2005年11月03日

映画『機動戦士ZガンダムU 恋人たち』

「機動戦士ZガンダムU 恋人たち」
原題「機動戦士ZガンダムU 恋人たち」/2005年日本/98分

【総監督】富野由悠季
【脚本】富野由悠季
【製作】吉井孝幸
【原作】富野由悠季
【絵コンテ】富野由悠季
【声の出演】飛田展男/池田秀一/古谷徹/鈴置洋孝/ゆかな/池脇千鶴/井上和彦/榊原良子

【あらすじ】
 宇宙世紀0087年、連邦軍のエリート組織「ティターンズ」と、反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦は続いていた。エゥーゴに身を投じたカミーユは地球に残り、神秘的な少女フォウと運命的な出会いを経験する。だが、フォウはティターンズの強化人間だった。禁じられた二人の出会いは、カミーユの心を愛と苦悩に引き裂く。
 哀しみに満ちた戦いの果てに、宇宙へと戻ったカミーユを待ち受けていたのは、激しさを増した戦場と新型モビルスーツ"Z(ゼータ)ガンダム"だった。非道なコロニー落とし作戦や月面都市への爆弾テロなど、激化するティターンズの戦法と平行し、大きく変転を始める政治状況。エゥーゴは指導者ブレックス准将を暗殺で失い、一方のティターンズでは木星帰りの男シロッコが勢力を拡大しつつあった。そして、ついに動きを見せ始めた第三勢力??それは旧ジオン軍の残党、アクシズだった。
 カミーユの新たな力、Zガンダムが、混迷の戦場を切り裂いて飛ぶ!

【感想】
 いや、まいった。
 幾ら何でもぶった切りすぎ。パート1もそれなりに凄かったけど、今回はそれ以上。何せ、話がまったく繋がっていない。駆け足というか、テレポートでも使ってるかの如く、話が進んでいくのには、目で追うだけで大変でした。

 話は、シャアとアムロが邂逅してから、フォウ・ムラサメとの出会い、宇宙に戻ってZ始動、そしてハマーン様登場まで。
 Zガンダムの中盤だけに、新キャラは多いわ、新MSは多いわと、見せ場満載なのですが、おかげで名場面集みたいになってしまって、ストーリーを理解できないですね。その上、エピソードとエピソードの繋がりも悪いこと悪いこと。ちょっとダイジェストすぎた感じがします。
 むむむ。

 悪いところばっかりというのも何なので、良いところも(笑)。
 前回は大いに気になった新旧作画ですが、今回はかなり新作が多くて良かったです。印象としては半分ぐらいが新作だったかな。やっぱり新作のMS戦闘シーンはカッコイイです。
 特に良かったのは、最初のヒッコリーでのシャトル打ち上げの際に、アムロが乗るリックディアスとアッシマーの戦い。空中をぎゅんぎゅん飛び回る描写がステキすぎ。あとは、サイコガンダムとの空中戦かな。あんまり戦ってなかったけど(苦笑)。
 逆にZガンダムは強い描写がなくて、ちと困惑。せっかくの主役メカなのに、強さが感じられないのは勿体ないかと。あとヤザンのハンブラビにやられてるし。
 でも何といっても一押しは、最後のガザCの大部隊が登場するシーン。
 突如ビームの雨が降り注いできて、何事かと思ったら、ガザCの大部隊だった、という登場シーンは、気合いの入った作画でかなり驚きでした。パート1のアッシマーと同じで、ガザCの評価がかなり変わりましたね。
 そしてこの映画、一番の驚きは(ちとネタバレにつき反転)ハマーン専用ガザC!!
 ほんと衝撃的。そしてステキすぎ。


【総括】30点
 でも映画としては駄目駄目でした。
 Zを観た事のない人は当然として、観たけれどあんまり覚えてなかったりすると、すぐさま話に置いて行かれます。まあ、追いかけるほど話を書いているのかは大いに疑問ですが。
 最重要キャラクターの一人であるフォウは登場して、すぐに退場したり。サラも裏切ってばかりだし。シャアはいつの間にか地球から戻ってきてるし。そんなのばかり。
 ではMS描写はどうかというと、これまた淡泊。作画も良いし、戦闘描写も悪くないんだけど、新しいMSが出ては少し戦って、退場し、また新しいMSが出ては……の繰り返し。正直、ガンプラのための販促プロモビデオみたいな感じがしました。
 こういう点、ある程度は仕方がないんだろうけど、もう少し何とかならなかったのかなぁと。
 パート3では改善されてるといいけど、無理かなぁ。。。


 おまけ。
 どーでもいいけど、パート3の予告編。
 「誰も知らないラスト」とか書いてたけど、これって一体??
 まさかラスト変わったりするんじゃないだろうなぁ(笑)。
posted by ミハイル暁 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8937194

この記事へのトラックバック

機動戦士Zガンダム??・恋人たち 評価額・200円
Excerpt: ●機動戦士Zガンダム??・恋人たちをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 反地球連邦組織“
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-11-04 22:02

機動戦士Zガンダム?? A New Translation −恋人たち−
Excerpt: 人気blogランキングに参加してます! 読み終えたら、ここを一度クリックしてください。 あなたの清き一票カにて、ご協力お願い致します。 フォウ!君は戦っちゃいけないんだ!! 記..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2005-11-05 11:32