2007年10月04日

『バッカーノ!』第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」

『バッカーノ!』第9幕「クレア・スタンフィールドは忠実に職務を遂行する」
フライング・プッシーフット号が到着したニューヨーク。デイリー・デイズ新聞社社長は、列車に乗っていた情報屋の無事の帰還を喜んでいた。時は少々遡る。
大陸横断鉄道の車内では「葡萄酒(ヴィーノ)」ことクレア・スタンフィールドが、行動を開始した。皆に恐れられる殺し屋とは一体誰なのか?謎に包まれた作業着の女の目的とは何なのか!?そして、伝説の怪物レイルトレーサー(線路の影をなぞるもの)の正体とは?

 とうとう葡萄酒登場。
 バッカーノ最強キャラだからな、何でもありです(笑)。

 さて、来週には「バッカーノ!2002【A side】 Bullet Garden」が刊行予定ですな。
 と思ったら、11月に【B side】も刊行されるとの事。
 早すぎ(笑)。
「バッカーノ!2002【B side】Blood Sabbath」
双子の豪華客船は未曾有の危機に瀕していた。チェス達の乗る『エントランス』に衝突しようと
迫る、もう一方の『イグジット』。その船上に存在したモノとは──!?

 1931の興奮再びと思っていた1934が、ちと空振りだったので--いや、これはメールゲーマーな戯言であって、1934も十分面白かったです。でもまあ、やっぱりメールゲーマーとしては1931な面白さが楽しみなわけで……つまり2002には大いに期待したいところ。
ラベル:バッカーノ!
posted by ミハイル暁 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 運命準備委員会 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック