2008年11月05日

みんな大好きミスター・ブシドー

 いつの間にか、ネットでミスター・ブシドーが流行ってます。
 いや、マジでマジで。
 知らない人に説明すると……って、説明するのも面倒だな(笑)。
 ガンダム00の最新話で言うところの「ワンマンアーミーだ」「たった一人の軍隊だ」「興が乗らん!」な人です。
 各地でミスター・ブシドーの正体について推測が飛び交ってますが、未だ謎に包まれています。ミスター・ブシドーとは一体誰なのでしょうか。。。
 ステキすぎ。

ミスター・ブシドーとは(ニコニコ大百科)
 まずこれを読んでミスター・ブシドーについて理解しましょう。
 ニコニコ動画でミスター・ブシドーで検索すれば、より一層理解が深まるものと思われます。

【ワンマンアーミー】ミスターブシドー【仮面の免許持ち】
 ブログのエントリをミスター・ブシドーにすれば、アクセス数が上がるのではないかと思ったのは、抜群に秘密です(笑)。

最近のミスター・ブシドー系。
 これほどまでミスター・ブシドーの記事があるとは、なんという僥倖!!

ミスター・ブシドーについて真面目に考えてみるよ
 あのガンダム00の世界観からすると、ミスター・ブシドーは明らかに異質な存在です。考察すると色々愉しいですが……でも、傍目から見ても愉しすぎるよなぁ。

今日、食堂でミスター・ブシドーの正体の話題で盛り上がった。
 下手に正体の話題をすると危険です。ぶるぶる。

ミスター・ブシドーの正体の派閥系統樹
 ところでグラハムって誰ですか?
posted by ミハイル暁 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

「安楽椅子探偵と忘却の岬」解決編

 今朝、録画していた「安楽椅子探偵と忘却の岬」の解決編を見ました。
 三連休は旅行に行ってくるので、さらっとだけ。

 相変わらず、ぶっちゃけ過ぎな解決編だなぁと(笑)。
 2007年である反証がステキすぎ。地震とかはさておき、冷蔵庫の中身はどーよどーよ。
 携帯の着信音と電源OFF状態については完璧に見逃してたので、全然です。確かに電源OFFしていた事は気にすべきだったなぁ。
 ともあれ愉しかったです。

 相方も興味を持ったので、今度DVDで過去作品も見てみたいけど、レンタルってされるのかしらん。。。
posted by ミハイル暁 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

「安楽椅子探偵と忘却の岬」推理その3

 「安楽椅子探偵と忘却の岬」の解決編も今晩ですね。
 その前に思いついたことをテケトーに書いてみました。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

「安楽椅子探偵と忘却の岬」解答応募〆切

 「安楽椅子探偵と忘却の岬」解答応募〆切が過ぎましたね。
 午前3時〆切っていうのは、まあ無難なのかも。
 もちろん、応募してませんよ?
 犯人がやっぱり全然分かりませんでした。ネタは幾つもあるものの、それらを組み合わせてもしっくりこないというか、もちろん、その中にひっかけがあるからなんでしょうが、結局上手くいかず。
 もう少し気になることをつらつら書いていく予定ですが、〆切を過ぎた事もあって、応募した人達が、推理を披露していくことでしょうねぇ。

 ともあれ、私は解決編を愉しみにしておきます。
 ういうい。
posted by ミハイル暁 at 07:53| Comment(0) | TrackBack(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

「安楽椅子探偵と忘却の岬」推理中その2

 「安楽椅子探偵と忘却の岬」、もう一度見直しました。
 といっても推理にほとんど進展なし。

 確認したのは以下の事項。
▼新聞に載っていた、前日の震度4の地震がなかったので2007年でないのは確実。
▼最後の指名手配に、「時効目前」の文字。
▼トンネルは、やはり2008年。すでに開通済み?
▼外出用の車椅子は、誰でも使えそう。

 ぐらいでしょうか。
 ううむ、まだ考えがまとまらないなぁ。
posted by ミハイル暁 at 07:47| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

「安楽椅子探偵と忘却の岬」推理中その1

 「安楽椅子探偵と忘却の岬」、相方と一緒にようやく見終えました。
 難しいかどうかはさておき、面白かったです。
 そんなわけで。
 推理を送るつもりはさらさらないですが、だらだらと推理してます。
 何だかんだ言っても、テケトーに考えるのは好きな性分なので(苦笑)。

 犯人ですが……「さっぱり分からない(byガリレオ)」です。
 いや、マジでマジで。

 根本にあるトリックは、年月のごまかしであるのはほぼ間違いないと思ってます。
 途中で主人公に渡された新聞は、2007年のものなので、途中までは2007年だと思ってましたが、最後に聞こえたテレビの放送で、この番組内時間は2008年であることは明白。相方が途中で「この爽健美茶のペットボトル、この時期にはないよね?」と番組のミスだと思って呟きましたが、そう考えると意図的なのでしょう。
 あと、番組内で度々出てきたカップラーメンもあの時期にはない入れ物かもしれないし(そこまで調べてないけど)、冷蔵庫の中身を見せたがらなかったのは、中身を見られると賞味期限で本当の時期がばれるからではないかと。
 何故そんなことをしてるのかの理由は……これから考えます(笑)。
 とはいえ、この年月のトリックを番組側が利用しているだけで、これは犯人のトリックではないはず。
 とすると、年月をずらすことによって、視聴者を騙している事がある。
 それはおそらく、高速道路じゃないかなぁと。これはまだ見直してないので、違うかも知れませんが、高速道路はすでに開通していて、あの村は陸の孤島になっていないのではないかなと。
 そこで意味が出てくるのが、被害者がケータイで110をしている件。
 殺される直前に、110がかけられる圏内の場所、つまり村の外に出た可能性があることを示唆していると。そうなると、そもそも忘却の岬で殺されたという前提、つまりほとんどの人のアリバイが意味をなさなくなってきますからね。
 あとは、あの体勢の死後硬直になった理由をでっち上げるだけです(笑)。

 てな感じですかね。全然形になってないけど、テケトーにだらだら考えてるだけなので、真剣に受け取って貰うと困りますが。
 あとメモ代わりに、気になる点をいくつか。
・ソファは何故あんなに重かった?
・前田愛の帰宅は何故遅かったのか?
・カルテが車の中にあった意味は?
・被害者のカメラはどこにいった?
・陶芸娘の本当の彼氏は社長の息子?

 相方も気に入ったみたいなので、もう一回ぐらい見ようかなぁ。
 どうせ犯人分からないだろうけどな!
posted by ミハイル暁 at 07:48| Comment(7) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

安楽椅子探偵、再び

 久しぶりに「安楽椅子探偵」が放送されますなぁ。
 って関西ローカルっぽいので知らない人にwikiからの抜粋すると「視聴者参加型の推理ドラマであり、劇中の殺人犯人およびそのトリックを当てる公式懸賞企画が催される。」という代物。
 綾辻行人と有栖川有栖の共同執筆による書き下ろし、というのが目玉かな。
 2週連続のドラマで、1週目に出題編を、2週目に解決編を放送するという仕組み。

 これも早いモノで、今回で第七回目。
 と言っても毎回観てるわけじゃないし、真剣に推理したのは一度か二度ぐらいかな。
 トリックはかなり難しいし、叙述トリックもあったし、なかなかインチキくさい回もあったので、正直どーかと思わないでもないですが、だらだら見て、テケトーに推理する分には、なかなか面白いかと。
 てなわけで久しぶりに録画して、見てみようかしらん。
 「最もエレガントな解答」には賞金50万円だけど……まあ無理です(苦笑)。
posted by ミハイル暁 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

コードギアスR2&マクロスFの最終回

 「コードギアスR2」と「マクロスF」が無事最終回を迎えました。
 どちらもこの半年間、大いに楽しませてくれたなぁ。

 一応、以下ネタバレ。




続きを読む
posted by ミハイル暁 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

前回のコードギアス

 対抗馬ナナリー爆誕!

 ……ラスト数分で話ひっくり返すの好きだな、スタッフ。
 面白さ最優先の行き当たりばったりに見えなくもないなぁ。言うなれば、ドラえもんのオシシ仮面のエピソードみたいな感じ(笑)。

 それにしても、こないだの感想が、まったく意味がなくて笑った笑った。
 扇ジャパンは何事もなく存続してるし、オレンジさんは普通に忠誠誓ってるし、忠犬カレンはお別れ宣言(スザクと組むまでもなく、ラウンズはスザク一人で瞬殺って……)、神楽耶様はルル山に泣かされてるし(その毅然とした態度でまた株は上がりましたが。あと泣き顔に萌える人多数)、C.Cさんは何もなかったように側にいるし。
 前回との間に一話挟んでるのか、というぐらいのスルーっぷりがステキ。

 次回、ルル山さんはどーなってしまう事やら。
 死んだと思っていた妹が生きていて、その上絶縁状を叩き付けられるって、どこまで不幸なんですか。
 にしても公式サイトでの死亡判定が覆されるってどーよどーよ。いや、絶対スタッフが面白がって騙したに決まってるんですが……まあ面白いからいいんですけどね(笑)。
posted by ミハイル暁 at 07:45| Comment(3) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

前回のコードギアス

 皇帝ルルーシュ爆誕!

 いや、相方と一緒に見て、驚かされたというか、あまりの超展開に吹きそうになったというか(笑)。相変わらず、予想の斜め上を行くのが好きなアニメだなぁ。
 正直、今回は解説回で、実はお父ちゃんと結託していたお母ちゃんの存在を知り、葛藤しつつも何とか答えをルルーシュが見つけ出すのに2話ぐらいかかるかなと予想してただけに、こうもあっさりと両親を消し去るとは、さすがルル山さん。

「世の中には自分一人では出来ない事もあるって知っていたんだ。ナナリーは、ナナリーの笑顔は、せめてもの感謝の気持ちなんだ!」
 でも、この辺のルルーシュの主張は熱かったなぁ。

未来私考
 最近知ったコードギアスの考察がかなり深くて、読み応えたっぷりなサイト。
 「ルルーシュの終着点。」とか読んでいて、愉しいです。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 11:08| Comment(3) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

裏ドルではなくZAP?

『ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜』最終回サブタイトルがネタバレだった件について楽画喜堂より]
 どうもインターネット番組表では最終回サブタイトルがあがっていて、それは「YOU ZAPPED TO…」との事。
 あー、なるほどね。
 確かに「ドルアーガの塔」はZAPされるBAD ENDがあったなぁ。
 でも律儀にそれをアニメでも再現しなくても(苦笑)。
posted by ミハイル暁 at 14:50| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

裏ドルかよ!

 『ドルアーガの塔 〜the Aegis of URUK〜』の最終回のお話。
 今までテケトーに見てて、最終回一回前でえらく謎残してるなぁと思ってたわけですよ。
 でもって最終回、風呂入りながら見てたら。
「裏ドルかよ!」
 って叫んでしまいました。

 まさかブルークリスタルロッドが偽物で、「ここは折り返し地点だ」と言われるとは。
 そりゃあ、ドルアーガの塔は裏ドルアーガに入ってからがスタートだけどさ(笑)。
 続編前提で作ってりゃ、そりゃ謎残すわけだわ。
 いやぁ、ひどいオチだった。
posted by ミハイル暁 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』TURN 4『逆襲 の 処刑台』

 17時前に相方が買い物に出かけるというので、「あれ、コードギアスの放送17時からだよ」と言ったら、買い物取り止めました。
 気付いてなかったのか(笑)。

 てなわけで『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の四話目を相方と一緒に鑑賞。
 いやぁ、愉しすぎ。
 何ですか、このルルーシュの八面六臂の活躍は。
 予想の斜め上を行く展開といい、いいところで引きを入れる構成(ラストカットでついにヤツが……)といい、いい意味で突っ走りまくりです。

 でもまあ今日の話は、これにつきるでしょう。
「散々使い倒してボロぞうきんのように捨ててやる!」
 言える事は、一つ。
 ……あんた、いつか後ろから刺されるよ(笑)。
posted by ミハイル暁 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

トップにオリジナルなし!な「トップをねらえ!」

 こないだ、BSアニメ夜話「トップをねらえ!」の回を見ました。
 いやぁ、面白かった。
 参加者のオススメシーンを見ると、今でも燃えますなぁ。もうそろそろ20年落ちなのに。
 おかげで番組後に続けて放映された「トップをねらえ!劇場版」も見てしまいました。
 放映終了が深夜2時半だったけどな!

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

『仮面ライダーキバ』第2話「組曲・親子のバイオリン」

『仮面ライダーキバ』第2話「組曲・親子のバイオリン」
 ようやく見ましたが、こりゃヒドイ。
 1話よりもさらに分かりづらくなってる上に、これって誰視点で見ればいいのという気分になる。主人公にまったく感情移入出来ないし。
 バトルシーンはなかなか面白いけど、それだけ。

 やっぱり井上敏樹の脚本は駄目駄目だなぁ。
 これからは録画とかせずに、気が向いた時眺める感じで。
 ……見てる人は面白くなったら教えて下さい。ネタ的な面白さでも可。
posted by ミハイル暁 at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

『仮面ライダーキバ』第1話「運命・ウェイクアップ」

 というわけで、『仮面ライダーキバ』を見ました。
 電王は途中で見るの止めたけど、今回はどうかしらん。でも脚本はとっしーだから、途中でぐだぐだになるのは目に見えてるけど……

 主人公に全然好感もてないのはどーよどーよ(笑)。
 変なキャラ過ぎて、逆にインパクトありすぎたカブトの天道と違って、インパクトという意味ではほとんどなし。主人公の良い面が見えないなぁ。
 ところで、お風呂シーンは腐女子サービスでせうか?

 話には聞いてましたが、物語は2008年と1986年が同時並行って、どんだけ子供に優しくない構成なんだか。キバの説明とか一話だからないのは別にいいけど、話そのものが分かりづらいのは頂けないなぁ。クリエイターの自己満足になってるような気が。
 親子の物語として分かるのは、第二話でしょうけど。

 戦闘シーンはまずまず。
 キバットのガブットに、キバっていこうってセンスはステキ。玩具も噛んでくれるし(笑)。
 必殺技は……何て固有結界ワザですか、あれは? 月を召喚してスゲーと思ってたら、変な城まで召喚して、吹いた。でかすぎ。
 あー、でもガリアンソードには燃えた。あのおもちゃはちょっと欲しいかも(笑)。

 まあ、ぼちぼち見ますよ、ええ。
posted by ミハイル暁 at 09:34| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

今年の明石家サンタ

 クリスマスケーキ食べた後、相方は寝ましたが、私は一人でげらげら笑いながら、明石家サンタ見てました。
 やっぱり面白いなぁ、明石家サンタ。
 以前は、クリスマスに相方と会う事もなかったので、毎年クリスマスの夜は一人でだらだら明石家サンタと相場が決まってたものですよ。
 いいクリスマスだ(笑)。
 人の不幸は蜜の味というのは真理だと思うのですが、やはりトーク番組でのさんまの面白さは際立ってるなぁ。

 今年も愉しかったけど、何だか芸能人の告白時間が増えすぎて、番組の趣旨がちょっと違ってきてる気がしますな。面白いからいいけど。
 まずはいきなり小島よしおが「来年消えそうでで絶対不幸」と。だったら来年かけてこいと一蹴されて不合格。いや、まったく。
 たむらけんじは、陣内・藤原の結婚式で引きずり下ろされた話で合格。でもさんまが語った館ひろしがスピーチ滑ったのを気にしまくってた話の方が面白かった。
 あと出ましたよ、東国原県知事。
 番組の景品で宮崎県の商品があったので、そのお礼の電話をしようとするも、どこにかければいいか分からず仕方なく芸人専用番号に電話。でも受付に30〜40分かかった上に、オペレーターに「東国原県知事です」と名乗ったところ、「県知事であることを証明出来ますか?」と聞かれ、一般会計予算を言って合格。これはありなのか(笑)。
 他には元奥さんとヨリを戻したがってる話とか、さんまに昔のノリでおたまで殴られた話とか、裏話ばっかりで面白かった。
 他にも、タカトシのタカの破局話とか。
タカトシ・タカ、生番組で8年間交際していた彼女との破局を告白
 ヤフーで記事になってました(苦笑)。
 タカを慰める為、さんまが自分の失恋談を面白可笑しく語って、タカを喰ってたような気が。さすがさんまだ。

 今年もたのしゅうございました。
 終わったのは深夜3時で、さすがに眠かったです。。。
posted by ミハイル暁 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

医龍2とガリレオ

 今期は、久しぶりにドラマ見てます。
 私も相方もほとんどドラマは見ない方なんですけどね。

 『医龍2』は、前作をずっと愉しく見ていたので、当然視聴。
 第一話SPは派手というか、何でもありというか、一難去ってまた一難というか、ステキな展開すぎて、大いに笑えました。
 何このマンガみたいな展開。いや、原作はマンガですが(笑)。
 難問を一つ解決したと思ったら、また新たな難問が突発して、「それでもやるしかない」だけで何とかしちゃうのは何だかなぁと思いましたが、まあ、きちんと努力してる描写もあったのでよしとしましょう。
 でも前作のライバルであった北村一輝演じる霧島軍司が、颯爽と現れるシーンはかっちょよかった。
 キャストみた時点で予想出来た展開だったし、何よりもすごいベタなんだけど、昔、敵対していた相手が主人公の危機に駆けつけるというシチュエーションは、やはり燃えますな。
 オチも上手く落ちてたので、これからの展開が愉しみ。
 ……でも内田有紀は、病院の前でひき逃げされて、主人公の朝田龍太郎にオペしてもらうって、どんな巡り合わせですか。
 っつうか、朝田がオペに間に合わなかったら、そこで今回の物語は完でした(笑)。
 ステキ。

 『ガリレオ』も見ました。
 いやぁ、月9見るなんて何年ぶり、いや十何年ぶりかしらん。
 福山雅治が准教授ってキャスティングを思いついた人の勝ちです、これ。
 しかも容姿端麗、頭脳明晰、スポーツ万能らしいですよ。
 何このマンガみたいな設定。いや、原作は小説ですが(笑)。
 とはいえ、イロモノというわけではなく、話も突飛ながらも面白かった。オチに至る流れもキャラを活かしたもので上手かったし。
 原作が東野圭吾だけあって、内容はしっかりしてそうな雰囲気だし、毎週視聴していく予定。
posted by ミハイル暁 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

今期のアニメ

 『天元突破グレンラガン』が終わったので、日曜が手持ちぶたさんな今日この頃。
 本当に毎週愉しかったからなぁ。

『機動戦士ガンダム00』
 何というか悪くないけど、テンション低くて地味だねぇ。
 2話でちょっとマシになったかな?
 戦闘シーンは良い出来だった。それにしても、やられメカがバトルテックみたいで笑った(笑)。
 まあ黒田脚本だし、「武力を持って戦争を無くす」にはちょい期待。 種と違って、登場人物から「存在が矛盾してる」ってツッコミ入れてるぐらいだから、色々と考えてそう……だといいなぁ。。。

『クラナド』
 未視聴。
 ゲームはやってないけど、京アニのKey作品のアニメ化は定評があるので、視聴予定。

『カイジ』&『ネウロ』
 未視聴。っつうか、関西ではまだ始まってません。
 やれやれ。

『電脳コイル』
 今期じゃねぇ(笑)。でも面白いから仕方がないんだよなぁ。
 夏の高校野球による休止から復活して以来、飛ばしまくりでテンション上がる上がる。ホラー気味だったけど、話はどんどん深くなってきて、愉しいこと愉しいこと。
 味方になったサッチーは頼もしいなぁ。違法改造でキューちゃんの収納数増加と物理結界を付けた強化型ってありか。そんなサッチーとファンネルバトルする、ラミエル(笑)こと2.0はすげぇ。
 全26話だから、あと6話。さてどんなオチになるのか。
posted by ミハイル暁 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

『天元突破グレンラガン』第27話「天の光はすべて星」

『天元突破グレンラガン』第27話「天の光はすべて星」
「楽しかったわよ、シモン」
 この台詞以外の感想はないですね。半月たっぷりと愉しませてもらいました。
 燃えるアニメはやはり良いですなぁ。
 細かい点で気になるところはあるものの、これだけ毎週愉しませてくれたのだから、問題なしです。

 最終回についても、私はあれはあれで良かったと思っています。
 シモンとニアと生き残った大グレン団のみんなが幸せに暮らすハッピーエンドも見たかったのは山々ですが、しんみりと終わるのも祭りに相応しいかと。
 一番危惧していた、死者の復活もなかったのにも少し安堵。
 人はいつか死ぬからこそ、生が尊いのですよ、ええ。

 グレンラガンは良きアニメでした。
 そんなアニメをリアルタイムに見られて、本当に幸せでした。
 ……再放送が始まったので、つい見直してますが(笑)。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 23:36| Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする