2005年09月12日

9・11総選挙が終わって

 投票にはもちろん行ってきました。
 夜は、わくわくしながら選挙報道を見てました。

 正直な感想を一言でいうならば。
「いやまあ、ここまでとは」
 というところでしょうか。

 以前ここでも書いたように、「たぶん自民党が勝つんだろうなぁ」という程度の、漠然とした想像はしていました。解散当時の雰囲気では、どっちに転ぶか分からないという感じだったのですが、その後の『刺客』と『新党』騒動によって、自民党のことしかクローズアップされていない状況、世論調査等の流れから、「自民党が勝ちそうだ」ぐらいの気持ちでいたわけですよ。
 ところがどっこい、まさかこれほど自民党が圧勝するとは。
 ……うーむ。

 自分なりの分析をすると、結局みんな「顔」で選んだのではないかと思います。
 自分が正義であると自信たっぷりに主張する小泉首相。
 片や、今にも泣き出しそうな自信のなさが見え隠れする岡田代表。
 比例代表制というのは結局のところ、トップの顔を選ぶ仕組みになってしまうのだと思いますね。
 そもそも、この選挙の争点は、実は「郵政民営化」ではなく「小泉vsアンチ小泉」であった以上、小泉首相とその他大勢になってしまった時点で、印象が薄くなるのは避けられないわけで、それが『刺客』と『新党』騒動で拍車がかかったというところでしょうか。
 『刺客』騒動などでメディアが過熱しすぎたというのが、自民党に利する事になったというのは間違いないです。ただ、故にメディアは自重せよ、っていうのも難しい注文で、ある意味『劇場型』が21世紀の選挙であるといっても過言ではないわけです。
 それに『劇場型』は皆の興味を引いたわけで、それが結果として投票率の高さに結びついたわけですから、今までの無関心な態度よりはよっぽどいいかと思います。
 それにしても、小泉首相を引きずり下ろす千載一遇のチャンスをモノに出来なかったのは、民主党の失態ですね。斬りかかったら返り討ちにあったというところでしょうか。大きな痛手を被った民主党がどうなるのか、興味深いところであります。

 さぁて、愉しい愉しいお祭りは終わりました。
 あとは、馬鹿騒ぎしたお祭りの後始末が待ってます。
 馬鹿騒ぎして愉しかったなぁと愉しい思い出になるのか、はたまた祭りの熱気に当てられて馬鹿やっちゃったなぁと思うのか、どうなることやら。
posted by ミハイル暁 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6852988

この記事へのトラックバック

衆院解散と言う名のテロ
Excerpt: 11日の衆院解散総選挙は自民の圧勝で終わり 国民が小泉首相の郵政民営化ただ一つだけを支持した 形となり自公連立で全体の3分の2以上の議席を 獲得し正しく歴史的な勝利を収めた事になる 僕は今回が..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-13 07:08