2018年04月14日

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(シネ・リーブル梅田★★★)

 ヒーロー誕生の物語を、現代イタリアで、しかもアニメを題材にするとこうなるのかと、少し愉しかった。
 物語としては少し安易だし、直球すぎるところはあるけど、やはりヒーローが如何にしてヒーローになるのか、という熱量は感じられて良かった。


ラベル:映画
posted by ミハイル暁 at 15:20| Comment(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。