2017年03月22日

『ジェイソン・ボーン』(なんばパークスシネマ★★★1/2)

 マット・デイモンとグリーングラスの黄金タッグ復活と呼ぶに相応しいアクション映画。アクションもシナリオも、舞台さえも、絶え間なく動き回ってて忙しないけど、それが醍醐味とも言えるので、大いに満足。
 とにかく誰も彼もじっとしてないのが、すごく面白い。
 ボーンvsCIAというシンプルな構図で、シナリオは目的と行き先の提示だけ。見事に余計な贅肉を削ぎ落とした感がある。
 ただ前三部作で完結してるので、リブートの理由はかなり強引かと。でも良質のアクション映画をまた観れるのは嬉しい限り。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448228119

この記事へのトラックバック