2007年07月22日

映画『ダイハード4.0』(7/13)

「ダイハード4.0」
原題「LIVE FREE OR DIE HARD」/2007年アメリカ/129分

【監督】レン・ワイズマン
【脚本】マーク・ボンバック
【製作】ジョン・マクティアナン/アーノルド・リフキン/ブルース・ウィリス
【出演】ブルース・ウィリス/ジャスティン・ロング/ティモシー・オリファント/クリフ・カーティス/マギー・Q

【あらすじ】
  アメリカ独立記念日の前夜。ワシントンDCのFBI本部に、何者かが全米のあらゆるインフラを監視するシステムにハッキングを仕掛けてきたとの情報が入り、ブラックリストに載るハッカーたちの一斉捜査が開始される。
 一方その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、久しく顔を見ていない娘ルーシーに会うため、ニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。しかし、意に反してルーシーの冷たい対応に気落ちするマクレーン。おまけに、たまたまそこにいたばかりに、上司から、近くに住むマットというハッカーをFBI本部まで連行せよ、とのヤボ用まで仰せつかるハメに。不承不承マットのアパートへと向かうマクレーンだったが、それは、またもや始まる不運の序章にすぎなかった…。

【感想】
 あのなかなか死なない男が12年ぶりに帰ってきた!
 って別に帰ってこなくても良かったのでは?とあまり期待してなかったところ、これが意外な事に面白かった!

 但し、肝に銘じないといけないことが二つ。
 一つは、アクション映画の傑作であった1のことをすっかり忘れてしまう事。
 もう一つは、ご都合主義的なツッコミどころに対しては、大いにつっこんで楽しむ事。


 とにかく1と比べては駄目です。あの緻密な脚本からすれば、この映画はご都合主義のオンパレードで、ツッコミどころ満載です。純粋にアクション映画として愉しむことにして、アクションの為に設定があるのだ、ぐらいの割り切りが必要です。
 冒頭からして、FBIにしょっ引いてこいと言われた容疑者が、サイバーテロと知らずに手伝わされていて、その口封じに現れた刺客と戦う羽目になるといった具合。
 その後も、俺がやらなきゃ誰がやる、とばかりに、愚痴が多い中年刑事が国家を揺るがす大事件の犯人とタイマン勝負とやりたい放題。
 そんな馬鹿な。
 ……だがそれがいい。


【総括】80点
 とにかくマクレーン刑事の容赦なさっぷりが素晴らしい。
 馬鹿馬鹿しすぎて、大いに笑えます。
 テロリスト達を「皆殺し」と言い切って、手当たり次第にバンバン撃ち殺します。逮捕する気まるでなし。中ボスな女カンフー使いに車で体当たり、人質が居てもお構いなしと、テロリストとは交渉の余地無し、問答無用情け無用ファイアー。
 そんなアメリカンなやり口は、逆に清々しいです。

 話も何でもありなら、アクションもど派手。
 マクレーン刑事が通った後には、ぺんぺん草一本残っていないというか、爆発して廃墟になると言う徹底ぶりです。
 ラストのトレーラーvs○○○○○の対決は笑うしかないかと。
 大味ながらも、スカッと景気のいいアクションをここまで描いて見せたのは、お見事。
 観た後に何も残らないけど、ツッコミ入れつつ笑いながら、2時間大いに愉しめるので問題なし。
 アクション娯楽映画として、文句なしの出来です。


posted by ミハイル暁 at 23:13| Comment(2) | TrackBack(6) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、今晩はです。
最初観たときは「う~ん」と首を捻ったものですが、この記事を読んでその理由を悟りました。
そうか、『ダイナマイト刑事』的バカアクションとして楽しめばよかったんですね。
クライマックスなんてまんまですからねぇ。
スッキリしました。
Posted by 御中優希 at 2007年08月06日 22:09
▼御中優希さん
そうですね、『ダイナマイト刑事』というのは、よい喩えかと。
こんなご都合主義満載の映画は、真面目に見るだけ損というものですよ、ええ(笑)。
Posted by ミハイル暁 at 2007年08月12日 20:43
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

映画「ダイ・ハード4.0」
Excerpt: 監督:レン・ワイズマン 出演:ブルース・ウィルス、マギーQ、ジャスティン・ロング 「サイバーテロにより、パニックに陥り全てが麻痺したアメリカ。その中で偶然事件に巻き込まれたジョン・マクレーンは..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2007-07-23 09:00

ダイ・ハード4.0 (Live Free Or Die Hard)
Excerpt: 監督 レン・ワイズマン 主演 ブルース・ウィリス 2007年 アメリカ映画 129分 アクション 採点★★★★ 子供の頃から映画を観続けてきて、その登場人物らに理想の大人像なり男像を見出してきちゃっ..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2007-07-25 22:03

世界一ツイてない男
Excerpt: 176「ダイ・ハード4.0」(アメリカ)  NY市警に勤務するジョン・マクレーンは今や妻とも別れ、娘も口を利いてくれない寂しい英雄。ある夜、偶然ニュージャージーにいたマクレーンはFBIの要請で、一人..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2007-07-28 01:38

ダイ・ハード4.0
Excerpt:  ストーリーが単純でわかりやすく、それでありながらハイテク(というより、ハイテクもどき)やアクションシーンも盛りだくさんです。  全体をそつなくまとめてあり、ある意味とても優等生的なアクションバラエテ..
Weblog: シネクリシェ
Tracked: 2007-07-28 16:35

「ダイ・ハード4.0」(試写会:東京厚生年金会館)
Excerpt: わしゃあ、ジョン・マクレーンじゃけぇ、 何があっても死なんのんじゃあ。 男一匹、ヒーロー人生。 後継者がおらんのんじゃけぇ、辞めらりゃぁせんのんじゃ。 現題:「Live Free or..
Weblog: なつきの日記風(ぽいもの)
Tracked: 2007-08-04 03:19

ダイ・ハード4.0
Excerpt: 評価:90点 原題 Live Free or Die Hard(アメリカ) 監督 レン・ワイズマン 脚本 マーク・ボンバック 出演 ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング、ティモ..
Weblog: ファンシーファンシーゲリラ
Tracked: 2007-11-11 01:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。