2016年03月11日

『ブリッジ・オブ・スパイ』(TOHOなんば★★★★)

 スピルバーグらしい、強い信念を持つ男を、コーエン兄弟らしいジョークを交えた脚本で描かれた、人死が出ないスパイ映画の良作。観終えた後、142分があっという間だったのに気付かされる。それだけテンポが良い。
 ソ連のスパイ役マーク・ライランスが凄くいい。感情を表に出さないだけに、トム・ハンクスを「不屈の男(Standing man)」と呼ぶシーンの演技がとても良く、特に二度目の、橋でのやり取りは泣けてきた。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434802754

この記事へのトラックバック