2016年03月31日

『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』(テアトル梅田★★★1/2)

 リーマン・ショック後のアメリカの、住宅ローンの返済不能で家を追い出される人々を描いてて、他人事ではないと思えるだけに、チクチクと胃が痛くなる映画。
 家族を養うためとはいえ、自分を追い出した憎むべき相手に仕事をあたえてもらった上に、自分がされた仕打ちである追い出す側の仕事をする羽目になった屈辱が、仕事と金の魅力に徐々に捕らわれていく過程が何ともリアル。
 それだけに主人公のアンドリュー・ガーフィールドに感情移入してしまうのだけど、不動産屋のマイケル・シャノンの理屈はある程度は間違ってないのもよく分かるし、魅力的なのもまた確か。
 ただラストの展開はちょっと拍子抜けで、着地地点までリアリティのある話にしてしまったのは勿体無い。突き抜けた話にしても良かったかなとは思う。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435964570

この記事へのトラックバック