2007年11月28日

ケータイ小説の正体は他人の妄想日記?

ケータイ小説が女子中高生に大人気その理由とは? 実際に書いてみたら…
 ヤフーの記事になってたので読みましたが、何だかねぇ。
 女子中高生に大人気って時点でどうかと。読者層が限定されすぎ。読者層が狭いと思われるライトノベルでも、ここまでひどくはないだろうし。
 女子中高生に特化しすぎて突然変異した結果、小説とは別の、何かいびつなモノになってる気がしますな。
 『他人の日記を読む感覚で手軽に読み始めることができる。それから、一般の方が書いた作品が多いので、表現がストレートで感情移入しやすい』って、それは単に他人の妄想日記を盗み見してるだけでは……?
 日記みたいに手軽に読めるけど、その内容は日常ではあり得ないぐらいドラマチックで、(経験の少ない)女子中高生でも共感出来る程度にストレート(薄っぺらいと言い換えるべき?)な表現ってだけのことではないかなぁ。
 ……それ何て中二病?

「場所や人物を限定しすぎると、その場所に行ったことのない読者は、自分の日常として想像できずに退屈してしまうので、そのへんは読者の想像力を信じて任せた方がいいですね。それよりも、飾らない言葉でいいので、主人公の気持ちが手に取るようにわかるくらい細かく描写して、『この気持ち、私もわかる!』と、“共感”できる作品にすること。心に響くパワーが大切なんです」

 心に響くパワー!
 いや、モノはいいようです。
 共感出来なくなるから細部は書くなとか言ったら、村上春樹なんかどーすりゃいいんだろう(笑)。小説は『神は細部に宿る』もんだと思うんですけどねぇ。
 はてさてほほーん。
posted by ミハイル暁 at 07:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分の無能をジャンルのせいにしているコメントがステキです。でも「小説」とは読んで欲しくないなあ。
Posted by まなせ at 2007年11月28日 09:46
まあ自分が理解できる”元ネタ”がない(判らない)とつまらないって心理はあるみたいですが。

ケータイSS、ぐらいにしてたほうがいいような気も。
Posted by no.marcy at 2007年11月28日 18:08
 要するに
「条件反射で感動を呼び起こせ!」ってことなんですかね。

 だったら、細部は書いちゃいかんわな。
だって、考えちゃうから。
Posted by TARGET at 2007年11月28日 23:15
多分ああいうのは、従来の意味での「小説」と言うよりむしろ「主人公に読者自身を重ね合わせて妄想することに特化したツール」と考えた方がしっくりくるのかもしれませんね。状況説明だけでなく、メインキャラの個性を極限までそぎ落としているのもそのためかと。
ただ、その妄想のテーマが妊娠とか流産とかそういうのが大半を占めるというのはどうよ(汗)。
Posted by 佐倉めいる at 2007年11月29日 22:11
▼まなせさん
まあ、小説のつもりで書いたら、みんな同じ指摘されるでしょうし、ネタでいいんじゃないですかねぇ。
普通、状況説明書くよなぁ、、、

▼no.marcyさん
元ネタが分からないと疎外感を受けるってのも分かりますね。メールゲームとかでもよくある話ですし。
ただそれを、経験値の少ない女子中高生相手にすると、極端になるんでしょうが。

▼TARGETさん
ここまで来ると、パブロフの犬ですな。安っぽい感動だこと。

▼佐倉めいるさん
妄想のテーマが過激すぎだなぁと。そこまで極端にドラマチックじゃないと駄目なんですかねぇ。
Posted by ミハイル暁 at 2007年11月30日 07:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/69771653

この記事へのトラックバック