2018年06月16日

『パトリオット・デイ』(TOHOなんば★★★)

 2013年のボストンマラソンテロ事件の映画化なんだけど、冒頭のテロ発生までのリアリティがよくて、それだけにテロの被害による悲惨さに目を覆いたくなった。
 そこからの展開もスリリングで、実話を元にしてるのに、緊張感があるのが良かった。


posted by ミハイル暁 at 22:10| Comment(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。