2007年03月12日

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の感想

 ここのところ、チャンピオンズリーグにはまってます。
 知らない人に簡単に言うと、欧州サッカーのクラブ選手権ですね。プロ野球で言うと、巨人や阪神やヤンキースやマリナーズなどが出場して、どこのチームが一番強いかを決める大会です。
 中村俊輔のいるセルティックが頑張っていたので、最近メディアでもかなり取りあげられていましたが、実はその辺とは関係なく、去年の年末ぐらいから結構欧州サッカーを良く見てました。
 いや、年末から仕事が殺人的に忙しくて、終電間近で帰ってくると、「すぽると!」ぐらいしか見るものがなかったからだけどな!
 スポーツ番組「すぽると!」は、欧州サッカーも結構詳しく報道するので、まあ自然とですかね。

 そんなにわかファンですが、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦も終わった事ですし、少し感想を書こうかと思った次第。
 偶には、スポーツの話題も書くのもいいかなぁと(笑)。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年02月01日

昨日の野望忌

 案の定、終電でした。
 とほほ。

 でも相方に買ってきてもらった「551蓬莱の豚まん」を食べました。
 そりゃもう、むしゃむしゃとな!
 豚まん、美味しいですなぁ。好物でありますよ、ええ。
 ……と、石井さんに嫌がらせしつつ、私も美味いモノを食べるという一石二鳥。
 ビバ野望忌。

 近々、天ぷらを食べに行く機会がありそうです。
 もちろん鯨の天麩羅に舌鼓を打つ予定。
 石井さんの分も注文した上で、それも喰らうのですよ。
 悔しければ、出てきやがれってもんです。
 いや、マジでマジで。
posted by ミハイル暁 at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

俺が正義だ、ジャスピオン。いや、孫正義

ソフトバンクのMNPシステムに障害、ドコモやauに乗換え不可
ドコモ中村社長、「孫氏の発言には怒りすら覚える」

 さすが孫ジャスティス、やる事が違います。
 彼はローフル/グッドのパラディン様なのですよ、きっと。
「ケータイ料金が高かったり、通話料金が複雑なのは悪!
 ケータイ料金や通話料金が0円のソフトバンクは正義!」

 ……それだけに、システム障害には笑った笑った。
 ジャスティスもお粗末ですなぁ。

 もっとも、ドコモの社長が怒りまくるのもある意味当然で、JAROに訴えた方がいいのでは?と思いたくなるやり口ですからね。大切な事項を枠外に小さい文字で書きすぎ。普通は「0円」という見出しだけに目が釘付けになるよなぁ。
 週末ビックカメラに行きましたが、実際、ソフトバンクのコーナーはかなり人だかりがありましたね。新規購入だけでなく、機種変でも、ケータイ代が0円となれば、いっちょ買い換えてみようかと思うのが人情ですし。もっとも、頭金が0円という仕組みに気付いていない人も多かったのでは?
 ぎりぎりで発表したので、現場の混乱も凄まじいだろうなぁ。
 何にせよ、正義を振りかざすと、逆に混沌とするという、いい見本かも。

 ま、当分の間、愉しく見守らせてもらいますよ、ええ。
ラベル:ソフトバンク NMP
posted by ミハイル暁 at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

ローマで地下鉄追突―1人死亡、170人負傷

ローマで地下鉄追突―1人死亡、170人負傷
 ぶるぶるぶるぶる。
 いや、この事故が起こった『地下鉄A線ビットリオ・エマヌエレ駅』というのは、私がローマ旅行中のホテルの最寄り駅で、この駅は頻繁に利用していたのですよ。
 画像の地下鉄の入り口にも見覚えがあるので、このニュースを聞いた時は、かなり驚きました。

 ローマ旅行中、移動手段は、徒歩、バス、地下鉄の三本柱でした。
 そのうちバスと地下鉄は初日に三日間乗り放題券を購入していたので、事ある毎に利用していました。バスは路線が多く、小回りが利くという利点があるものの、行き先や乗り場が分かりにくいので、行き先と乗り場がはっきりしている地下鉄を、出来るだけ利用していました。
 『地下鉄A線ビットリオ・エマヌエレ駅』は、ローマの中心部にあるテルミニ駅から地下鉄で一駅先の駅で、徒歩でも十分ほどの距離です。ツアーで見かけるホテルは、「テルミニ駅から徒歩何分」という謳い文句がほとんどなので、日本人観光客も、ホテルの場所によっては最寄り駅はテルミニ駅よりも、ビットリオ・エマヌエレ駅である可能性が高く(実際、私がそうでした)、日本人旅行客も頻繁に利用していると思います。
 ……もっとも、テルミニ駅は広うございます。
 なので、テルミニ駅のどこから出るかで、「テルミニ駅から徒歩何分」とやらの時間がえらく変わるのは、抜群に秘密です。

 それにしても、ローマの地下鉄も日本に負けず劣らずな混雑っぷりだったので、スリなどに関してはかなり用心していましたが、まさか事故が起こるとは。確かに、事故が起これば、かなりの惨事になるだろうなぁとは思っていましたが、自分達が行ってから一ヶ月も経たないうちに事故が発生するとは……ちょっと怖いものがありますな。
 いやはや。
posted by ミハイル暁 at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

鮎方的ローマ観光ポイント

 さてさて、旅行が近づいてきました。
 てなわけで、鮎方にオススメ観光スポットを聞いたのを、サルベージ。
 やっぱり口コミ情報が一番役立ちますな、ういうい。

鮎方的ローマ観光ポイント
まずRPGかい(笑)。ゲーマーの鑑だねぇ。でもまあゲーム屋は余裕があれば寄りたいかと。
○「ボルゲーゼ美術館」は事前にネット予約出来るので、それを活用。
○「ローマ国立博物館マッシモ宮」は思案中。でも彫刻いっぱいなので興味津々。
○「フォロ・ロマーノ」のカエサルの墓には墓参りする予定。ハゲ親父に敬礼しないと。
○「ヴァチカン」は当然外せず……イスカリオテってどこにあるのかにゃぁ。
 サンタンジェロ城では、ローマ略奪を思い描きながら、当時の法王のようにぶるぶる震えてみます。
○「アヴェンティーノの丘」のマルタ騎士団長の館は行きたいけど、かなり遠いなぁ。余裕があれば。
○「サン・ルイージ・ディ・フランチェージ教会」だけでなく、カラヴァッジオの絵はどこかしこにあるね。
 今までは漠然と知っていただけなんだけど、実物はやっぱり見て回りたいもんだ。

 その他は思案中。
 見るべきところ、行くべきところは山ほどあるし。現在「地球の歩き方」で検討中ですな。
 ういうい。
ラベル:ローマ
posted by ミハイル暁 at 07:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

お祝いのブツをいただきました

 昔は、メールゲームの戦友。
 今は……何だろう? 趣味を同じくする仲間?(笑)
 そんな長年の付き合いでもある若月一也さんと、先週の日曜日家族ぐるみでお会いし、さらにお祝いのブツまで頂きました。
 何でも他数名と共謀共同して購入して下さったとの事。
 ありがたや、ありがたや。


続きを読む
ラベル:シグルイ
posted by ミハイル暁 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

お祝いのイラストをもらいました

 昔は、メールゲームの戦友。
 今は、「信長Online」群雄斉藤での戦友。
 そんな長年の付き合いでもある灰島さんが、遠路はるばる式に出席してくれて、さらにお祝いのイラストまで頂きました。
 ありがたや、ありがたや。


続きを読む
posted by ミハイル暁 at 02:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

新作RPGの物色

 知人の鋼鉄サンボ氏が新作RPGの物色との事。
 で、探している新作RPGの条件が、以下の通り。
・前準備が大変じゃない
・キャラメイクがややこしくない
・基本ルールに誤植、ミスが少ない
プレイヤーのテンションが上がり過ぎない
・発売後、的確なサポートがなされている
・ウザいリプレイを読む必要が無い(ルール把握用ならなんとか)
・(マスター時)ルールや世界観の説明がし易い
ルールブックがまともな(読める)文章で書かれている
・国産


 それに対する知人達の返答は以下の通り。
「ない」
「国産でなければ・・・?」
「不可能になる組み合わせをわざわざ考えなくてもよかろう」

 良い知人を持ってますな、鋼鉄サンボ氏(笑)。
posted by ミハイル暁 at 13:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

CRエヴァンゲリオン セカンドインパクト[DAIさん帝国より]

 CRエヴァンゲリオン セカンドインパクト
 うわ、すげぇ! これは面白そう!!

 予告のMOVIEもさることながら、Galleryにあるカヲル君のリーチで当たった時に「ぐしゃっ!!」となる演出が素晴らしい。当たったらカヲル君、握り潰すのかよ(笑)。
 こないだパチンコ屋の前を通ったら、1年以上前の機種である前作のエヴァがある様子。人気機種なんですな。そうなると、2が出るのもまあ必然かと。
 前回は大当たり中に「残酷の天使のテーゼ」が鳴り響くという、パチンコ屋と違和感ばりばりでしたが、今回は大当たり中に「魂のルフラン」が鳴り響くんだろうなぁ。
 それを聞くために一度はやりにいかないと(笑)。
posted by ミハイル暁 at 20:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

サイズの測定のエレガントな方法

 ブラオペのリア読みながら、図書館から借りている川上稔「終わりのクロニクル 3巻」を読破中なのですが、そこにサイズの測定のエレガントな方法が提示されてました。
「では、こんなこともあろうかと私が用意しておいた新庄君の下着を」
(中略)
「でも、よくサイズとか分かったね」
「ははは簡単だよ。いつも新庄君を抱きしめてはいるからね。祖父直伝の方法で、店頭のマネキンを手当たり次第に抱きしめて同じサイズを逆算しただけのことだ。随分と手間が掛かったが、相手にサイズを聞くことなく贈り物をするにはそれが一番だ」

 目から鱗でありますよ、ええ。
 まさしくエレガントな方法であります。羞恥心がなければ、という注釈が必要ですが。
 メモメモ(笑)。
posted by ミハイル暁 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

M$のキーボード「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」購入!(後編)

 「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」を年末年始にかけて使ってみましたが、感想は以下の通り。

○やはりデカい。机の上にどでーんと鎮座する感じ。
○思った以上に、キータッチが良くない。「ぺこぺこっ」という感じ。
○「SPACEキー」が大きくて打ちやすい。
○その反面「ENTERキー」がかなり小さくて打ちづらい。
○ パームレストは思った以上に気持ちよい。疲れにくそう?
○その反面、素早く打つのには向いてないかも。
○初めにホームポジションありき。こればっかりは慣れるしかなし。


 ハの字型の形状から当然と言えば当然なのですが、ホームポジションに合うように右手側と左手側にキーの配置が分かれています。
 でもって、もともと私はホームポジションが出来てなかったりするんですよね(苦笑)。
 それに加えて、これを使い始めて気付いたのですが、「T」や「B」を右手の人差し指や中指で打ってたようです。
 うーん、今までは無意識にそれで打って、全然早かったので気にしてなかったですが、このキーボードがハの字型である以上、その辺直さないといけないわけで、こればっかりは習うより慣れろというところでしょうか。
 それ以外は、今のところなかなか良い感じであります。
 でもまぁ、キーボードまでUSBにしてしまうのは、不安は不安なんですけどねぇ。。。
posted by ミハイル暁 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

ちょっと驚きの出来事:しののこさんのお仕事

 古いメールゲームの知人にしのここさんという方がいます。
 ホビーデータのアラベスク3である「七界の剣」時代の知り合いだから、確かに古い。とは言っても、ほとんど交流はなく、しののこさんの昔のサイト「フジコ50%」を訪問したり、夏冬のサバトにサークル参加されている時に訪問したり、といった程度の間柄。
 一度ゆっくりお話でもしたいのですが、今のところそのような機会はなかった次第。

 彼女の描くイラストは、ただ可愛らしいだけでなく、世界の奥行きを感じさせるものです。
 故に、出会った当時から私はファンだったりするわけです。
 いやはや。

 久しぶりにしののこさんの現在のサイト「Close-cropped」を訪問したのですが、何でもイラストの仕事をやったとの事。そのサイトを訪問してみました。
 ……ちと驚き。
 WEBラジオ『プチらじ』のサイトのトップ絵を描いておられました。


 「プチらじ」とは、『PULLTOP』『千世』の頭文字を取ったモノとの事。
 って、両方ともエロゲー会社ですな(笑)。
 私もあまりこの業界の事に詳しくありませんが、そこはそれ、「好き好き大好きっ」を巡回サイトにしてるぐらいですから(笑)、名前ぐらいは聞いた事があるといったところであります。
 どういう経緯でしのここさんがイラストを描く事になったのかは分かりませんが、これも何かの縁ということで、「プチらじ」を聞いてみる事にします。
 さてはてほほーん。


続きを読む
posted by ミハイル暁 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

M$のキーボード「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」購入!(前編)

 アマゾンさんにてM$の「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」を購入しました。
 カナダ出張に行く前ぐらいから、使ってるFIRCOのキーボード「剣」の調子が悪くなったのですよ。
 何が悪いって、「N」が正しく認識されないという致命的なもの。調子が悪いと何度も何度も押す羽目になって、効率が悪すぎです。その上、「ENTERキー」のカバーも外れるし、その他細かい不調も重なったので、一念発起して(大げさ)キーボードを買い換える事に。

 FIRCOのメカニカルキーボードの、キーを打った時の何とも言えない感触も捨てがたいのですが、あのカチャカチャ音が頂けません、五月蠅すぎです。いやまあ、その点も含めて好きなんですけどね。深夜ネットする事が多いだけにあまり宜しくないのですよ。
 てなわけで、メカニカルキーボードは大人しく断念。
 ユーザーインターフェースは金をケチらない、というのが私の主義なので、ビックカメラやツクモを見て回って、結果M$「Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000」に決めた次第。
 エルゴノミクス (人間工学) に基づくデザインの、ハの字型キーボードには前から興味があったのですよ。売り場で少し試してみましたが、傾斜もあって手の置き心地も悪くなかったし、打ちやすそうではありました。アマゾンさんのレビューも悪くなかったので、試しに買おうかなぁと。
 デカイのが難点ですが。

 ビックカメラで買おうと思ったのですが、値段はアマゾンさんより若干安い程度だった上に、アマゾンさんだとエレクトロニクス製品の15%還元があったので、アマゾンさんに軍配が上がりました。
 15%還元なわけですから、ギフト券で返ってくる形なので注意。私は本を購入しまくっているので問題ありませんでしたが、ポイントカード同様一見さん向きではないです。

 それが届いたのが昨日でした。
 てなわけで、実際に使ってみるのはこの3連休であります。
 これといって予定がなくて、ヒマだからな!
posted by ミハイル暁 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

古橋秀之がシスプリ書いたらこうなります(妄想にあらず)

高橋メソッドによる『超妹大戦シスマゲドン』の宣伝
(操作法 ―― クリックまたはカーソルキーの“←/→”で進みます。)

 あぁ、そういえば「ぺとぺとさん」絡みでマジキューの事を調べてた時に(ちょっといやんな思い出だな)、そういえば古橋秀之がトチ狂った連載を始めたというのは記憶にありますが、そんなもの、記憶の片隅どころか、記憶のマリアナ海溝に沈めておりました。そんなんサルベージすんなよ、俺。
 いや、マジでマジで。

 『超妹大戦シスマゲドン』
 もう何というか、ここまで頭の悪いタイトルだけで、内容が理解できてしまうのが、素晴らしいです。内容もおそらくタイトルに負けない馬鹿馬鹿しい話だと思われます。だって古橋ですから。「サムライレンズマン」と「デモンベイン」ぐらいしか古橋は読んでませんが、熱い馬鹿であることはよく知ってます。
 ならばこの小説も馬鹿でしょう。違った、大馬鹿でしょう。
 ……しかし買うかどうかは不明。でもちょっと読みたいなぁ(笑)。

 って、これもクリスマスに出すのか!
 って、「ぺとぺとさんV」と同時に出るし!
 本当にいいのか、ファミ通文庫! 本当にいいのか、木村航!
 ……よろしい。R.R
posted by ミハイル暁 at 09:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

一億二千万のしまぱんファンお待ちかね!?

えっ!?おーじ先生描き下ろしテレカ、しまぱん付!?
 虎子の間に住まいしno.marcy氏が教えてくれもうした。
 「戯れならば……」と満面の笑みで。

 それにしても、何でも商売にする昨今を皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 こんな企画に乗るおーじさんもステキすぎです。何かが間違っていると思います。
 だがそれがいい。
「ゆるやかな成長中の曲線によく似合う、ローライズ仕様でとにかく、萌えまくること間違いなし!」
 ローライズまで実装しているというのが、ニーズが分かっていますね。分かりすぎててイヤだとか、商売が上手いなぁとか思わないのでもないですが、実際誰が買うんですかね、これって。でもって買って誰が履くんですかね。
 ……怖い考えになってしまった。。。_| ̄|○;;
 (妄想を打ち消しながら)でもまあ、履かない履かせないとと意味がないわけで、彼女に履かせたりするのかなぁ。それって凄いなぁ。猛者だなぁ。
 いや、マジでマジで。
posted by ミハイル暁 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

胴上げ見てきました、甲子園で。。。

 ロッテのバレンタイン監督が胴上げされるのを見てきました。
 甲子園で。
 眼前で。

 甲子園から帰ってきて、一日経ってこれを書いていますが。
 思い出すとまだ悔しさがこみ上げてきます。
 胴上げを見るのが、これほどまでに悔しいとは。
 良くも悪くも、いい経験でした。正直そう思います。

 本当に。


 今回の観戦は、「不可思議」のふじまるさんが第4戦のチケットをゲットしたので、一緒に行ってた次第です。幸運なことに、ネットの先行抽選で入手出来たのですよ。
 席も、ライト側の9段目とかなり前の方で、しかも丁度出入り口の真上にあった為、目の前には誰もいない、応援時に座っていても前が見えるという(阪神攻撃時はみんな立ち上がって応援するので、座っていると試合が見えないんですよねぇ)、甲子園ではほぼベストといえる席だったのではないかと。
 ちなみに、ライト応援席は初めてでした。

 試合については多くは語るまい。
 あれほどの拙攻を見せられると、負けるべくして負けた試合と言えます。
 ただ試合としてはとても見応えがあったので、その点に関しては満足です。
 第三戦までの戦いっぷりだったのなら、間違いなく試合終了後暴動が起こったでしょうからね。。。
 日本シリーズ全体に関しても、語るのは止めておきましょう。

 阪神が弱く、ロッテが強かった。
 それだけです。
 ロッテは良きチームであり、ロッテファンは良きファンでした。


 千葉ロッテマリーンズの選手・首脳部・ファンの皆様、おめでとうございました。
 日本一に相応しいチームでした。是非とも黄金時代を築いて欲しいものです。
 我らが阪神タイガースの選手・首脳部・ファンの皆様もお疲れ様でした。
 今年の屈辱をバネにして、来年こそ日本一になろう!


ちと余談。
posted by ミハイル暁 at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

阪神二戦惨敗、甲子園で仕切り直し

 うむむむむ。。。_| ̄|○;;
 これは良くないなぁ。うん、良くない。
 正直、一戦目だけならともかく、二戦目も同じように、やりたい放題やられた挙げ句、こちらは手足も出ないという状況は宜しくなさすぎ。悪いところばかり目に付いた二戦でしたね。
 阪神側は、やっぱり実践感覚が鈍ってるというのもあるんだろうし、ロッテ側はプレーオフを勝ち進み、逆王手をかけられながらも、見事逆転勝ちしたという勢いを、マリーンスタジアムに持ち込んだ、というのがあるのだろうなぁと。
 そこが短期決戦の怖いところであり、面白いところでもあるのですが。

 一戦目の井川は予想通りでした。
 阪神ファンは、「一戦目は安定感抜群の下柳を登板させ、少しでもリードしたら、すかさずJFKを投入し、そのまま押さえきれば、ロッテにJFKの苦手意識を与える事が出来て、その後の試合が有利になる、だから初戦は下柳だ!」みたいなことを、シリーズ開始前に語ってたりしてたわけですが、案の定初戦の先発は井川でした。
 まあ、岡田監督だし。頑固だし。
 でもって井川が打ち込まれて敗北。
 まあ、井川だし。背信のエースだし。

 第二戦は、下柳を甲子園に温存して、安藤というのはある意味妥当な選択かと。
 ただやっぱり渡辺俊は打てませんでしたな。渡辺俊の地面すれすれアンダースローとマリンスタジアムの相性を考えれば、そう簡単には打てないと分かっていましたが、ものの見事にやられてしまったわけで。
 日本一になる為には、次の対戦ではこの相性の良さを攻略しないといけないだけに、ちと厳しい結果になってしまいましたな。

 ただあまり悲観的になりすぎるのもどうかなぁと。
 点差を見れば圧倒的なのですが、流れが阪神に傾くチャンスがなかったわけでもないわけで。
 一戦目なら同点にした回は、追加点のチャンスもありましたし、次の回以降を多少は期待出来ました。まあ、井川が点を取ってくれた直後に点を取られて、ぶち壊してくれましたが。
 第二戦は、今岡のエラーと3回の無死のチャンスで自滅して、そのままずるずると、といった感じ。

 何というか、流れが悪いんですよね。
 打線が繋がらないから、それが全て悪い方向に行ってしまっている感じ。
 逆にロッテは、笑えるほど打線が繋がって、ビックイニングを作ってるわけですな。
 打線が繋がってくれば、流れも変わると思うのですが、今のところ、頼りの4番金本5番今岡がノーヒットというのがどーにもこーにも。

 ともあれ、甲子園で仕切り直し。
 さぁ、反撃開始だだだ!!
posted by ミハイル暁 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

千葉ロッテマリーンズ優勝おめでとう!

 千葉ロッテマリーンズ、31年ぶりの優勝おめでとう!

 いや、正直第五戦までもつれ込んだので、このままソフトバンクが行くかと思ったのですが、どーしてどーして、ロッテも強かった。あの状態で勝てるというのは、やっぱり地力があるからで、今年のロッテは強いなぁとまじまじと実感しました。
 日本シリーズは、我らが阪神タイガースはこのロッテとやるわけですが、相手にとって不足はなし。見事勝ってみせて、2年前の借りを返し、日本一になりますよ、ええ。
 さぁこい、千葉ロッテマリーンズ!


続きを読む
posted by ミハイル暁 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

阪神タイガース優勝おめでとう!

 阪神タイガース、優勝おめでとう!

 甲子園で、しかも宿敵(?)巨人を打ち破って、ということで見事!
 03年当時ほどの熱気がないけれども、嬉しい事は嬉しいです。毎日スポーツニュースに、新聞に、一喜一憂しながら、この日を待ち望んでいたわけですからね。
 それにしても最近のマジック消化の流れは、まるで甲子園で胴上げする為の魔力がかかっているかの如く、勢いだったかと。阪神ファンのほとんど誰もが、甲子園で、しかも巨人相手に勝って、胴上げを見たかったのは間違いないですからね。
 ともあれ、阪神タイガース、優勝おめでとう!
 そして残るは日本一!!


少しだけ雑談
posted by ミハイル暁 at 21:48| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

虎眼流集金術とその応用について

 ちと本屋に寄ったところ、チャンピオンREDがあったので、ついつい立ち読みしてしまいました。
 シグルイの展開が知りたくてしょうがなかったんですよ、ええ。
 分かるだろ、クリスタルボーイ?
 ……
 ……
 ……待てよ、待てよ。まだ藤木も牛股師範も、虎眼先生も健在かよ!
 この調子だと5巻でもまだお預けを喰らいそうです。。。_| ̄|○;;

 ネタバレする気は毛頭ないので、内容については書きません。
 ですが『虎眼流集金術』については言っておきたい。
 凄い、これは凄い。
 正式名称は「無双許し虎参り」というのですが、壮絶というか、戦慄というか、驚愕というか、さすが虎眼流というか。
 これは虎眼先生が昔からやっており、今は弟子達が行っている、虎眼流の活動資金調達方法なのですが、内容はというと「看板に無双の二文字が入っている道場に片っ端から立ち寄り、黙ってかじきを振り回す」というシンプル且つダイナミックな且つはっちゃけすぎな方法です。
 『若き日の虎眼の路銀調達法であった』って、相変わらずナレーターの中の人の反応もステキです。

 でもって今回は、牛股師範が行っていました。
 道場主もたまったものではありません。何せ師範が伊良子と対峙した時のように、馬鹿でかい木剣をぶんぶん振り回すわけですよ、自分の家でもある道場で。他に何をするでもなく、そりゃあもうぶんぶんと。そりゃあ困ります。相手が虎眼流だけに、放置出来るほど人の精神は強く出来ていませんし、ましてや腕ずくでお引き取りを願うことも叶いません、そんなことしたら伊達にして帰されます、自分の道場なのに。
 かくして、仕方なく金一封を差し出す事によって、お引き取り頂こうとなるわけです。
 ステキすぎ。
 しかもこれが年中行事。
 体育祭や修学旅行と同じように、毎年やってくるわけです。体育が苦手な子が、明日の体育祭は雨で中止になって欲しいなぁとか、友達の少ない子が、明日からの修学旅行は台風が来て新幹線が止まってくれて中止にならないかなぁとか、思ったりする以上に切実に、「無双許し虎参り」される道場主も、虎眼流に来て欲しくないなぁ、盲目の剣士に虎眼流が全滅されられたりしないかなぁと思ってるはずです。
 いや、マジでマジで。

 ところで。
 「インターネット殺人事件」さんでは、これをはてな市民が応用して、はてなポイントをゲットしてはどうかと、書いているのですが、私も思いつきました。
 集金業務でみんなお金を払ってくれなくて、困っているところがあるじゃないかと。
 そう、NHKです。
 NHKも受信料未納に対して法的措置など取らずに、集金係が未納者のところに行き、家の前で馬鹿でかいかじきをぶんぶん振り回せばいいのではないかと。
「NHKの受信料の集金です。……返事がないですね、お留守ですか? ……そうですか、それでは」
 とか言って、家の前でただひたすらかじきをぶんぶん振り回し始める。
 ……怖っ!!
 払います、払います、超特急で払わせて頂きます。
 てなもんですよ、ええ。保証します。

 つまりNHKの集金係は全員、虎眼流を学べばいいと思います。
 そーいう結論でどーよどーよ。
posted by ミハイル暁 at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする