2006年01月28日

2005年映画ベスト&ワースト

 少し遅くなったのですが、2005年に観た映画のベストとワーストを書いておきます。。
 毎年恒例ってことで……って去年からだけどな!


2005年ベスト5
1位 『Mr.インクレティブル』

 公開は2004年だけど、観たのは2005年の1月でした。思い返せばダントツの1位。
 とにかく脚本が素晴らしい。
 家族全体が立ち直るだけでなく、家族一人一人の立ち直る姿をも描いて見せた点には素直に感嘆します。特に、夢を失っていたMr.インクレディブルが自信を取り戻していく姿には涙。

ベストシーン
●Mr.インクレディブルが一人黙々とトレーニングをこなしていくシーン

 家族全員が揃ってポーズを決めるシーンも好きなのですが、やはりこっち。
 淡々と描いてるんだけど、自信を取り戻していく様がすごく上手く描けてました。しょぼくれてた昨日までの自分にさよなら!って感じで、凄くいい。

2位 『キング・コング』
 秘境冒険モノとして、わくわく感満載の素晴らしい怪獣映画。
 アカデミー賞取っても、自分の趣味を突っ走るPJは映画ヲタクの鑑です。
 ただ髑髏島に到着するまでが長かったのと、髑髏島編とNY編とのギャップが難点。

ベストシーン
●コングvsV-REXシーン

 1vs3の劣勢の上、アンを守りながら戦わなければならないというハンデを持ちながら、縦横無尽に飛び回り戦うコングに痺れた。そして最後の一騎打ちにまた痺れた。


3位 『チャーリーとチョコレート工場』
 バートンの悪趣味とジョニー・デップの怪演で、極彩色の悪夢を見せてくれました。
 チョコレートでコーティングしてるけど、その実、甘やかしすぎた子供に折檻する「悪い子はいねぇがぁ!」とナマハゲチックな映画。

ベストシーン
●ウンパ・ルンパの歌と踊りのシーン全部

 無駄に凄い演出してるくせに、やってる事は子供虐待を生暖かく見守る事。でもウンパ・ルンパが歌い、踊れば、全部許せます。っつうか、もっとやれ。

4位 『バタフライ・エフェクト』
 脚本で魅せてくれた映画。あとラストの決断は分かるけど、何とも切ない。
 過去に戻れるのに徹底的に自分が幸せになるべく奔走するのがいいです。普通はそうするよなぁと親近感が。あと単に、まるで指で挟んだ地点に戻ろうとするゲームブック感覚が懐かしかったです(笑)。

ベストシーン
●三度目の人生の転落っぷりを見せつけるシーン

 良かれと思ってした事が全て裏目。二度目の人生が途中までは幸福すぎたので、そのギャップが哀れを誘う……今のホリエモン?(苦笑)

5位 『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』
 映画としては、説明不足の上、切り貼りしすぎなのはよーく分かってる。
 でも、新作カットの戦闘に興奮しまくったのは、紛れもない事実。これだけで許せてしまった。

ベストシーン
●ギャプラン戦&アッシマー戦

 神がかった演出が素晴らしく、観てるだけでアドレナリンでまくりでした。
 何が凄いって、あのダサいデザインのアッシマーが不覚にもかっこよく見えた(笑)。

 次点は「親切なクムジャさん」「劇場版鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」かな?
 前者はベスト5に入れてもいい内容なんだけど、期待が大きすぎてちょっと失望感があったので。
 後者はラストがどーにも納得いかない。幼なじみを蔑ろにするヤツは死ぬが良い。
 そうそう、番外として一つ追加。

番外1位 『劇場版 テニスの王子様 二人のサムライ The First Game』
 確信犯的馬鹿映画。
 テニプリという素材を使って料理してみたら、「ドーピングコンソメスープ」が出来ましたって感じです。いや、マジでマジで。映画館で「こんなんテニプリとちゃう……」と呆然としながら言った女の子の台詞が印象的でした(笑)。彼女にとっていい人生経験になったと思います、はい。

ベストシーン
●地球に隕石が降ってきて、恐竜が滅亡するシーン

 何故テニプリなのに、こんなシーンが?と疑問に思われたら、観る事をオススメします。
 このシーン観たら、誰だって唖然とする事間違いなし。


2005年ワースト5

1位 『ローレライ』
 当時面白いと感じたのは、アニメに脳内置換してたから。
 スタッフも役者も揃ってるけど、そもそも物語にしろ、描写にしろ、とことんアニメ向き。実写にする必要がまるでないというのが素晴らしい。
 あと説教するだけして、再生のために核落とすっつうのは支離滅裂だと思いますが、如何?

ワーストシーン
●パウラ・エブナー初登場シーン

 どこのX星人かと失笑した。
 この映画、一事が万事、どこかで観た映像ばっかりのような気が。。。

2位 『ランド・オブ・ザ・デッド』
 やっぱり詰め込みすぎ。
 物語の構造は面白いけど、それを活かすには色々盛り込みすぎだし、キャラ達が魅力なさすぎ。
 金持ち連中が情け容赦なく殺されていくところは素晴らしいけど、それだけ。

ワーストシーン
●ラストの進化したゾンビを見送るシーン

 「居場所を探してるんだ」などと、そんな悟ったような台詞でまとめるのはどーよどーよ。
 その上、街の壊滅に結果として片棒担いだので、その言い訳に聞こえてしまうのが何ともなぁ。

3位 『キングダム・オブ・ヘブン』
 とにかく退屈。映画館で寝たのは久しぶり。
 リベラルな宗教対立映画っていう前提がすでに間違っている。メル・ギブソン「パッション」がいいとは思わないけど、宗教映画ならあのぐらい突き抜けないと駄目。

ワーストシーン
●ラストの村のシーン

 リチャード獅子王(?)との邂逅は見事な蛇足でした。

4位 『スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐』
 1と2よりマシというだけ。映画としては全然駄目で、まったく興奮しない。
 起こった事を淡々と書くだけでは、「あーそうなの」だけで終わります。

ワーストシーン
●ジェダイの騎士が次々に殺されていくシーン

 ジェダイの騎士が間抜けに裏切られていくのは、観ていて哀れ。
 ただ演出が下手すぎて、そこには感動も悲劇もない。

5位 『機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち』
 1よりも映画としての駄目さ加減が数倍増というのもあるけど、新作カットに観るべきところが一つもなかったというのはどうしたことか。加えて、Zガンダムの見せ場がちっともないのは致命的。

ワーストシーン
●ハマーン専用ガザC登場シーン

 観た時は驚いたが、それだけ。何の意味もなく、ある意味この映画を象徴してるかと。


▼参考:映画秘宝のベスト&ワースト
 映画秘宝の今月号で発表された、ベスト&ワーストは以下の通り。

◎ベスト
1位 キング・コング
2位 宇宙戦争
3位 ランド・オブ・ザ・デッド
4位 デヴィルズ・リジェクツ
5位 トム・ヤン・クン!
6位 チャーリーとチョコレート工場
7位 スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐
8位 シン・シティ
9位 ライフ・アクアティック
10位 チーム☆アメリカ/ワーリドポリス
10位 パッチギ


 「デヴィルズ・リジェクツ」と「トム・ヤン・クン!」、まだ日本で公開していない作品がベストに入ってますな、相変わらずですが(笑)。絶賛している「トム・ヤン・クン!」は是非とも観ないと!
 もっとも公開済みの作品でも結構観ていない作品もあります。「ライフ・アクアティック」「チーム☆アメリカ/ワーリドポリス」「パッチギ」は未見ですね。まあ、いいかという感じではあるけど(笑)。
 それにしても1位の「キング・コング」は妥当なのですが、3位の「ランド・オブ・ザ・デッド」は正直意外。個人的には駄目駄目だったんですけどねぇ。


◎ワースト
1位 戦国自衛隊1549
2位 宇宙戦争
3位 コンスタンティン
4位 鉄人28号
4位 エターナルサンシャイン


 観に行く気もおきませんでした、「戦国自衛隊1549」。
 そーいえば、「葎座雑記」のTARGET氏もワースト1位に入れてました。……って、TARGET氏から「戦国自衛隊1549」のあまりの酷さを聞いて、絶対観まいと思ったような気が。。。
 それにしても、ベストとワーストのどちらにも2位に入ってる「宇宙戦争」は稀有というべきか何というか。
posted by ミハイル暁 at 07:41| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画ベスト&索引 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
秘宝ワーストで観てないの『鉄人28号』だけ・・・
『宇宙戦争』はねぇ・・・、PJと比べると作品に対する愛が皆無なのだよ。昨年観たうちでワースト3には入るね。
しかし、「核を落として再生」っていうのは、あの原作者のセオリーなのかしらん?
Posted by TARGET at 2006年01月28日 09:27
▼TARGETさん
おや、「鉄人28号」以外は観られたのですか。
それはまあ、ご愁傷様です。

>「核を落として再生」
ヤンキーみたいな大雑把な思考ですな(苦笑)。
そーいや、ヒゲガンダムの小説も書いてたけど、あのアニメも核絡みだった気が。。。
Posted by ミハイル暁 at 2006年01月30日 23:36
おいすー。
こちらには初めてコメントさせて頂きます★

新約Zはおんなじ感想です。(笑)
最初のの戦闘シーンがかっこ良かったり、
3本仕立ての1発目がこれで残り2本に収まり切るの? 
と、思ったり。
あんまりガンダムに詳しくない私もMSカコイイと見入ってましたですよ。

そして期待しながら観た恋人たち。

美男が取り敢えず恋多き青春を超高速で駆け抜けて行くだけという。
独り身のシャアの台詞が印象的でした。
てか、あれじゃフォウが救われない!!><;

同居人が「ハマーンが観れただけで許す!」とか言っていたんだけど、
それでいいのかー!!
と、雑誌付録のハマーン&キュベのポスター眺めて浮かれている
その人間を見て思っていたですよ。

ふにふに。
Posted by 蛾 at 2006年03月15日 15:29
▼蛾さん
どもどもこちらでは初めまして。コメント有り難うございます。
Z1&2は凄い落差が激しかったですね。
でもってZ3は面白いですよ。いや、マジでマジで。
近々感想はアップする予定ですが、MS戦闘しかなくて、見所たっぷりです。
ドラマ? あんなもの飾りです、エライ人にはわからんのですよ。
Posted by ミハイル暁 at 2006年03月16日 22:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

私的2005年映画BEST3
Excerpt: 今年もあと数時間で終わり。という訳で今年のまとめを。 今年、映画館で見た映画は46本。目標にしていた『年間50本』には届きませんでした。 内訳はというと、 欧米作品 26本 中華作..
Weblog: 葎座雑記
Tracked: 2006-01-28 09:30