけど、映画の日なら丁度いい感じ。ヒロイン夏帆が良かった。

『白ゆき姫殺人事件』
 前売り券にて鑑賞済み。
 ネット炎上を題材にした、湊かなえ原作らしい悪趣味な物語。容疑者のことを周囲が好き勝手語る羅生門であり、テレビもネット民も無責任だ、と痛打するのがステキ。

『アクト・オブ・キリング』
 「あなたが行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」
 インドネシアで発生した大虐殺を、今なお英雄として平穏な日常を送っているその当事者自身による再現で映像化された、ドキュメンタリー映画。
 正直、観たくない気持ちもある。でも観たい。。。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第1章』
 『機動警察パトレイバー』を押井守による完全新作で実写化!
 ……という時点で押井守ファンのための映画なんだけど、実際に評判もその通りなので、これは観に行くべきか。
 いやまあ、押井守ファンだしなぁ。

◎気になっている映画
『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
 『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』のエドガー・ライト監督とサイモン・ペッグ&ニック・フロストのゴールデン・トリオによる最新作。
 学生時代に果たせなかった、一晩で12軒のパブを巡る挑戦を題材にしたSFアクション・コメディって時点でツボです(笑)。

『リベンジ・マッチ』
 「レイジング・ブル」のロバート・デ・ニーロと「ロッキー」シリーズのシルヴェスター・スタローンの共演で贈るボクシング・ムービー。
 これ以上の説明はいらない気がするな、これ(笑)。

『アナと雪の女王』
 大ヒット上映中の、今年のアカデミー長編アニメーション賞を獲得したディズニーアニメ。
 映画ファンなら観に行っておけ、という気がしてるんだけど、何故か及び腰になってしまうなぁ。。。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

2014年3月映画鑑賞予定

 2014年2月に観た映画は、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』『ゴッドファーザー』『ダラス・バイヤーズクラブ』の4本。
 オススメは、『ゴッドファーザー』は別格として、『ダラス・バイヤーズクラブ』かな。アカデミー主演男優賞と助演男優賞を取ったのも納得の、エイズ患者の二人の演技は凄かった。

◎観に行く予定の映画
『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
 映画の日に鑑賞済み。
 事件らしい事件も起きない、父と子のロードムービーという地味な物語。ただアカデミー作品賞にノミネートも納得の、良い物語。観終わった後、温かい気分にさせてくれるのが良かった。

『ラッシュ プライドと友情』
 前売り券にて鑑賞済み。
 ジェームズ・ハントとニキ・ラウダという二人のライバルに絞った脚本が凄い。F1を舞台にしているけど、それとは関係なく、ライバルものとして見事に魅せてくれる。ただただ二人の関係性をクローズアップした物語だ。

『ホビット 竜に奪われた王国』
 ホビット三部作の二作目。三部作の二作目は、好き放題出来るので面白いというのが定番ですが、ホビットもご多分に漏れず、原作には登場してないらしいレゴラス出演させたりとやりたい放題っぽい。
 それにしても三作目の公開はまた一年待ちか。遠いなぁ。

◎気になっている映画
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
 クロエ・グレース・モレッツの魅力満載なアクション映画『キック・アス』の続編。
 感想は賛否両論っぽいのだけど、クロエ嬢だけで許せるというのは一貫した意見(笑)。

『銀の匙 Silver Spoon』
 荒川弘の大ヒット漫画の実写映画化。ジャニーズ主演で実写化という時点で悪い予感しかしないけど、流れ聞く感想からは結構好意的なものが多い。
 去年掘り出し物と思った邦画『ばしゃ馬さんとビッグマウス』の吉田恵輔監督というのもちょっと気になるところ。

『ロボコップ』
 言わずと知れたポール・ヴァーホーヴェン監督の代表作『ロボコップ』のリブート。
 ってこの映画はヴァーホーヴェンだから皮肉が効いてて良かったんじゃない?と思わないでもないですが、どう料理するのか。

『アナと雪の女王』
 『風立ちぬ』を押しのけて、今年のアカデミー長編アニメーション賞を獲得した、ディズニーアニメ。
 内容自体は多分大したことがないんだろうけど、予告編だけでも歌とCGが凄いのがよく分かる。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

2014年2月映画鑑賞予定

 すでに月の半分過ぎてますが。。。
 2014年1月に観た映画は、『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』『Seventh Code』『エンダーのゲーム』の4本。
 オススメは、うーん。黒沢清『Seventh Code』と言いたいところだけど、あまり人に勧める類の映画じゃないんだよなぁ。個人的には凄く面白かったけど。

◎観に行く予定の映画
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
 前売り券にて鑑賞済み。
 マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビで映画化した、ウォール街で“狼”と呼ばれた実在の株式ブローカーの伝記ドラマ。破天荒過ぎる主人公を、ディカプリオが見事に演じてて、オスカーノミネートも納得。物語もかなり面白かった。でも18禁もむべなるかなな内容。

『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』
 前売り券にて鑑賞済み。
 TVアニメ『TIGER & BUNNY』の劇場版第2弾は、前作「The Beginning」の続編ではなく、TVシリーズ最終回で2部リーグのヒーローとして復帰したワイルドタイガーとバーナビー・ブルックスJr.のその後の活躍を描いた物語。
 ヒーロー達の活躍を堪能する漫画祭り映画として、かなり面白かった。

『アメリカン・ハッスル』
 前売り券購入済み。
 「世界にひとつのプレイブック」のデヴィッド・O・ラッセル監督が、天才詐欺師がFBI捜査官と手を組み仕掛けた前代未聞の囮作戦の実話を映画化。
 アカデミー賞の前哨戦、ゴールデン・グローブでコメディ部門の作品賞を受賞で、アカデミー賞も作品賞にノミネートという出来のほどは観たいところ。

『ラッシュ/プライドと友情』
 ロン・ハワード監督が、F1の世界で宿命のライバルとして激しく競い合った対照的な2人の伝説的レーサー、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダのドラマティックにして感動的な死闘の軌跡を映画化した伝記ドラマ。
 ライバルものとしても出来が良いと評判なので観に行きたいところ。

◎気になっている映画
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』
 クロエ・グレース・モレッツの魅力満載なアクション映画『キック・アス』の続編。
 前作がヒットしただけあって、なんか大作映画化してしまった感じがして、ちょっと不安。一応、観に行く予定だけど、クロエ嬢も成長したので可憐さが薄れてしまったるような気が。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

2014年1月映画鑑賞予定

 2013年12月に観た映画は、『ザ・コール 緊急通報指令』『キャプテン・フィリップス』『ゼロ・グラビティ』『47RONIN』の4本。
 オススメは、文句なしに『ゼロ・グラビティ』。これは劇場で観ないと意味が無い映画。しかも3Dで観ることと駄目だと思うし、出来ればIMAX3Dで観て欲しいところ。

◎観に行く予定の映画
『Seventh Code』
 黒沢清監督、前田敦子主演で、ローマ国際映画祭にて最優秀監督賞を受賞。ロシア・ウラジオストクを舞台に、前田敦子が一人の男をストーカーのように追いかける以外はよく分からない予告編も気になるところ。 
 黒沢清の最新作ということで絶対観に行く!と思ったら、テアトル梅田で1/18から1週間限定上映ってどーよどーよ。いや、何とか観に行く予定ではありますが。

『エンダーのゲーム』
 オースン・スコット・カードによるSF小説の名作を映画化。面白いのはお墨付きなのだけど未読。
 試写会ではかなり評判良かったみたいだし、予告編もなかなかSFしてて良さげ。気になるのはディズニー製作という点ぐらいか。

『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』
 1969年イタリアで起きたフォンターナ広場爆発事件を題材にした映画。
 事件そのものを知らないので何とも言えないけど、未解決の事件の真実に迫るという切り口は大好きなので、観に行く予定。

◎気になっている映画
『キリングゲーム』
 ロバート・デ・ニーロとジョン・トラボルタの二人が、アパラチア山脈の大自然を舞台に、一騎打ちを繰り広げるだけのストイックな物語。
 背景にボスニア紛争があるというのも興味が惹かれるところ。観に行くかどうかは評判次第かな。

『インシディアス 第2章』
 「ソウ」シリーズの生みの親ジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビが手がけたオカルト・ホラーの『インシディアス』の続編。
 前作は近くのレンタルDVD屋に置いてないのでまだ観てないのだけど、評判が良いのでちょっと気になってるところ。予告編もいい雰囲気のホラーだし、機会があれば観に行くかも。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

2013年12月映画鑑賞予定

 2013年11月に観た映画は、『42 世界を変えた男』『ばしゃ馬さんとビッグマウス』『サプライズ』『キャリー』『かぐや姫の物語』の5本。
 オススメは、地味ではあるけど『ばしゃ馬さんとビッグマウス』。夢を叶える物語は多いけど、夢を追いかけ続けることの苦悩を描いた物語は少ないかと。

◎観に行く予定の映画
『ザ・コール 緊急通報指令』
 映画の日に鑑賞済み。
 911の緊急電話のみで犯人を追い詰めていくというアイデアが秀逸。シチュエーションで上手く見せてくれて、緊張感を保ったまま、話が転がっていく。二転三転する展開で先が見えないのも良い。

『キャプテン・フィリップス』
 2009年にソマリア沖で海賊に人質となった船長の、実話を元にした映画。
 『ユナイテッド93』のポール・グリーングラス監督らしい映画と、出来も上々の様子。

『ゼロ・グラビティ』
 個人的マイ・ベストの『トゥモロー・ワールド』のアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。
 無重力の宇宙空間を舞台に贈るSFサスペンスは、予告編から息が詰まりそうなぐらいの宇宙空間を展開させてくれている。こいつはIMAX3Dで鑑賞しないと!

『47RONIN』
 予告編からワクワクしまくり! 色んな意味で!
 日本人なら誰でも知ってる忠臣蔵もハリウッドかかればこんなステキ映画になるという、いい見本。はじけっぷりが愉しみな映画だけど、無難に面白くてもいいのよ。

◎気になっている映画
『ハンガー・ゲーム2』
 全米では大ヒット! って『トワイライト』シリーズとかと同じジュブナイル枠のヒットなので、内容もむべなるかなな第一作の続編。
 観る前から駄目だろうことは分かってるだけに、ついつい観に行きそうな予感(だったら観に行くな)。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

2013年11月映画鑑賞予定

 2013年10月に観た映画は、『地獄でなぜ悪い』『クロニクル』『そして父になる』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』の5本。
 オススメは、『そして父になる』。親と子供、夫と妻、そして家族の葛藤を描いた傑作。

◎観に行く予定の映画
『42 世界を変えた男』
 映画の日に鑑賞済み。
 大リーグ初の黒人選手ジャッキー・ロビンソンの実話を元にした映画。派手さはないけど、地味に良い映画。
 ただ野球映画というよりは、人種差別との闘争の映画かな。

『キャリー』
 スティーヴン・キングの同名小説の映画、ブライアン・デ・パルマ監督を、クロエ・グレース・モレッツ主演でリメイク。もちろん内容は重々承知なので、クロエのキャリーを観に行く感じに。
 そういえば観に行く前に、デ・パルマ版を観直しておこう。

『サプライズ』
 「家に誰かが入ってきたらしい—」両親の結婚35周年を祝うため集まった、10人の家族。そこに突如現れる、キツネ、 ヒツジ、トラ…アニマルマスクの集団。彼らが一家を次々と襲い始める。
 これだけでちょっとワクワクするスリラーもの。出来は分からないけど、興味津々で観に行く予定。

◎気になっている映画
『グランド・イリュージョン』
 スーパー・イリュージョニスト・チームによる銀行強盗のクライム・サスペンス映画。
 スルー予定だったのだけど、地味に評判が良いので、機会があれば観に行く予定。

『夢と狂気の王国』
 スタジオジブリのドキュメンタリー映画。
 内容はさっぱり分からないけど、タイトルだけで『かぐや姫の物語』よりも惹かれる。

『キャプテン・フィリップス』
 2009年にソマリア沖で海賊に人質となった船長の、実話を元にした映画。
 トム・ハンクス主演なのであまり気にしてなかったのだけど、監督が『ユナイテッド93』のポール・グリーングラスなので評判次第で観に行く予定。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

【ネタバレなし】『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』観てきました

 公開初日の朝イチに『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を相方と観ました。
 さすがに最速の0時上映は観なかったものの、ネットで座席を確保して、問題なし。
 もっとも地元の映画館なので、さほど混まなかったので、当日でも問題なかったかも。
 大阪市内の映画館とかは凄かったみたいですが。。。

 そんなわけで物販も特に混雑せず、買えました。

DSC02580.JPG
DSC02581.JPG
 初回生産限定のパンフレット。千円なり。
 これは内容もさることながら、装丁が凝ってる上にかなり豪華。これだけで千円の価値あり。
 映画のパンフというと、薄っぺらくて、大した内容でもないというイメージが強いだけに、かなりお得感があるかと。これは買いです。

DSC02578.JPG
 ラバーストラップを相方と二人で購入。
 ほむほむと杏子をゲット。もちろん私は杏子を頂き。

DSC02579.JPG
 第一週目特典の色紙は、まど神。
 相方も一緒でした。二人でダブるとは。。。

 とにかく後一回ぐらいは観に行くかな。フィルムの週に観に行きたいところだけど、フィルムはすぐに行かないとなくなるだろうなぁ。。。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

2013年10月映画鑑賞予定

 2013年9月に観た映画は、『ローン・レンジャー』『マン・オブ・スティール』『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『エリジウム』『凶悪』の5本。
 オススメは、毛色の違うところで『凶悪』かな。最後の台詞にゾクッと来た。

◎観に行く予定の映画
『地獄でなぜ悪い』
 映画の日に鑑賞済み。
 凄く馬鹿馬鹿しくて、いい意味でいい加減。ヤクザの殴り込みの映画を撮るというメタな映画を、オーバーなぐらいスラップスティックで撮っているので、逆に映画撮影の狂喜が伝わってくる。

『そして父になる』
 カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した、是枝裕和監督の最新作。前売り券購入済み。
 病院で取り違えられ、6年間育てた息子と、他人が育てた血の繋がった息子、という事実を突き付けられた夫婦の物語。評判もかなり良いけど、観るのにちょっとした覚悟がいりそう。

『クロニクル』
 2週間首都圏限定にて公開されたのに、大好評につき拡大公開が決定。実際、観た人の評判も良かったので、大阪でも観ることが出来て良かった良かった。
 突然手に入れた特殊な能力を使ってイタズラを重ねる平凡な高校生3人組が、その力に振り回されていく物語。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』
 前売り券購入済み。
 言わずと知れた、魔法少女まどか☆マギカの完全新作。予告編だけでワクワク感が止まらない。おそらく公開初日に観に行くことになるかと。
 ところでどーでもいいんだけど、オフィシャルサイト、いつ行っても重い。。。

◎気になっている映画
『死霊館』
 『ソウ』『インシディアス』のジェームズ・ワン監督の最新作。
 超常現象研究家の夫妻が1971年に体験した衝撃の事件を基に描くオカルトもの。アメリカでの評判も良かったみたいだし、予告編も如何にもな雰囲気が出てるのでちょっと期待。

『トランス』
 『スラムドッグ$ミリオネア』『127時間』のダニー・ボイル監督の最新作。
 名画盗難と催眠療法をキーワードにして、現実や潜在意識が入り乱れる、タイトル通りな映画。予告編は面白そうだったけど、観に行くかどうかは評判次第かな。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

2013年9月映画鑑賞予定

 2013年8月に観た映画は、『SHORT PEACE』『パシフィック・リム』『ワールド・ウォーZ』の3本。
 オススメは、文句なしに『パシフィック・リム』。闘え、ジプシーデンジャー!

◎観に行く予定の映画
『ローン・レンジャー』
 映画の日に鑑賞済み。
中だるみが酷くて、途中はかなり退屈だったけど、クライマックスがそれまでを吹っ飛ばす面白さ。列車での大立ち回りはずっとワクワクしっぱなし。ウィリアムテル序曲の使い方も最高。
 90分ぐらいでまとめれば傑作になったかも。

『マン・オブ・スティール』
 映画の日に鑑賞済み。
 クリストファー・ノーランとザック・スナイダー監督による、スーパーマンのリブートは見事に成功。ドラゴンボールを彷彿とさせる、超絶限界バトルを映像として視せてくれたのには、大いに満足。

『エリジウム』
 『第9地区』のニール・ブロンカンプ監督の最新作。
 スペース・コロニーに築かれた理想郷に暮らす少数の富裕層と、荒廃した地上で虐げられる大多数の貧困層に分断された近未来の地球が舞台というのが、人間とエイリアンという違いはあるものの、まさしく『第9地区』だ。

『そして父になる』
 カンヌ国際映画祭で審査委員賞を受賞した、是枝裕和監督の最新作。
 病院で取り違えられ、6年間育てた息子と、他人が育てた血の繋がった息子、という事実を突き付けられた夫婦の物語。子どもを持つ親ならば、予告編だけでもくるものがある。本編をすごく観たいがすごくキツそうだ。

◎気になっている映画
『許されざる者』
 クリント・イーストウッド監督・主演による傑作西部劇を、明治維新後の北海道を舞台にしてリメイク。
 主演が渡辺謙なので、雰囲気は悪くなさそう。せっかく日本を舞台にしてるので、殺陣がどれだけ見せてくれるか、というのに期待。

『凶悪』
 死刑囚の告発からジャーナリストが闇に埋もれた殺人事件を暴く、ベストセラー・ノンフィクションの映画化。
 雰囲気がかなり暗めで、予告編を観てちょっと惹かれたので、評判次第で観に行く予定。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

2013年8月映画鑑賞予定

 今更ではありますが……
 2013年7月に観た映画は、『嘆きのピエタ』『フッテージ』『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』『100回泣くこと』『風立ちぬ』の5本。
 オススメは、宮崎駿の新作『風立ちぬ』。賛否両論はあると思うけど、それが逆にいい。

◎観に行く予定の映画
『SHORT PEACE』
 映画の日に鑑賞済み。
 4作品によるオムニバス形式で、どれも映像はスゴいと思うが、物語が疎かになってる気がする。特に大友克洋監督の「火要鎮」は片手落ちもいいところ。個人的には駄目だった。

『パシフィック・リム』
 公開初日に鑑賞済み。文句なしの今年の暫定ベスト。
 感じるな、体験するんだ! 上映中、終始ワクワクしっぱなし。冒頭の搭乗シーンから燃えること燃えること。巨大ロボットと怪獣とのガチバトルというシチュエーションをこれ以上はない描写でやってくれる。これが興奮せずにいられるか。
 もう一度観に行くことは決定済み。

『ワールド・ウォーZ』
 原作は有名なゾンビ小説。
 と思っていたら、何故かゾンビ映画であることを隠して、ディザスター映画という名目で宣伝。それは詐称になるのでは? ともあれゾンビ映画としてはスケール感がかなり大きいので、出来自体は期待できるかと。

『マン・オブ・スティール』
 タイトルは日本人には馴染みはないけど、要はスーパーマンのこと。
 クリストファー・ノーラン製作・原案、「300」のザック・スナイダー監督による、スーパーマンのリブート。メンツがメンツなので、内容も映像も大体想像できる(笑)。アメリカではかなりヒットしてるみたいで、続編はvsバットマンとの事。

『ガッチャマン』
 もう地雷臭しかしない、ガッチャマンの実写版。
 『デビルマン』な雰囲気もプンプンしてて、ちょっと愉しみ。まあ『るろ剣』みたいな実写版成功例もあるので、面白かったら面白かったでOKかと。

◎気になっている映画
『ローン・レンジャー』
 予告編を観ても全然面白そうに見えなかったけど、意外に評判が良い感じ。
 149分という長さは勘弁だけど、機会があれば観に行くかも。

『スター・トレック イントゥ・ダークネス』
 J・J・エイブラムス監督による、スタートレックのリブート第二弾。
 こちらも、ガンガンかかっている予告編を観ても、面白そうに感じなかったので、観に行くかはかなり微妙。公開後の評価待ちかなぁ。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

『風立ちぬ』の企画書で観るのを決めた

 ジブリ新作『風立ちぬ』は、当初ジブリアニメにさほど関心がないのであまり観る気はなく、主役の声優が庵野秀明になって、話題作りかなーぐらいな程度だった。
 でも劇場で、4分間予告編を観て、作画の凄さと、ゼロ戦のつくり上げる話と知ったことで、ぐわっと観る気になったのだけど、決定的だったのが、読売新聞に掲載された、この映画の企画書だ。
 この企画書は公式サイトにも掲載されている。
 これを読んだ時、正直に凄いと思った。

 自分の夢に忠実にまっすぐ進んだ人物を描きたいのである。夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。美しすぎるものへの憬れは、人生の罠でもある。美に傾く代償は少くない。二郎はズタズタにひきさかれ、挫折し、設計者人生をたちきられる。それにもかかわらず、二郎は独創性と才能においてもっとも抜きんでていた人間である。それを描こうというのである。


 『夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。』という一節が、素晴らしかった。
 夢に突き進む姿を描く物語や映画は幾らでもあるけど、その夢に付随する狂気と毒について、よくぞここまで明言してくれた!と正直唸った。
 映画の出来は分からないけど、この企画書通りの映画であれば、いいなと思う。

 前売り券は購入した。あとはいつ観に行くかだ。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

2013年7月映画鑑賞予定

 2013年6月に観た映画は、『リアル 完全なる首長竜の日』『オブリビオン』『言の葉の庭』『奇跡のリンゴ』『アフター・アース』の5本。
 オススメは、黒沢清の新作『リアル 完全なる首長竜の日』。今のところ暫定ベスト。

◎観に行く予定の映画
『嘆きのピエタ』
 映画の日に鑑賞済みその1。
 これは強烈な毒を孕んだ映画だ。とにかく重くてキツい。愛では誰も救われない。しかし愛なしでは生きていけない。絡み取られてるような映画で、とにかくキツかった。

『フッテージ』
 映画の日に鑑賞済みその2。
 スナッフビデオものかと思いきや、引越し先に何かがいる系ホラー。出来は悪くないんだけど、主役のイーサン・ホークがビビる過ぎで、ちょっと拍子抜け。
 あれです、自分より怖がってる人がいると、逆に冷静になるってヤツ。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』
 公開2日目に鑑賞済み。
 原作者の空知英秋が描き下ろした、アニメ銀魂の最後を飾る完全新作エピソードという触れ込みは、全くもって正しく、めいいっぱい笑わせてもらった。いやー、愉しかった。ファンなら絶対オススメ。
 見どころは、映画泥棒です。いや、マジでマジで。

『風立ちぬ』
 ジブリ新作で、宮崎駿最新作。
 当初は全然観に行く気はなかったんだけど、予告編が凄かった。加えて読売新聞に掲載された、宮崎駿の企画書を読んで、これは絶対に観に行かねばと思った次第。
 「夢は狂気をはらむ、その毒もかくしてはならない。」という一文が素晴らしい。

◎気になっている映画
『サイレントヒル:リベレーション3D』
 コナミのホラーゲーム「サイレントヒル」の映画化続編。
 前作は結構面白かったので、少し気になってるけど、正直3Dは余計じゃないかな。3D料金でしか観られないならスルー予定。

『飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』
 違う意味で気になってる映画。
 ほんまに真面目にタイトル付けろ、って。わざわざ3Dにする必要があるのか大いに謎。あと製作総指揮が14人も名を連ねていて、一体何がどうなったらこうなるんだろうと思った次第。阿呆ですか。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

2013年6月映画鑑賞予定

 2013年5月に観た映画は、『アイアンマン3』『死霊のはらわた』『2001年宇宙の旅』『イノセント・ガーデン』の4本。
 オススメは、うーん、どれも一長一短。選ぶとしたら、単純に楽しめる『アイアンマン3』かな。ちなみに『2001年宇宙の旅』はすでに映画ファン的には『教養』のような気がする(笑)。

◎観に行く予定の映画
『リアル 完全なる首長竜の日』
 映画の日に鑑賞済み。
 黒沢清の待望の新作は、主演に佐藤健、綾瀬はるかと旬の二人を配しての話題作。
 これぞ、黒沢清!と思わせる、前半の不安定な世界の雰囲気は抜群に良い。この手の、日常と非日常の境目を描かせるとピカ一だ。
 黒沢清ファンの補正がかかってるのは承知のうえで、今のところ今年のベスト候補。

『オブリビオン』
 トム・クルーズ主演で贈るSFアクション。監督が『トロン:レガシー』のジョセフ・コシンスキーな上、何度も劇場で観せられた予告編は、あまりそそられなかったけど、どうも評判は悪くない模様。
 但し、期待値のハードルを低くして、観に行こう。

『言の葉の庭』
 新海誠監督の最新作。梅雨の季節に出会った15歳の少年と27歳の女性とのラブストーリー。
 やはり新海誠の映像は惚れ惚れする。評判も悪くないし、上映時間が短くて、値段も安いから、いつでも観に行ける着やすさが有難い。
 どうも舞台挨拶が関西にも来るみたいなので、それに合わせて観に行こうかと思案中。

◎気になっている映画
『グランド・マスター』
 美しい映像で有名なウォン・カーウァイ監督の最新作は、ブルース・リーの師匠としても知られる伝説の武術家・葉問(イップ・マン)の物語。
 歴史カンフー・アクションとの触れ込みだけど、役者の殺陣を期待すると駄目な模様。あくまで映像として愉しみにすべきなんだろうな。

『アフター・アース』
 『オブリビオン』と同様、劇場に行くと何度も予告編を見せられるのだけど、ウィル・スミスとジェイデン・スミスの親子共演を全面に推した内容。
 実は、監督はあのM・ナイト・シャマラン。つまりシャマラン映画! ここまで隠蔽するって、逆にワクワクしてきたぞ。

『G.I.ジョー バック2リベンジ』
 2とあるけど、前作は未見。でもそんなこと関係ないとばかりに、最強の助っ人、ブルース・ウィリスの存在感バリバリで、何このダイ・ハードと思ってしまう今日このごろ。
 ブルース・ウィリス無双を体験しに、ついつい観たくなってる。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

2013年5月映画鑑賞予定

 2013年4月に観た映画は、『シュガー・ラッシュ』『大脱走』『リンカーン』『藁の楯』『劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』の5本。
 オススメは、うーん、どれも一長一短。そもそもハードルの高い『リンカーン』、観終えた後の雰囲気がツラい『藁の楯』、TV版視聴前提の『劇場版STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』。そういう意味では、アニメでもディズニーなので敷居が低い『シュガー・ラッシュ』かな。
 もちろん『大脱走』が鉄板という意見もありますが(笑)。

◎観に行く予定の映画
『アイアンマン3』
 映画の日に鑑賞済み。
 社長とそのギミックはカッコイイんだけど、正直ご都合主義過ぎた気がして、個人的には微妙だった。
 そういえば、日本人も教育されたのか、スタッフロール中に席を立つ客はほとんどいなかった(笑)。

『イノセント・ガーデン』
 『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督のハリウッド初進出作。
 雰囲気はあるんだけど、パク・チャヌク作品を白人が演じてるのが違和感ありあり。一応、観に行く予定だけど、評価次第かも。ところで予告編の、眼と耳がいいというのがネタバレ気味な気がするのは気のせいだろうか?

『言の葉の庭』
 新海誠監督の最新作。梅雨の季節に出会った15歳の少年と27歳の女性とのラブストーリー。
 予告編だけを見ても、相変わらず背景は凄い。映像の美しさはやっぱりピカ一。問題は物語がどうかなんだけど、今回のラブストーリーは鬱でなければいいな。。。

◎気になっている映画
『死霊のはらわた』
 サム・ライミ監督のデビュー作であり、スプラッタームービーの元祖を、本人製作にてリメイク。
 予告編を見る限り、かなり怖そうで、雰囲気はたっぷり。ただオリジナルとは別物らしく、評価はそこそこかな。うーん、怖いのは苦手なのでパスするかも(笑)。

『オブリビオン』
 TOHOに行くと散々予告編を見せられて、すでに見飽きた感のある、トム・クルーズ主演のSFアクション映画。
 予告編だけだと、あまり面白そうにみえないんだけど、どうなんだろうか。『トロン:レガシー』の監督だし、あまり期待できないような。。。

『L.A. ギャング ストーリー』
 敵はミッキー・コーエンと、エルロイ脳にはたまらない感じの、ノワール映画。
 と思いきや、町山さんと深町さんによる『L.A. ギャングストーリー』補足説明を読む限り、どうにも軽そうな雰囲気。うーん、一応候補には入れておくけど、おそらくスルーかな。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

2013年4月映画鑑賞予定

 ちょいと遅くなりましたが。。。

 2013年3月に観た映画は、『世界にひとつのプレイブック』『機動戦士ガンダムUC episode6』『キャビン』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ザ・マスター』の5本。
 オススメは、文句なしに『キャビン』。ホラー映画の常識を覆す、東映まんがまつりっぷりがステキ!

◎観に行く予定の映画
『シュガー・ラッシュ』
 会社帰りにすでに鑑賞済み。
 前半の、ゲーム世界の悪役達のセラピーでのやりとりや、FPS世界でのドタバタなど最高。その分、後半のディズニーな展開はちょっと残念。ただ8Bitの動きを再現したりと、レトロゲーマーなら愉しくて仕方がない。

『劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』
 前売り券購入済み。
 TVシリーズのスタッフが再結集し、TV版のその後の物語を完全オリジナル・ストーリーという時点で期待大。その上、予告編を見ただけで泣けそうな展開。これは観に行くしかない。
 問題は、相方と観に行く予定なので、いつ観に行けるかだなぁ。

『リンカーン』
 スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンを描いた伝記ドラマ。
 アカデミー主演男優賞を取った、ダニエル・デイ=ルイスの演技は是非観ないと。

『アイアンマン3』
 トニー・スターク=アイアンマンの“最後の戦い”を描くシリーズ第3作。
 とか言ってるけど、アベンジャーズの続編は決定しているので、最後の戦いではないはず。と言いたいけど、アメコミはあっさり主役を殺して、二代目にしたりするから油断ならねぇ(笑)。

◎気になっている映画
『AURA~魔竜院光牙最後の闘い~』
 田中ロミオ原作の、中二病をネタにしたラノベの映画化。原作未読。
 中二病を卒業した主人公が、中二病全開の妄想少女に振り回される学園ラブコメ、というどこの京アニ?という感じだけど、元々こちらが元祖。監督が原作を上手く料理する岸誠二なので、その点は期待。
 しかしテアトル梅田でしか上映してないのか。。。

『HK/変態仮面』
 ジャンプで連載していた、あの「変態仮面」が何故か実写化。
 「俺は正義の味方だがどうやら正義は俺の味方ではないらしい」というキャッチコピーが素晴らしい。
 ただブルク7でしか上映してないので、観に行くのはさすがに無理か。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

2013年3月映画鑑賞予定

 ちょいと遅くなりましたが。。。

 2013年2月に観た映画は、『ダイ・ハード ラスト・デイ』『ゼロ・ダーク・サーティ』『スタードライバー THE MOVIE』の3本。
 オススメは、うーん、微妙かな。『ゼロ・ダーク・サーティ』は悪くはなかったけど、オススメというほどではなし。あと逆に絶対オススメしないのは『ダイ・ハード5』。時間の無駄レベル。

◎観に行く予定の映画
『機動戦士ガンダムUC episode6』
 会社帰りにすでに鑑賞済み。というか今日でイベント上映終わりか(苦笑)。
 ドラマばっかりで戦闘が少ないのがちょっと物足りないですが、それを補って余り重厚さ。ジンネマン艦長の下りは涙なしには観れないかと。
 にしても続きは一年後とは長いなぁ。もちろん愉しみに待ってます。

『キャビン』
 先週末、悪友と鑑賞済み。
 何を言ってもネタバレになるので、何も言えない。でも面白かった! テキーラー!
 一言言うなら、アベンジャーズよりも東映まんがまつり! 以上!

『ジャンゴ 繋がれざる者』
 クエンティン・タランティーノ監督の最新作。タイトルからして、マカロニウエスタンへのオマージュたっぷりなのが分かるだけに、観に行く気満々。
 アカデミー助演男優賞のクリストフ・ヴァルツも気になるところ。にしても悪役のレオナルド・ディカプリオが似合ってない気が。。。

『ザ・マスター』
 ポール・トーマス・アンダーソン監督の、新興宗教を題材にした最新作。
 監督は『ブギーナイツ』から追いかけてるだけあって、それだけに観に行く気満々。フィリップ・シーモア・ホフマンの安定っぷりも愉しみ。
 ただ今月観に行くヒマはないので、来月回しかな。

◎気になっている映画
『フライト』
 ロバート・ゼメキス監督、デンゼル・ワシントン主演の、航空サスペンスもの?
 奇跡的な緊急着陸を成功させて多くの人命を救い一躍国民のヒーローとなったパイロットが、一転してアルコール中毒の疑惑で全てを失う危機に直面する、というのはCMから見て取れるけど、実際にはもっと雰囲気の違う映画で、評判もかなり良い感じ。
 気になってはいるので、出来ればレイトショーで観に行きたいところ。

『クラウド アトラス』
 「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟の最新作。ええ、兄弟ではなく、姉妹です(ここ重要)。
 輪廻転生を描いた群像劇なので、それが上手くハマっていれば面白いのだけど、さてどうだろうか。評判が良ければ、観に行くかも。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

黒沢清の新作『リアル~完全なる首長竜の日~』

佐藤健&綾瀬はるか、黒沢清監督の異次元ラブストーリーで映画初共演
 去年はWOWOWドラマ『贖罪』だけで、映画の新作はなかった黒沢清だけど(もっとも『贖罪』は個人的2012年ベスト)、今年はあるのか!
 『リアル~完全なる首長竜の日~』は、このミス大賞の「完全なる首長竜の日」が原作で、黒沢清の監督脚本との事。全然知らないけど、タイトルが謎だな。あらすじを読んでもさっぱり繋がらないし。
 主演の佐藤健と綾瀬はるかはさておき、中谷美紀、オダギリジョー、松重豊、小泉今日子は、黒沢清とは馴染み深いし、しっかり脇を固めてくれそう。
 ともあれ、6月公開が大いに愉しみだ。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

「2012年 この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」結果発表

▼だれ映2012 ベストテン
 「この映画はいったい誰が観に行くんだ!?大賞」、通称だれ映もすでに5年続けてるわけで、破壊屋さんはすごいなーと思う次第。
 2012年のだれ映も、タイトルを観ると何となく分かってしまうのが素晴らしい。
 でも興行収入はある映画も多かったりするわけで(特に3位の『踊るFinal』は約60億円!)、何だかんだで観に行ってるんだなぁと思います。いや、1位の『新しい靴を買わなくちゃ』は、タイトル見ただけで、観に行く気をなくすと思うんですけどね。
 コメントがやっぱり読んでいて面白い。うんうん、納得と思わせるだけのことあります。もちろん一部はただ単に嫌いなだけでは?と思うコメントもありますが。
 でも『踊るFinal』に私も「誰に聞いても、3よりマシ、という感想しか返ってこない。それしか褒めるところがないのが、よく分かる。」とコメントしましたが、他の人のコメントもほとんど同じだったのは、笑えるなぁ。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

2013年2月映画鑑賞予定

 2013年1月に観た映画は、『映画 鈴木先生』『テッド』『LOOPER/ルーパー』の3本。
 オススメは、個人的には3本とも。下品さに耐性があるなら『テッド』なんだけど、圧倒的に面白かったのは『LOOPER/ルーパー』。いや、かなり人を選ぶし、一人で観るのはオススメしないんですけどね。

◎観に行く予定の映画
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』
 思えば遠くへ来たもんだと言いたくなる、ダイ・ハード最新作。
 傑作だった1作目の面影は影も形もないけれど、4はアクション映画として破天荒で面白かったので、今作も期待。今度は息子とタッグがウリだけど、親子ともども迷惑だなー。

『ゼロ・ダーク・サーティ』
 「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督の最新作は、オサマ・ビンラディン暗殺の舞台裏と、アメリカ映画らしい題材。
 ただアカデミー作品賞は取ったけど『ハート・ロッカー』はそこまでの作品じゃなかっただけに、今回もどうかなぁと。

◎気になっている映画
『さよならドビュッシー』
 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作&主演が橋本愛、というだけで気になった映画。
 案の定、評判はあんまり良くないけど、気が向けば観に行く予定。

『スタードライバー THE MOVIE』
 銀河美少年な破天荒なアニメ「STAR DRIVER スタードライバー 輝きのタクト」の劇場版。
 TV放映は毎週愉しく観てたので、完全新作による彼らのその後の活躍が描かれるというのは、やっぱり興味あるかな。劇場版なだけにクオリティも高いだろうし。
 綺羅星!
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

2012年公開映画の星取表

 2012年のベストムービーを選ぶcoco賞に投票するために、とりあえず棚卸とばかりに、去年観た映画の星取表をまとめた次第。
 もっとも、この星取表がそのままベスト10になるわけじゃないんだよなぁ。星取表は観た時の素直な感想だけど、時間が経てば評価も多少変化するので。

★★★★1/2 アベンジャーズ
★★★★1/2 海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバンTHE MOVIE
★★★★ 宇宙人ポール
★★★★ トロール・ハンター
★★★★ バトルシップ
★★★★ 裏切りのサーカス
★★★★ 機動戦士ガンダムUC episode5「黒いユニコーン」
★★★★ ファミリー・ツリー
★★★★ おおかみこどもの雨と雪
★★★★ ダークナイトライジング
★★★★ るろうに剣心
★★★★ 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
★★★★ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語
★★★★ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語
★★★★ エクスペンダブルズ2
★★★★ アルゴ
★★★★ ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
★★★★ ホビット 思いがけない冒険
★★★1/2 ドラゴン・タトゥーの女
★★★1/2 崖っぷちの男
★★★1/2 のぼうの城
★★★1/2 ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット
★★★ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
★★★ ヒューゴの不思議な発明
★★★ スーパー・チューズデー ~正義を売った日~
★★★ アーティスト
★★★ ももへの手紙
★★★ 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-
★★★ ダーケストアワー 消滅
★★1/2 J・エドガー
★★1/2 アナザー
★★1/2 プロメテウス
★★ 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望
★★ 天地明察
★1/2 ハンガー・ゲーム
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする