2015年06月04日

『チャッピー』(なんばパークスシネマ★★★1/2)

 ツッコミどころは満載で、あの会社のセキュリティはザル過ぎだろとか、暴動はどうなったんだ?とかあるんだけど、そこはヨハネスブルグが舞台なので(問題発言)。
 とか思いつつ、後半の怒涛の展開に圧倒される。とにかく勢いに任せてぶん投げてるのは分かるんだけど、そのぶん投げられてる感が面白かったので、大いに満足です。個人的には、オチは腑に落ちないんだけど(複製した時点でそれは別物では?)、SF的にも面白かったのでよし。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420140229

この記事へのトラックバック