2014年11月08日

2014年11月映画鑑賞予定

 2014年10月に観た映画は、『イン・ザ・ヒーロー』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』『るろうに剣心 伝説の最期編』『ヘラクレス』の4本。
 オススメは、ちょっと意外な感じで『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』。とても良い恋愛ものであり、人生賛歌の物語でした。

◎観に行く予定の映画
『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』 11/1公開
 映画の日に鑑賞済み。
 『エクスペンダブルズ』シリーズの第3弾。今回のゲストは、メル・ギブソン、ハリソン・フォード、アントニオ・バンデラスとさらに豪華に。
 ますますお祭り映画化が進んでるけど、ドンパチは期待通り愉しいので問題ないかな。この調子で年に一作作成されるという、男はつらいよ状態になりそう。

『インターステラー』 11/22公開
 クリストファー・ノーラン監督の最新作は、ハードSF。
 予告編からは、地球の命運が尽きるため、新しく生存可能な惑星を探す「宇宙戦艦ヤマト3」みたいな内容に思えるけど、さてどうなんだろうか。出来はかなり良いとの噂も伝え聞くし、期待大。

『フューリー』 11/28公開
 ブラッド・ピット主演の、米シャーマン戦車と独ティーガー戦車による本格戦車アクション映画。
 予告編を見る限り、かなり戦車の戦闘シーンが凄そうだし、戦争ドラマとしても期待できそうな感じ。

『寄生獣』 11/29公開
 岩明均の傑作漫画「寄生獣」の実写映画化。
 漫画の実写化は、本当に千差万別で、るろ剣のように出来の良いモノもあるけど、ルパン三世という例もあるし、不安しかないけど、とにかく観に行く予定。ただ山崎貴監督ってのも不安要素の一つ。

◎気になっている映画
『楽園追放 -Expelled from Paradise-』 11/15公開 梅田ブルク7
 水島精二監督、虚淵玄脚本による、オリジナルSFアニメ。
 事前情報はTVCMしかないんだけど、ぶっちー脚本で気合入りまくってらしいので気になるところ。

『オオカミは嘘をつく』 11/22公開 シネリーブル梅田
 クエンティン・タランティーノが絶賛したという、イスラエル発の映画。
 少女誘拐事件を巡って、容疑者、刑事、被害者の父親の三人による、誰が「悪」なのかを当てる感じの映画かな。R18+ということもあり、かなり過激な内容っぽい。

『神さまの言うとおり』 11/15公開
 三池崇史監督による同名マンガを映画化。最近よくある不条理なゲームに巻き込まれる系の物語。
 ただ予告編からは、三池崇史らしい過激な描写とバカバカしさの入り乱れたはじけっぷりなので、評判次第で観に行くかも。

『西遊記~はじまりのはじまり~』 11/21公開
 『食神』『少林サッカー』のチャウ・シンチー監督、待望の新作は西遊記をモチーフにした物語。
 待ってました、とは思うものの、チャウ・シンチーは当たり外れが激しいので、予告編を見た感じではハズレっぽい雰囲気がプンプンと。少し様子見かな、これは。
ラベル:映画
posted by ミハイル暁 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック