2017年05月27日

『ローグ・ワン』(TOHOなんば★★★1/2)

 前半の退屈っぷりが嘘みたいな後半の盛り上がりと、クライマックスの戦闘、そしてラスト10分の興奮。
 「希望」を連呼するだけあって、全体的に暗い雰囲気なんだけど、それこそがエピソード5に繋がる物語だと強く印象づけるのは上手い。
 とはいえ、個人的には良い出来とは言い難い物語。登場人物の行動も作戦も行き当たりばったりで、ツッコミどころ満載なのは如何なものかと。作戦が成功するのが分かってるので、逆算的な話にならざるを得ないとはいえ、緊張感がないのが何とも痛い。
 観てる最中、面白かったし愉しかったけど、「いやいや、お前らそれはあかんやろ」と言いたくなるのは駄目だと思う。特に主人公やキャプテンの言動と行動は、途中で撮り直しが発生したせいかなと勘ぐるぐらい首尾一貫してなかった。
 やっぱり結末ありきの物語だなぁ。
ラベル:映画
posted by ミハイル暁 at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック