2018年06月16日

『22年目の告白 私が殺人犯です』(なんばパークスシネマ★★★)

 時効を迎えた連続殺人事件の犯人が名乗り出る、その犯人役にクズ人間演技に定評のある藤原竜也、ということで観てみたら、これが意外な拾いもの。緊張感が続く展開の上、中盤には驚かされるし、と面白かった。終盤少しダレたのが勿体無いかな。
 一番面白かったのは、連続殺人犯が告白本を出す記者会見をしてから、マスコミや世間がちやほやする前半。JKたちの浮かれっぷりや、LINEスタンプとか、リアリティありすぎ。
 まんま「但しイケメンに限る」という展開が笑えるやら、笑えないやら。


posted by ミハイル暁 at 22:08| Comment(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。