2011年12月18日

荒川弘「銀の匙 1巻」☆☆☆☆

荒川弘「銀の匙 1巻」
 ハガレンを完結させた荒川弘の最新作は、農業学園ものとまるっきり別方向の漫画でちと驚き。もっとも自伝っぽい『農業貴族』を描いていたので、さもありなんという感じ。
 北海道を舞台に農業高校の日常を描いているのだけど、さすがハガレンの荒川弘、漫画が上手い。シリアスとギャグのバランスが良くて、農業高校という分かりにくい題材にも関わらず、きっちりと読ませてくれる。
 連載でも十分に面白かったけど、単行本で一気に読むと、話の流れが絶妙に出来ているのがよく分かって、さらに面白く感じられるかと。


posted by ミハイル暁 at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 豚丼がどうなるか気になりますのう。
Posted by ぽんたか at 2011年12月19日 05:33
▼ぽんたかさん
豚丼は、犠牲になったのだ・・・
(このあと、スタッフで美味しくいただきました)

それはさておき、連載も丁度豚丼話。
どう決着付けるのか、3巻の愉しみですなー。
Posted by ミハイル暁 at 2011年12月24日 20:55
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。