2006年09月15日

映画『時をかける少女』(7/24)

「時をかける少女」
原題「時をかける少女」/2006年日本/100分

【監督】細田守
【原作】筒井康隆『時をかける少女』(角川文庫刊)
【脚本】奥寺佐渡子
【製作】マッドハウス
【キャラクターデザイン】貞本義行
【声の出演】仲里依紗/石田卓也/板倉光隆/原沙知絵/谷村美月/垣内彩未/関戸優希

【あらすじ】
 高校2年生の紺野真琴は、故障した自転車で遭遇した踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。
 叔母の芳山和子にその能力のことを相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。記憶の確かな過去に飛べる能力。半信半疑の真琴だが、ひとたびその力の使い方を覚えると、それをなんの躊躇も無く、日常の些細な不満や欲望の解消に費やす。世界は私のもの!
 バラ色の日々と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。友達から恋人へ!? 千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。
 やりなおされた「過去」。告白が無かったことになった「現在」。ところがその千昭に、同級生の友梨が告白。まんざらでもなさそうな千昭。さっきまで真琴に告白していたのに! 面白くない真琴。その上、功介にあこがれる下級生、果歩の相談まで受けてしまう。
 いつまでも3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、タイムリープでかえってややこしく、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバイス。真琴は果歩の恋を成就させるために、タイムリープで東奔西走するのだが…。

【感想】
 これぞ日本アニメの真骨頂というべき傑作映画。
 ネットでの評判の高さも観れば納得という次第ですよ。

 まず目を引くのは、まんまアホの子である主人公の真琴の、活き活きとした姿ですね。
 思考もアクションも豪快で、良く喋り、良く動き、よく走り、とこれを観てるだけでも気持ちいいです。タイムリープしまくる中盤は、まるで未来少年コナンかと思うぐらい、ダイナミックに動いてくれます。っつうか、ごろごろ転がりまくり、タイムリープを駆使したカラオケ10時間耐久とか、万能野球術とか、清々しいまでに馬鹿らしく、爽快でした。もっとマシな事に使えばいいのに、タイムリープ(笑)。
 もちろん、動くシーンは手抜きは一切無し、スタッフはここが肝心なところだと知り尽くしてますね。背景の描き込みも素晴らしかった。
 真琴以外のキャラも活き活きとしているので、これまた心地よいです。

 しかし、それに輪をかけて、脚本と演出が上手い。
 見事な『起承転結』になっていて、一本筋が通った脚本とはこういうものなのだと教えてくれます。
 その上、畳み掛けるような演出で、次から次へと見せてくれるかと思うと、ちょっと落ち着いた話を持ってきたりと、緩急自在。観てるこっちは翻弄されまくりでした。
 特に、『起承』までと『転』からの怒濤の展開は凄かった。
 千昭がケータイで何気ないフリをして真琴に質問した言葉を聞いた瞬間、「あぁ、これは確かに『時を駆ける少女』の続編だなぁ」と、大いに感心しましたよ。
 そこからの展開は、今までとはうってかわって落ち着いたもので、前半がドタバタだっただけに効果的でした。
 ラストも、良くまとまって、納得の行くものでした。
 そして、真琴の表情と、夕焼けと、そしてエンディング曲「ガーネット」の組み合わせは何とも言えないものがあり、良い映画を観たという気分にさせてくれました。
 まったくもって、大いに観る価値のある、古き良き映画でした。


【総括】90点
 何度も観たくなる映画でした。
 観終わった後の心地が良いんですよね。

 タイムリープの使い勝手が良すぎたり(ちょいとご都合主義的に使えすぎ)、多少つじつまが合わないような点がある気もしますが、何回か観れば納得出来るでしょうし、かりにつじつまが合わなくても、それは些細なことと切り捨てていいと思います。
 何せ魔女おばさんこと芳山和子曰く「思春期の女の子ならタイムリープは使えるもの」なのですから、細かいツッコミを入れるのは野暮というものでしょう(笑)。
 トリッキーな脚本ながら、きちんとまとまっており、その上でキャラクターを活き活きと表現出来ているというのは、日本アニメの良質な部分を久しぶりに感じさせてもらいましたね。
 「ゲド戦記」を観に行くヒマがあったら、「時かけ」を何度も観る事をオススメしますね。

 ともあれ細田守監督には、今後も期待です。


posted by ミハイル暁 at 07:21| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、コメント・TBありがとうございました。
タイムリープがモチーフですが青春映画としての普遍性を持ち、2006年版としての新しさもあってよく出来ていました。
拡大公開されて良かったですよね、此方からもTBさせて頂きます、また宜しくお願いします。
Posted by lin at 2006年09月20日 08:27
▼linさん
こちらこそ、コメント、TBありがとうございました。
拡大公開されるべき作品がされた事は、喜ばしいことですよね。ネットによる口コミの力強さを感じた作品でもありました。
Posted by ミハイル暁 at 2006年09月21日 02:11
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「時をかける少女」
Excerpt:  時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック 「時をかける少女」 ★★★★ (2006年日本 アニメ) 監督:細田守 原作:筒井康隆 『時をかける少女』 脚本:奥寺佐渡子 キ..
Weblog: NUMB
Tracked: 2006-09-20 08:24

『時をかける少女』(2006年版)この映画を見て!
Excerpt: 第118回『時をかける少女』(2006年版)「待ってられない 未来がある」  今回紹介する映画は『ゲド戦記』を抜いて2006年夏一番面白いアニメ映画として評判の高い『時をかける少女』です。『時をかける..
Weblog: オン・ザ・ブリッジ
Tracked: 2006-10-09 01:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。