2009年09月03日

【2009年夏帰省】三日目その1 ガンダム大地に立つ!

 すでに半月前の話になっちゃってるけど、まあ、帰省記の続きを。

 この日は、この帰省のメイン、お台場ガンダムを観に行く事に。

 午前中に相方の実家を出て、ゆりかもめに揺られて、お台場に。
 久しぶりにゆりかもめに乗りましたが、乗り込むまでが大変でした。お台場ガンダムの影響で、そりゃもう、えらい人だかり、改札に辿り着くまで一苦労。その上、関西のJRで使えるICOCAはゆりかもめでは使えないというのが、改札時点でようやく判明し、切符を買う為に並び直す羽目に。関東のJRではSuicaの代わりにICOCAが普通に使えるので、Suicaが使えるゆりかもめでも使えるかと思ったわけですが、そんなに甘くなかった次第。
 とほほのほ。
 それにしても、ゆりかもめの駅、ホーム、車内、至るところにお台場ガンダム、お台場ガンダム、お台場ガンダムと、ポスターなどがぺたぺた張られてます。グッズなども販売してる模様で、えらい気合の入れようです。7月だけでガンダム見物に125万人来てるので、さもありなんという気もしますが。そりゃ、お台場限定のプラモも発売するわ(笑)。
 ゆりかもめに揺られて、台場駅に到着。
 夏恒例のフジテレビのお台場イベントもやってましたが、ほとんどの客のお目当てはお台場ガンダムとばかりに、大勢の人がガンダムが立っている、潮風公園へと向かいます。
 私と相方もその波に従って、てくてく移動。
 公園に入ると、見えてきた、見えてきた。
DSC00311.JPG
 ででーん。
DSC00312.JPG
DSC00313.JPG
 後姿がでけぇ!

DSC00314.JPG
DSC00315.JPG
DSC00319.JPG
 回り込むように。

 会場は結構広くて、広場に人は大勢いるものの、全然余裕で動き回れます。
 撮影出来る空き場所を探し回る羽目になると思ってただけに、ちと意外。おかげで、周囲を好きなようにぐるぐる回って、撮りまくりですよ。
DSC00317.JPG
DSC00320.JPG
 でもってアップも。

DSC00328.JPG
DSC00331.JPG
 正面からもパシャリ。

 少し並びますが、足元もくぐり抜ける事が出来ます。立ち止まれないですが、素早くパシャリ。
DSC00324.JPG
DSC00325.JPG
36436491_3189059089.jpg

36436491_694976201.jpg
 相方が、下からパシャリ。

DSC00332.JPG
 短い時間でしたが、すっかり堪能。
 夜、ライトアップされるガンダムを見れなかった事は残念ですが、それは仕方なし。
 すでにガンダムの解体が始まってるらしいですが、来年は是非ともザク共々、大地に立たせて欲しいものでありますよ。
 ういうい。
posted by ミハイル暁 at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

【2009年夏帰省】二日目 ドライブとバーベキュー

 二日目は、特に予定もなく、実家でだらだらと。
 どこも行かないのも何なので、ドライブすることになりました。
 ただ、多少疲れがあって風邪気味だった為、風邪薬を飲んでおいた結果、ドライブ中はほぼぐーぐーと寝てた始末。
 なおドライブの目的地はアクアラインの海ほたるだったのですが、海ほたるの駐車場が空いてなかった為、スルーする羽目に。やっぱりETC割引のおかげで、海ほたるも盛況の様子。ETC割引はエコの時代にモロ逆行するものの、経済効果も色々出てますなぁ。渋滞による経済損失や、フェリーなどの競合業種の影響は大きいですけどね。
 民主党が政権取って、高速が無料化になったら、どーなってしまうのやら。

 その後は買い物にお付き合い。
 盆には相方の家族集まってバーベキューが恒例行事なのです。
 バーベキューでは、相方の姉夫婦も集まって、なかなか賑やか。もちろん、足元にはわんこ2匹がうろちょろしてます。
 愉しいバーベキューでありました。
 もっとも、私の席からは丁度、テレビの巨人阪神戦が見えて、阪神が景気良く勝っていたので、気分良かったのも確かだったけどな!
 私も相方もしこたま酒を呑んで、気持ちよくぐーぐーでした。

 でも相方は明日のチェックに余念がないけどな!
36436491_3035087509.jpg
ラベル:帰省
posted by ミハイル暁 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

【2009年夏帰省】一日目 東京駅大混雑とわんこ達

 相方と一緒に、相方の実家に行ってきました。
 相方は、今年入ってから一度、知人の結婚式に参加する際に実家に顔を出してましたが、私は一年ぶり。
 小麦さんはもちろん、お留守番。うちの両親に世話を頼んでおきました。

 12日、正午の新幹線に乗って出発。
 地震の影響で東名高速の復旧の見通しが立たない状況とはいえ、帰省ラッシュとは逆方向の東京行きということで、新幹線はさほど混んでない感じでした。
 その逆に、到着した東京駅が絶賛大混雑中でしたよ。。。
 東京駅の地下、銀の鈴があった場所はずっと工事をしていたのですが、どうやら工事が終わったらしく、「GranSta(グランスタ)」というのが出来てました。早い話がお土産広場です。
 帰省客のお土産をまとめて提供しようという勢いそのままに、えらい人混みになってしました。確かに、お店も多種多様で、眺めてるだけでも愉しいんでしょうなぁ。
 ……だからって、帰省の新幹線に乗る前に一時間待ちでお土産購入というはどーかと思いましたが。相方曰く、かりんとう専門店にえらく行列が出来ていたそうです。一時間も待って、新幹線は大丈夫なのかしらん。

 その後は、無事に相方の実家に到着。
 わんこ2匹がお出迎えです。
36436491_4206720462.jpg
 一年ぶりでもしっかり覚えてくれてるらしく、遊べ、構え、と大興奮。
 有難い話ですが、犬の世話に帰省したようにも思えますな(笑)。
 晩御飯は、相方の家族と近くの洋食屋でむしゃむしゃ。
 いい気分でぐーぐーでありました。
ラベル:帰省
posted by ミハイル暁 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

淡路旅行その6 さよなら淡路また来て四国

 ドッグランの次は、お昼御飯代わりに、お茶する事に。
 立ち寄ったのは、国道沿いのパティスリー『すえひろ緑店』

DSC00262.JPG
DSC00260.JPG
 私はショコラ・レ。相方は、国産和栗のモンブラン。
 サービスで付いてくるジェラートも美味しゅうございました。

 その後は、一路帰宅の途に。
 ひとまず相方に運転を任せて、私は助手席にてお休み。
 ぐーぐー。
 ぐーぐー。
 ぐーぐ……?
 どのくらい寝たのか、相方の動揺した声に起こされます。
 少し寝ぼけつつ、運転中の相方の話を聞くと、立ち寄る予定だった淡路SAに入り損ねた模様。何でも、淡路SAが高速の出口と一緒になっていることに気付かず、間違って出口に行っちゃ駄目だなぁと思っていると、いつの間にやら淡路SAの入り口を通り過ぎてしまったという次第。
 「戻りたいけど、何とか出来ない!?」と言われてもなぁ。。。
 てなわけで、今回は淡路SAに立ち寄ることなく、淡路島を脱出。
 淡路SAはかなり大きいし、淡路ハイウェイオアシスもあるので、色々と愉しめるのですが、戻る為に一度高速を降りて、千円払うっつうのも何だしねぇ。
 まあ仕方なし。
 もっとも淡路SAで寄らなかったおかげで、関西圏の渋滞のメッカである宝塚付近の渋滞にほとんど引っかからず、無事に帰宅できました。
 やれやれ。

 小麦さんとの初旅行ということで、色々と反省点やら気付いた事もありましたが、淡路島もたっぷり堪能出来たし、愉しい旅行でありました。
 また淡路島に行きたいものです。橋の通行料が千円の間にな!
ラベル:淡路島 旅行
posted by ミハイル暁 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

淡路旅行その5 小麦さん華麗にジャンプ!

 仕方なく昼飯抜きで、今日のメインである南あわじドッグラン飛行犬撮影所に。
 ドッグランというと犬がたくさんいて騒がしい、もとい賑やかなイメージがあるのですが、ここは予約制なので、他に犬はいませんでした。
 というのもメインは、飛行犬撮影
 飛行犬撮影というのは、こちらの公式サイトを見て頂ければ分かると思いますが、要は、愛犬の跳んでるところをプロのカメラマンが撮影してくれるというサービス。
 ここを知った相方が、是非とも小麦さんを撮って欲しいと予約した次第。

 天気はやはり微妙な状況で、現地に到着。
 早速、撮影開始です。
 プロのカメラマンが、長い長いレンズのカメラを構えてる付近に、私がボールを投げ、そこに向かって走っていく小麦さんをパシャパシャ撮るという段取り。
 これを3回繰り返して、計128枚も撮影。
 出来上がった小麦さんがこれ。
7b828892.jpg
 さすがプロ、凄いです。
 撮影時、小麦さんはボールに向かっていたものの、ただ走っているだけで跳んでるという印象はなかったんですよね。あんまり必死に追いかけてるという感じでもなかったし(苦笑)。
 それだけに出来上がりを見た時、「本当に跳んでるようだ!」と驚きでした。
 でもって相方は全データも購入。もちろん別料金です。
 これは確かに欲しくなるから、上手い商売だなぁ。
34977119_4200938989.jpg

 その後、ドッグランで小麦さんを少し遊ばせるものの、3回も頑張って走ったせいか、バテバテ状態。ボールを投げても、やる気なさげにてくてくと追いかける始末。
 その合間にも、私も頑張って跳んでるところを撮ろうとチャレンジ。
DSC00249.JPG
 そこそこ上手く撮れたかな。
DSC00252.JPG
 そして、お疲れの小麦さんはがぶがぶ。
DSC00258.JPG
 小麦さんも舌を出して、ばててるので、この辺で大人しく撤退。
 貴重な小麦さん画像をゲット出来たし、来て良かったです。
 はてさてほほーん。
ラベル:旅行 淡路島
posted by ミハイル暁 at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

淡路旅行その4 淡路島土産を堪能してホクホク

 淡路旅行二日目。
 天気がかなーり微妙。もってくれればいいけどなぁというところ。
DSC00242.JPG
 朝御飯は、オーソドックスな洋食。
 ここでも、たまねぎはもちろん登場。サラダが甘くて美味しいです。
 食事後は、今日のスケジュールの関係から、のんびりせずに撤収する事に。
 このペンション、設備などは普通でしたが、ペットも泊まれるので、その点はかなり気軽で、気兼ねもさほどいらなかったのが有難いです。何よりも、ずっとペットが一緒なので、自宅にいる感覚で泊まる事が出来るのがいいですなー。
 いい宿でありました。

 宿を出て、一番初めに向かったのは、たこせんべいの里
34977119_1503209801.jpg
 名前通り、たこせんべえを売ってます。そりゃもう大量に。
 売ってる15種類ほどのたこせんべいを全て試食出来るので、試食コーナーに観光客が群がること群がること。おそらく製造工程で割れてしまったたこせんべえを、試食として出しているのでしょうなぁ。だから幾らでも試食出来るという仕組み。その上で、結構美味しいし、安くてボリュームもあるので、ついついお土産に買ってしまいます。
 上手いやり口だなぁ。
 もちろん、私も相方もお土産としてゲットしました。

 次は、淡路島オニオンクラブ
 たまねぎを買うならここと、遊劇旅団の嵐丸君から薦められたので、淡路島のどこかしこで見られた直売所ではたまねぎを購入せずに我慢してた次第。いや、本当に地道を走ってると、至るところでたまねぎを売ってるんですよね、淡路島では。
 ともあれ、そのお店は、どっちの料理ショーの特選素材に選ばれた事があるとか。
 ただ場所がかなり辺鄙で分かりづらく、サイトの地図を頼りに、何とか到着。
DSC00245.JPG
DSC00244.JPG
 こんなところー。ただの倉庫でした。如何にも直接売ってますって感じですな。
 その辺の直売所で売ってるたまねぎよりは少し高いものの、気にせず購入。
 自宅用とお土産用とで、計8キロ。
 この旅行から帰ってから、相方に料理してもらいましたが、確かに美味かった!
 かなーり甘いんですよね、このたまねぎ。
「甘さが非常に強く、早生で通常7度の所が9度、オクテならスイカや温州みかんよりも甘い14度もあります」との事。もはやたまねぎではない気もしますな、この甘さだと(笑)。

 その足で、近くにある淡路島牧場に。
 まるっきり観光客用の牧場というわけではなく、普通の牧場を観光客用に少し開けた感じ?
 時間があまりなかったので、少し立ち寄っただけですが、バーベキューや乳しぼり体験、バター(チーズ)作りなどもあって、なかなか愉しそうなところです。
34977119_2594314196.jpg
 淡路島牛乳の無料試飲コーナーもあります。
 試飲というよりは、勝手に好きに飲んでくれって感じ? もちろんお代わり自由です。手抜きというかテケトーというか。いや、そういうのは好きですよ、ええ。

DSC00246.JPG
 牧場だけに牛さんもその辺にどでーんといます。
 ちなみに、小麦さんに牛を見せたのだけど、特に怖がったりもせず。おそらく理解してないんだろうなぁ。

 そろそろ昼時なので、これまた嵐丸君にオススメされた『海鮮食堂魚増』に。
 辿り着いてみたところ……あれ、閉まってる?
 そして店の隣から何やらいい匂いが。はて?
 いい匂いの源は、魚屋の魚増のようなのですが、車を降りて、そちらに行ってみると……鰻の蒲焼を売ってました。そりゃもう大量に。
 ……そうか、今日は土用の丑の日かぁ。
 どうやら料理屋をお休みにして、鰻を売りまくることに専念したらしいです。
 さすがにそれは予想外でした。。。
 とほほのほ。
ラベル:旅行 淡路島
posted by ミハイル暁 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

淡路旅行その3 晩御飯の食堂でワンワン

 宿は、ペットも一緒に泊まれるペンション。晩御飯も食堂で一緒に食べられるし、部屋も一緒であります。なので、もちろん他のお客さんも犬連れです。
 ちょっと私はお疲れなので、晩御飯までの間お休み。

DSC00231.JPG
DSC00235.JPG
 晩ご飯は、鉄板焼き。淡路牛や海老、ソーセージ、もやしなどの野菜もたっぷりと。
 もちろん、淡路だけにたまねぎも欠かせません。
 お肉をご飯に乗っけてむしゃむしゃと。美味しかったです。

 それにしても、食堂の騒がしいこと騒がしいこと。
 他のお客さんも犬を連れて晩御飯しているので、食事中もわんわんわん(中略)わんわんわん、てな感じに。もちろん、お互い様なので、気を使わなくていい分、気にならないというのはありますね。犬を旅行に連れてくるぐらい犬好きなわけだから、気軽に接してくれますし。
 でもまあ、わんわんわんわんと大変でした。主に耳が(笑)。

 人間の晩ご飯が終わったら、次は小麦さんの晩ご飯を。
 早くよこせよこせと催促します。
DSC00238.JPG
 相方は待ての合図……押さえつけてます(苦笑)。
DSC00239.JPG
 ようやくむしゃむしゃ。誰に似たのか、食べるのはかなり早いです。

 でもって、この日は早々と就寝。
 小麦さんはいつもケージに入れて寝かしているので、実は自分達と一緒に寝るのは初めて。
 しっかり相方の横で寝てました。ぐーぐー。
 ……時たま、目を覚ましては、相方をぺろぺろと攻撃してました。
 仲良きことは良きことかな(他人事)。

 そして2日目に続く!
ラベル:淡路島 旅行
posted by ミハイル暁 at 00:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

淡路旅行その2 小麦さん暑さにダラダラ

 淡路のお寿司に満足した後は、小麦さんを満足させるべく移動。
 小麦さんは、車の中ではなく、お寿司屋さんの好意で店の外の日陰に繋げさせてもらえたのですが、食事中もワンワン吠えること吠えること。
 そんなわけで、小麦さんの散歩と散策を兼ねて、あわじ花さじきに。

DSC00221.JPG
DSC00222.JPG
 こんなところです。花も綺麗だし、海が一望できて、散策するにはいいところ。
 ……暑すぎだけどな!
 この暑さの中では、小麦さんもちょこちょこ動いては、すぐに日陰に逃げ込むという感じ。小麦さんにとって初夏なだけに、すぐにへばってしまう有様。
DSC00230.JPG
 なのでこまめに水分補給です。ごくごく。
DSC00226.JPG
 ぐでー。

 小麦さんのみならず、私も相方もばてばてになったので撤収。
 その後、宿に向かうまでの間、近くの直売所やお土産屋に寄って、涼を取りつつ、淡路土産を色々と物色。淡路島だけあって、どこもかしこも、たまねぎだらけですよ(笑)。そんなわけで、たまねぎドレッシュングを買ったり。
 そんなこんなで、無事迷わずに、宿であるペンションに到着ー。
ラベル:淡路島 旅行
posted by ミハイル暁 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

淡路旅行記その1 お寿司ウマー

 この連休、相方と小麦さんと一緒に、淡路旅行してきました。
 小麦さんは初夏の上、初遠征ですよ。
 長時間車に乗るので、ちょっと不安だったのですが、杞憂だった模様。
34977119_1113186105.jpg
 こんな感じで余裕でありました。

 渋滞に巻き込まれながらも、何とか淡路島に到着。
 お昼は、予約を入れていた『福寿し』
 淡路島は、お肉もお魚も美味しいので、寿司も肉も食べたかったのですが、やはりお寿司ですよ、お寿司。ちと高いけど、美味しいという評判なので、このお店を選んだ次第。
 私はおまかせ(5250円)で、相方は梅(2100円)を注文。
DSC00219.JPG
 ででーん。
 直径30cmほどの皿にネタ9カン。この季節ならではのネタ、ハモも入ってます。
DSC00217.JPG
 こっちが相方の梅。こちらもなかなかのボリューム。
DSC00218.JPG
 これはヤフーグルメのクーポンで一品サービスしてもらったアジ。
 きちんとクーポンまで用意してるとは、さすが食いしん坊な相方です(誉め言葉)。

 それで味ですが、こりゃ美味い。美味すぎです。
 また味もさることながら、大きいんですよね。肉厚というだけでなく、単純にネタが大きくて、食べ応えがあります。相方が「これ寿司じゃなくて切り身だよね?ってくらい」と言ってます。
34977119_1190680425.jpg
 その上、もちろん新鮮でぷりぷり。
 値段は高いけど、その価値は間違いなくありました。
 満足満足ー。

 旅行記、この調子で続きます。
posted by ミハイル暁 at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

蓼科旅行記その3 ベーコンと大阪帰還

 蓼科旅行も最終日。
 朝食前に、相方と蓼科湖を散策。
DSC00127.JPG
DSC00129.JPG
 でもこの蓼科湖、湖といいながら、実は人工湖な上に、池と呼ぶべき大きさの代物。一周するのに30分ほどだったよ(笑)。

 最終日のこの日は、当初、松本に行くという話もあったのですが、行くと大阪帰還時に渋滞に巻き込まれそうだということで、それは止めることに。
 その代わりに、前日の酒盛りで食べた激旨ベーコンを土産にするべく、そのお店を再度襲来。いや、本当に美味しかったのですよ。
DSC00139.JPG
 そのお店が『ザ・ババリアン・ペーター』
 店のオーナーは、ソーセージ作りの為ドイツで修行し、「オランダスラパクト国際職業人食肉加工技術コンクール」とやらの金メダルを受賞したり、「どっちの料理ショー」にも出演したりと、かなり気合いの入ったオーナーでした。
DSC00140.JPG
 店に入ると5種類ほど試食させてくれるのですが、ソーセージもかなり美味しかったです。でも一番人気はやっぱりベーコン。値段も手頃だったので、みんな喜んでお土産に購入。
 うちも、ベーコンと軟骨入りソーセージ、それにレバーペーストを購入。(通販が出来るお店はこちら

 その後、再度、農産物の直売場でお土産買って帰路へ。
 昼前に出発したこともあり、ほとんど渋滞に巻き込まれることもなく、夜には帰還出来ました。行き帰りとも、かかった時間は6時間ほどかな? さすがに疲れましたが、この程度なら何とか。
 なかなか愉しい2泊3日蓼科旅行でありましたー。
ラベル:蓼科 旅行
posted by ミハイル暁 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

蓼科旅行記その2 酒造巡りと諏訪大社と酒盛り

 二日目は、朝早くから行動。とり達の希望により、諏訪にて酒造巡り。
 揃いも揃って酒飲みだからなぁ(笑)。

DSC00112.JPG
 一つ目に行った舞姫酒造
 落ち着いた感じのする酒造で、いい雰囲気でした。幾つか試飲もしたけど、どれも美味しかったです。値段も手頃でした。ただ私はほとんど日本酒を家呑みしないので、結局、購入せず。ちょっと惜しかったけど。
 こんな感じで、近くにある酒造を合計5軒回りました。当たり外れが大きかった(笑)。

DSC00114.JPG
DSC00116.JPG
 その後は、諏訪大社に寄って、ぶらぶらと。

 昼飯は、つるぎ達の要望が蕎麦を食いたいとのことなので、白樺湖付近の手打ち蕎麦と自家製カレーの『ウォールデン』で食べる事に。
DSC00117.JPG
 相方はダッタンソバ、私は2日煮込んだキーマカレーと手打ちソバのセットを注文。
 ……何故に蕎麦とカレー?
DSC00119.JPG
 どちらも美味しかったですが、カレーで蕎麦の風味とか台無しだと思うんですけどね。いや、だったら注文するなよ、という気もしますが、この店のオススメだしなぁ。
 でも蕎麦とカレーは大人しく別々に食べた方が良いと思います。
 いや、マジでマジで。

 一度、宿に帰還した後、相方と再度温泉に。温泉スキーなので、温泉巡りは基本です。ういうい。
 渓流の露天風呂「音無の湯」に。
 内風呂は狭かったものの、側に渓流がある露天風呂は、開放感たっぷりで気持ちよかったです。もっとも露天風呂から渓流が見られるわけではないのがちと残念。

 晩飯は、相方の手料理と相成りました。
 酒造巡りで買い込んだ日本酒もたっぷりあったので、宿で酒盛りしようという次第。
 再度、相方と車で出かけて、近くにあった農産物の直売所で野菜を買い込んだり。こういう地元の直売所は美味しいものがたくさんあって、見てるだけでも愉しいですなぁ。もちろん、ついつい色々と買いたくなるのですが(笑)。
 アテも、近くで売っていた激旨のベーコンや、諏訪大社近くで買った山芋などなど。
 五人で、だらだらと日本酒呑みながら、だらだらと話してました。
 テケトーが一番ですよ、ういうい。
ラベル:旅行 蓼科
posted by ミハイル暁 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

蓼科旅行記その1 渋滞と蕎麦とテーベの東

 昨日帰ってきました、2泊3日蓼科旅行。
 ご多分に漏れず、ETC割引を堪能しようというヤツですよ。税金でまかなってるとか、その他色々とこれの仕組みに関しては、正直どーかと思うんですけどねぇ。考えればキリがないんですけどね。
 それはさておき、渋滞回避の為、朝5時に出発。関西も無事脱出し、中央道で少しだけ渋滞に巻き込まれましたが、それ以外は問題なく。運転も相方と交代だったので、さほど疲れませんでした。

 信州と言えば、蕎麦。
 と相方が主張したので、『長寿更科』にて山菜たぬきそばと、いなりそば。
DSC00111.JPG
DSC00110.JPG
 蕎麦はあまり食べないのだけど、さすが信州の蕎麦は歯ごたえや風味があって、美味しかったです。いなりそばは、ごはんの代わりに蕎麦が入ってるだけで、味も名前通り以外の何物でもなかったです(笑)。

 その後は、蓼科温泉に立ち寄った後、宿に。
 遊劇旅団のつるぎ、鮎方、とりの三人が先に到着してました。
 んでもって、宿の晩飯を食べた後、ボードゲームの『テーベの東』をプレイ。
 『テーベの東』は、各自、考古学者となってヨーロッパの各地で考古学の知識を修得し、その知識を活かして、エジプトやクレタ、メソポタミアなどの古代遺跡で、歴史的価値の高い工芸品を発掘・収集するゲームです。
 これはなかなか面白い。
 その遺跡の知識をきちんと修得しないと発掘が上手くいかないけど、知識の修得に時間をかけすぎると発掘に費やせる時間が少なくなるというのがミソ。
 ゲームは、学会に出席しまくり、勝利ポイントを荒稼ぎした鮎方が勝利。学者なら発掘で勝負しろよ(笑)。
 みんな、移動で疲れ果てたので、この日は大人しく就寝。
ラベル:蓼科 旅行
posted by ミハイル暁 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

週末は温泉旅行

 週末、温泉旅行に行ってきました。
 場所は、香川県の琴平温泉。『琴参閣』というホテルに宿泊しました。

 土曜は大雨で、相方共々運転に難儀しました。淡路島と四国の高速は空いているのですが、雨のせいで視界が悪いことこの上なく。SAでこまめに休憩しながら、何とか到着。
 その日の晩と翌朝、二度温泉に入りましたよ。
 いいお湯でした。
 でも本当は、晩飯後にもう一度入るつもりだったのですが、疲れ果てて、ばたんQでした。
 とほほのほ。

 ちなみに琴平といえば、金比羅さん
 『参道の長い石段が有名で、山の中腹の本宮まで785段、山頂の奥社まで1368段を登ります』というぐらい素敵なスポットです。
 でも200段ぐらい登った先の入り口付近で、今回は断念。
 日曜に登ると、へとへとになって翌日が大変なことになりそうなのと、前日の雨のせいでちと足場がよろしくないので、止めた次第。せめて登るなら、天気の良い土曜ですなぁ。
 そもそも私はインドア派だしな!
posted by ミハイル暁 at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

イタリア旅行記・準備編その3

◎服
 前々回にも言ったけど、9日間は長い。
 着替えは多く必要だけど、服はとにかくかさばる上に、9日間となれば、それなりの量になる。
 トランクは義兄さんから大きめのトランクを借りたので、容量に余裕はあるけど、詰めれば詰めるほど、当然重くなるし、そもそも行きに詰め込みすぎたら、お土産を詰め込む帰りがピンチになるのは必然。
 旅行時は、手軽で動きやすさ優先が、私のモットウ。
 そこで相方のススメもあって、下着などはホテルで洗濯して、使い回すことに決定。
 これで結構、トランクに余裕が出来ました。

 そういえば昔、タイ出張した時は、仕事の道具だけ詰め込んで、着替えはほとんど現地調達という荒技もした事がありました。もちろん、かなり安物を買ってるので、現地で捨てて帰りました。
 衣類が安いタイなどアジアだから出来る芸当ですな(笑)。

◎ウェストポーチ
 これ持ってると色々と狙われやすいというリスクはありますが、便利は便利。ちょっとした小物入れに丁度良いし、何よりも手ぶらになる利点は見逃せません。
 もちろん財布や貴重品は絶対に入れない方向で。
 中身は、露店の支払いに使うじゃり銭用の小さな財布、幾つかのメモ、それに何種類かの地図ぐらいですね。落としたり、取られたりしても、痛くないものを入れる感じで。
posted by ミハイル暁 at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

イタリア旅行記・準備編その2

◎パスポート
 必須。いや、マジでマジで。
 そーいや、出張が多かったので、結構スタンプ押されてます。
 えへん(何故か偉そう)。

◎お金
 必須。いや(以下略)。
 問題はどれだけ持って行くかだと思うのですが、正直、出来る限りクレジットカードで精算すると決めていたので、さほどユーロに換金しなかったと思います。
 海外で、現金多めに持ち歩くのは危険ですしね。
 でもいざという時の為に、多少のユーロ札は隠し持ってました。
 もちろん、身体中のそこかしこに。

◎薬
 必須。い
 旅行は体力勝負。健康第一。
 環境に気候が変われば、体調も変わる。これジャングルの常識。ウラ。
posted by ミハイル暁 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

ひっこにゃん、ひっこにゃん、ひっこにゃんにゃん♪

 先週末、滋賀に旅行してきました。
 そこで今話題のひこにゃんに会いに、彦根まで行ってきた次第。
 なお、ひこにゃんとは国宝・彦根城築城400年祭のキャラクターの事。
 知らない人も結構いるので、知名度はさほど高くないのかな?
 はてさてほほーん。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

イタリア旅行記・準備編その1

 ようやく準備編です。

 9日間は長い。
 これが国内旅行なら足りないモノがあっても何とでもなるけど、海外旅行ではそういうわけにはいかない。荷物になるから気軽に買えないし、そもそも売ってる保証がまるでない。
 日常生活していると、習慣になっていて、あるのが普通と思っていたものが、旅行などでふと気付くと、それがない生活が考えられないって事が多々あります。
 だから準備は重要。

 そして、幾ら準備したとしても、必ず何か忘れるものです。
 これも、忘れたと気付いた時に、後悔しすぎないために重要。

 次からは、さすがに今となっては、何を持って行ったのか、細かいところまでは思い出せないけど、思い出せるレベルで、持っていったモノを少し紹介。
posted by ミハイル暁 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

イタリア旅行記・日程編その3

 日程は、9日間。
 内訳は、ローマ5日間、ヴェネツィア4日間。


 その内容をざくっと書いてみます。
 (ちなみに、時差マジックがあるので、見たまんまではありません)
1日目:関西空港発 → パリ着 → 乗り継ぎ → ローマ着
2日目:ローマ自由行動
3日目:ローマ自由行動
4日目:ローマ自由行動
5日目:ローマ列車にて発 → ヴェネツィア着
6日目:ヴェネツィア自由行動
7日目:ヴェネツィア自由行動
8日目:ヴェネツィア発 → パリ着→ 乗り継ぎ
9日目:関西空港着

 私の趣味爆発ですな。
 俺の行く道は俺が決めるぜ!という大グレン団な日程です。
 自由時間ばかりなので、見たいところを見て回れるようになったものの、事前の調査検討がかなり大変でした。それが愉しいっていうのはありますけどね。
 あと、お金を節約する為、空港への送り迎えなし。一万円ほど節約にはなったけど、まあオススメしませんね。結構苦労した(笑)。

 あと、フライトプランに関して。
 飛行機乗ってる時間が確か13時間ほど。パリでの乗り継ぎ時間はそこそこあったので、海外旅行にありがちなトランジット失敗はなさそうな、余裕あるスケジュールかなぁと。

 さて次は、準備編。
posted by ミハイル暁 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

イタリア旅行記・日程編その2

 日程は、9日間。

 ツアーによるつまみ食いを止める以上、必然的に二都市、もしくは三都市を巡る旅行になるわけですが、イタリア旅行でローマを外すわけにはいかないので、これは決定。塩野七生の影響大な私が、ヴェネツィアにいかないという選択肢はありえないので、これまた決定。
 問題は、二都市にするか、三都市にするか。
 つまりフィレンツェを入れるかどうか。

 ……
 ……
 ……
 ……
 ……
 ……仕方ない、諦めよう。
 花の都であり、多くの芸術家を輩出し、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂やウフィツィ美術館があり、そして塩野七生『わが友マキアヴェッリ』の都市であるフィレンツェに行きたいのは山々なのですが、三都市行く余裕は正直ないと、泣く泣く断念。
 (今から思えば、これは英断。ローマのボリュームを考えれば切るしかない)

 てなわけで9日間の内訳は、ローマ5日間、ヴェネツィア4日間となりました。
 (始めと終わりに機中泊があるので、実質は4日と3日ですが)

 次は詳細な日程について。
posted by ミハイル暁 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

イタリア旅行記・日程編その1

 新婚旅行でイタリアに行く、というのはすんなり決まりました。
 私がイタリアを主張したのですが、相方も問題なしという事だったので。
 ここで相方がオーストラリアやカナダに行きたいとか言われたら、どうしようかと思ったものです。いや、結構上司や同僚の新婚旅行の行き先で多かったのですよ、オーストラリアとか。
 まとまった休みがもらえる新婚旅行ぐらいでしか、ヨーロッパにはなかなか行けないですからね。この機会を逃せば、次の機会はないと、もし反対されても、イタリアを強硬に主張&説得攻勢に出る予定でしたから、本当に良かったです。

 日程は、9日間。
 この9日間をどう使うか、それが思案のしどころでした。
 イタリア旅行で定番の、イタリア各地の名所を回るというツアーは、まず念頭にありません。
 そもそもその手のツアーが嫌いで、勝手に調べて、歩き回るのが好きな人である以上、つまみ食いみたいなツアーには興味ありません。旅慣れてない人には悪くないとは思いますけどね。

 次は、候補地決めについて。
posted by ミハイル暁 at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする