2007年09月22日

映画『ラストキング・オブ・スコットランド』(4/4)

「ラストキング・オブ・スコットランド」
原題「THE LAST KING OF SCOTLAND」/2006年アメリカ・イギリス/125分

【監督】ケヴィン・マクドナルド
【脚本】ジェレミー・ブロック/ピーター・モーガン
【製作】リサ・ブライアー/アンドレア・カルダーウッド/クリスティン・ルパート/チャールズ・スティール
【出演】フォレスト・ウィッテカー/ジェームズ・マカヴォイ/ケリー・ワシントン/ジリアン・アンダーソン

【あらすじ】
 スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、志を胸に、ウガンダにある診療所で働く道を選んだ。時は1971年。軍事クーデターによってオボテ政権が倒れ、イギリスの支援を受けたイディ・アミンが、新ウガンダ大統領の座についた直後のことだ。軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星だ。
 そんな彼が、診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行くニコラス。熱弁をふるうアミンのカリスマ性にニコラスは、集まった多くの民衆と同様に強くひきつけられるのを感じる。そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、演説会の直後に起こった…。

【感想】
 純然たるホラー映画。
 本当に怖い。
 何が怖いって、側にいる人間がどんどん狂っていくのが分かるのに、その人間に自分の命運が握られている事が。

 この映画の題材となったウガンダ大統領アミンと言えば、ヤコペッティ大流行時代の懐かし映画「人食いセーラー戦士水野アミン」「人食い大統領」な私なので(笑)、タイトルの意味、アミンがスコットランド最後の王を自称するほどスコットランド好きとは知りませんでした。
 学校を卒業して、浮かれ気分で外の世界に飛び出すと、ひょんな事から権力者の目にとまり、直言出来る立場になる。
 そんな有頂天になっていい気分になっている主人公を、奈落の底に叩き落とす脚本が素晴らしい。
 自分がふと言った言葉で、無実の罪で人が処刑されたと知った時には、もう遅い。その時のぞっとする感覚が、画面から伝わってくるよう。
 怖い怖い。


【総括】75点
 あり地獄にずぶずぶとはまっていく様が、下手なホラーなんかよりよっぽど怖い。
 一番怖いのは、陽気で気さくだったアミンが、疑心暗鬼に陥り、どんどん人間不信になって、理不尽な事を言い始め、そして実行していく事。
 確かに『何よりも恐ろしいのは人間の本性』です。

 そんなアミンをフォレスト・ウィッテカーが熱演していて、アカデミー主演男優賞受賞も納得の演技でした。
 始めの陽気で気さくなアミン、人間不信に陥っていくアミン、暴君として虐殺を淡々と行っていくアミン、独裁者として非難を浴びながら各国の記者の前で弁舌を振るうアミン。
 どのアミンも同じアミンであり、違うアミンであるという複雑なキャラを見事に演じていて、それだからこそ余計に怖さを感じましたね。


ラベル:映画
posted by ミハイル暁 at 22:01| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
独裁者ってのは基本的に魅力的だからこそ大衆に拍手喝さいで迎えられるんですが、それが徐々に常軌を逸していき、仕舞いには手に負えない存在になっていくってのは恐怖ですよねぇ。そういう面では良く出来ていた作品ですよねぇ。人は食いませんでしたが。
Posted by たお at 2007年10月21日 00:45
▼たまさん
コメント有り難うございます。
独裁者の怖さみたいなのはすごくよく伝わってきましたよね。
しかし、やはりアミンなんだから、人を食わないとなぁ(笑)。
Posted by ミハイル暁 at 2007年10月24日 23:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

ラストキング・オブ・スコットランド
Excerpt:  『何よりも恐ろしいのは、人間の本性』  コチラの「ラストキング・オブ・スコットランド」は、3/10公開になったジャイルズ・フォーデンの小説を映画化したR-15指定の政治サスペンスなんですが、早..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2007-10-14 23:50

ラストキング・オブ・スコットランド (The Last King Of Scotland)
Excerpt: 監督 ケヴィン・マクドナルド 主演 フォレスト・ウィッテカー 2006年 イギリス映画 125分 ドラマ 採点★★★★ 中学一年の頃だったか、どういう流れでそうなったかは定かではないが女の子と二人で..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-10-21 00:47

「ラストキング・オブ・スコットランド」-人生に絶望したときに観よう、元気が出るかも 9
Excerpt: この映画こそ作品・監督賞である。        アメリカ映画の底力を見せた作品。ウィッテカー氏の名演技が轟いた。本来ならこの作品がアカデミー賞の主要部門を独占するべきだ...
Weblog: 晴雨堂の耕晴雨読な映画処方箋
Tracked: 2007-12-15 00:25

『ラストキング・オブ・スコットランド』'06・米・英
Excerpt: あらすじ1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィテカー)の演説を聞きに行った..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2008-02-16 21:49

『ラストキング・オブ・スコットランド』を観たぞ~!
Excerpt: 『ラストキング・オブ・スコットランド』を観ました悪名高い実在のウガンダ大統領イディ・アミンの実像に迫る政治サスペンスです>>『ラストキング・オブ・スコットランド』関連原題:THELASTKINGOFS..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-09-21 19:12

ラストキング・オブ・スコットランド
Excerpt: 何よりも恐ろしいのは、人間の本性
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-09-05 17:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。