2008年06月26日

サッカーはどこの国が好きですか?

 ユーロ2008が愉しい。
 サッカー欧州選手権。サッカーW杯と並ぶ、4年に一度のサッカーの祭典。
 早いものでもう準々決勝、ますます面白くなるであろうことは間違いなし。WOWOWに入ってないことが少し残念だけど、地上波でも放映するみたいなので、まあよしとしよう。
 もっとも深夜3時から放映されても、見るのは厳しいのだけどね。

 で、ユーロ2008のニュースを見てる時に、相方に聞かれた。
「どこの国を応援してるの?」
 あー、と思案して、結局答えられなかった。
 特になかったから。
 今まであまり気にしてなかったのだけど、なるほどと思い、少し考えてみました。

 正直、どこの国が好きっていうのがない。
 はたまたどこのチームが好きっていうのもない。
 野球なら、阪神!と即答するんですけどねぇ。

 サッカーはそこそこ好きだったけど、決定的に好きになったのは、前回のW杯から。
 日韓共同開催のW杯もさほど気にしてなかったぐらい。
 逆に、あれは鬱陶しかった。
 ともあれ、前回のW杯は色々と愉しかった。
 イタリアが優勝した年に、新婚旅行でイタリアに行ったのも大きかったかも。何故って、土産物屋にはイタリアのユニフォームがごろごろと売ってたから(笑)。
 だからイタリアが好き、というのはある。
 でもさほど気になってなかったりする。別に負けてもいいかぁ、ぐらい。
 こんな調子だから、もちろん日本は眼中になかったりする。
 オシムジャパンは、オシムという人物が好きだったので気にしてたけど、岡田ジャパンは別にどーでいいというのが正直なところ。

 でもまあ相方に言われて、どこかの国を好きになるのもいいかなぁと思い始めてる。
 特定の国を応援すれば、監督や選手、その国のサッカーの歴史などを知りたくなって、さらに愉しめるし、ファン特有の勝ち負けによる一喜一憂も愉しめる。
 だから、どこの国を応援しようかなぁと思案中だったりします。
 実は昔、某職場でウィイレをやりこんだ時期があって、その時の持ち国がクロアチアだったので、多少はクロアチアに思い入れがあるのだけど、さすがに古すぎて、今の選手が分からなかったり(苦笑)。
 ズヴォニミール・ボバンがいた時期のウィイレだし。

 でも。
 好きな国やチームは言えなくても、すごい気になってるチームはあります。
 それはETU。
 イーストトウキョウユナイテッド。達海猛監督率いるJ1のチーム。
 てなわけで、今一番はまってる漫画「GIANT KILLING」について、少し書こうかなぁと思ってます。
 本当に掛け値無しに面白い漫画。
 単行本一気に買ったのも久しぶりでした。
 しかもこの「GIANT KILLING」、第2回とらのあなコミック&ノベル大賞「GOLDEN TIGER AWARD」で堂々の総合賞1位「GOLDEN TIGER」と編集者賞である「EYE OF THE TIGER」の2冠を受賞してます。
 『「ウイイレ」の面白さと「サカツク」の面白さ両方兼ね備えた秀逸作』という評には、大いに納得。
 とらのあながオススメするだけの漫画である事は確かです。
 こいつはすごいぜ。

 ……
 ……
 ……テケトーに書いてたら、話が上手く着地した(笑)。
 嘘だけど。
タグ:サッカー
posted by ミハイル暁 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101558467

この記事へのトラックバック