2010年10月02日

破壊屋のシネコン各社サービス比較表

シネコン各社サービス比較表
 破壊屋のギッチョさんがTwitter上で情報を寄せてもらい、シネコンの各社サービス比較表を作成してくれました。
 主に首都圏のサービス内容を元に作成されているのですが、これがなかなか興味深い。本当に地域格差やらがあるんだなぁと驚かされます。
 参考までに是非どうぞー。

 ちなみに、私の話をすると、よく使ってるのは、なんばパークスシネマ、TOHOなんば、MOVIX堺の3つ。
●なんばパークスシネマ
:なんばにあって便利(超重要)。
 仕事帰りとかに立ち寄れるので、休みの日のチケット購入しやすい。
 加えて、レイトショー観終わった後でも、家に帰るのが楽。
 上映する映画のラインナップが結構豊富。
 多人数で観賞した際、他人のポイントも自分のカードにつけれてウマー。

●TOHOなんば
:なんばにあって便利。でもTOHO映画のみなのでラインナップは微妙。
 3D鑑賞時の追加料金が300円。って今は400円に値上がりしてるな。。。
 ポイントは自分のみ。ちぇ。

●MOVIX堺
:地元のシネコン。スクリーン数が多い。車必須なのが難点。
 ただ地元なだけあって、話題作でも直前に行っても座席はほぼ問題なく確保可能(超重要)。
 ラインナップもバラエティに富んでて、地味な作品も上映してくれるのは有り難い。
 多人数で観賞した際、他人のポイントも自分のカードにつけれてウマー。
 同じ施設内にスーパー銭湯があり。映画観た後、浸かりに行く事が出来る(超重要)。

 あとは梅田の単館系の映画館も行きますが、これはそこでしか上映しない映画があるから、って感じかな。でなきゃ、いちいち梅田くんだりまで行きませんよ、ええ。

 でもまあ映画館で重要なのは、ギッチョさん言う通り、『映画館で一番重要なのはサービスではなくて、上映している作品です。シネコンのサービスを調べるよりも、評判高い映画を調べよう』だと思います。
 いい映画をたくさん映画館で観ましょう。やっぱりそれが一番であります。
 ういうい。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/164391570

この記事へのトラックバック