2010年01月31日

2010年の野望忌(または石井文弘詣)

 我が悪友たる石井文弘氏が、平成14年1月31日にいなくなった。
 早いもので、もう8年経つ。

 今年も石井文弘詣の時期だ。
 とはいえ、東京に行く機会が相方の実家への里帰り以外ほぼなくなった事もあり、いつ行けるのか分からない状況だ。
 また行ける時に行こうと思っている。
 時期に頓着するような輩でないのは重々承知しているのだから。

 とはいえ、食い物に関しては例外かもしれない。
 今年から「551蓬莱の豚まん」を送るのは止めた。
 その代わりに、これからは野望忌には自宅で食べよう
 石井さんと言えば、鯨の天麩羅である。
 そうだ、鯨の天麩羅を食べに行こう。
 もちろん、ヤツの分も注文。
 そして私が食べる。そりゃもう、むしゃむしゃとな!
 死人にシナチクである。

 この世は荒野だ!
 唯一野望を実行に移す者のみがこの荒野を征することができるのだ!


 去年も色々あったし、今年も色々あるだろう。

 年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず。

 さてはてほほーん。
posted by ミハイル暁 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 石井文弘 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
石井大先達のHPには、いまでもお邪魔させて頂いています。PBMに対する姿勢とかお考えとか(それ以外でもですが)、本当に勉強になります。
氏が生前、何かの作品の引用かなにかで「人が死ぬのは心臓が止まったときではなく、誰からも忘れ去られたときだ」という事を仰っておられましたが、その意味では氏は思いっきり現在進行形で生きておられますね。難しいことなのかもしれませんが(私も全然実現に近づいてないというか失敗したし(^^;)、氏が理想とされた「マスターもプレイヤーもいないPBM」がいつか実現したら良いなー……と思っています。
Posted by OZMA at 2010年02月03日 07:06
 まったく1年1年の過ぎていく速さはすごいものです。もう8年なんですね。
 自分の進歩のなさを痛感する季節です。
Posted by まなせ at 2010年02月03日 16:08
気付けばもう8年・・・・光陰矢の如しですなあ。
僕も東京に行く機会なんか殆ど無いのですが、いつか行けたらまた墓参りはちゃんとしてきたいですねぇ・・・
Posted by 若月一也 at 2010年02月03日 16:59
いつも一昨年くらいの体感だ……。
まだPBMやってますよ。懲りないなあ。
Posted by うりこ at 2010年02月03日 21:53
▼OZMAさん
>忘れ去られた時
ワンピースのドクターヒルルクの台詞です。このエピソードはワンピースの中でも傑作中の傑作。何度読んでも泣けます。
映画もありますので、是非オススメします。

ところで、石井さんの理想は、テキトーな時があるのでご注意を(笑)。

▼まなせさん
もう8年、早いものです。
まあ、石井さんが8年過ごしたとして、おそらく進歩してなさそうですから、大丈夫ですよ(笑)。

▼若月一也さん
去年、一人で墓参りに行ってきましたが、いい場所ですよね。
今年も行ける機会があったら行きたいものです。

▼うりこさん
安心して下さい、私も未だにメールゲームやってます。懲りてません(笑)。
Posted by ミハイル暁 at 2010年02月17日 09:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140087845

この記事へのトラックバック