2016年03月19日

『独裁者と小さな孫』(シネ・リーブル梅田★★1/2)

 架空の独裁国家で独裁者が幼い孫とクーデターから逃亡する寓話ではあるけど、クーデター後の混乱などに皮肉たっぷり。タイトルから想像するような甘い内容ではないのも確か。特に、政治犯の帰郷のエピソードがキツい。
 ただラストの展開はちょっと唐突すぎる気がする。
 責任の所在と憎しみの連鎖、というのは究極的な問いではあるけど、そこまで割り切れるものでもないというのが正直なところ。なので結末は個人的には肩透かしだったかな。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435239564

この記事へのトラックバック