2010年08月31日

【2010年夏帰省】四日目 サバト三日目、そして帰還

 帰省最終日。
 未明から有明の会場は徹夜組でえらいことになっていたみたいですが、そんな喧騒などどこ吹く風、相方共々ゆっくり起床。寝る前にふくらはぎと足裏に張った休息時間が効果抜群、足の疲労をかなり取ってくれたので助かります。
 多少遅い朝食後、帰還準備。洗濯物など特に必要のないものを先に宅急便にて送付する為、荷物の片付け。
 11時前に相方の実家を出発。有明の三日目に出陣です。

 東京駅に到着したら、直行バス乗り場には向かわず、丸の内オアゾへ。
 というのも、この日から小惑星探査機「はやぶさ」カプセルの展示をやっており、いい機会だから見に行こうと思った次第。ところが展示を見る為の整理券を配っていて、それはすんなりともらえるものの、時間指定出来ないとの事。それではちと都合が悪いということで今回はパス。ついでに見られたらいいかと軽い気持ちだったし、何でも全国を回ってくるらしいので、その時でいいかーと。
 まあ残念だけど、仕方あるまいて。
 てな感じで少し寄り道後、直行バスに乗って、会場へ。
 ……はて、と疑問に思ったのは、直行バスがガラガラだったこと。12時過ぎと、多少遅い時間ではあるものの、前日の二日目の同じ時間のバスは、ギュウギュウ詰めでした。漫画祭りといえば、「一日目は企業、二日目お休み、三日目本番」というのが定説だったはずですが(イヤな定説だ)、ここ最近は東方が二日目に来てるせいで、違ってきてるのかしらん。
 そんなこんなでラクラクで会場に到着。

 相方がいつもお世話になってるサークルや、知人がやってるアクセサリーのサークルに挨拶してから、二人別行動。相方はアクセサリーのサークルを堪能、私は基本的には知人のサークル周り。何というか、本を買うというより、この機会にしか会えない知人に会いに来てる感じです。
 おかげで、サークルの前で、どらあわの次回のヨハネ参世の行動の意図について、テケトーなことを喋ってたりすることになったりしました。昔はプチプライベが開催されるということも往々にあったものですしね。分かりやすい話であります。
 そんな合間にも、チェックしてたサークルに行き、テケトーに収穫。
 その後、相方と合流し、入場して約2時間ほどで撤退。長居は無用。ノックは無用。
 一度、相方の実家に帰り、近くの回転寿司にて早めの夕食。むしゃむしゃ。
 あとは相方の家族とわんこ2匹に別れを告げ、東京駅にてお土産を買って、19時半の新幹線で一路大阪へ。新幹線の中ではぐっすり。結局、自宅へ帰還したのは、もう少しで日が変わる頃でした。
 小麦さんはまだホテル暮らしなので、静かな夜を過ごしました。
 さてはてほほーん。
タグ:帰省
posted by ミハイル暁 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記&出張記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161087367

この記事へのトラックバック