2015年10月18日

2015年10月映画鑑賞予定

 もう10月も半ば過ぎてますが、備忘録として。

 2015年9月に観た映画は『テッド2』『死霊高校』『ナイトクローラー』『ピクセル』『進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド』『心が叫びたがってるんだ。』『キングスマン』『ピエロがお前を嘲笑う』の8本。いつのまにやらこんなに観てた(笑)。
 オススメは『キングスマン』。スパイアクション映画としても面白いけど、悪趣味全開なのもまた良し。

◎観に行く予定の映画
『岸辺の旅』 公開中
 ムビチケにて鑑賞済み。
 黒沢清監督の最新作で、カンヌ国際映画祭のある視点部門監督賞受賞。
 死んだはずの夫と、その妻の二人旅を、淡々と描きつつ、夫婦愛を感じさせる物語。と思わせながら、黒沢清らしいホラー描写もあって、なかなか油断できない。深津絵里と浅野忠信の、夫婦の関係性が何とも良かったなぁ。

『リトルウィッチアカデミア 魔法仕掛けのパレード』 公開中
 TOHOデーにて鑑賞済み。
 前作アニメミライ版の続編。前作は未見だったので併映は有難い。
 とにかくアニメとして出来が良い。ダイナミックによく動くので、魔女たちが飛び回る様を見てるだけでも愉しくなる。キャラクターはステレオタイプではあるものの、きちんと個性が出てるのが上手い。ただ個人的には主人公が好きになれないタイプだったので、物語としては微妙。

『ヴィジット』 10/23(金)TOHO系にて公開
 ナイト・シャマラン監督の最新作は、原点回帰なホラー・サスペンス。
 田舎の祖父母の家には3つの約束があって、という、なかなか愉しそうな予告編。シャマラン復活作という宣伝の仕方がちょっと哀愁を誘うが(苦笑)、観に行きたいところ。

『バクマン』 公開中
 前売り券済み。
 大場つぐみ・小畑健コンビによる漫画の実写版。
 佐藤健と神木隆之介のコンビというのは悪く無いと思うし、評判もなかなか良い感じ。EDが必見とも聞くし、観に行く予定。

◎気になっている映画
『ジョン・ウィック』 公開中
 キアヌ・リーヴス最新作は、伝説の殺し屋が愛犬を殺された恨みで、人を殺しまくる映画。
 って評判を聞くと、逆に観に行きたくなるよなぁ。

『マイ・インターン』 公開中
 アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロによるハートフル・コメディ。
 女性好みの雰囲気な映画だけど、恋愛モノではないという話だし、ロバート・デ・ニーロが好々爺を演じてる予告編を見ると、ちょっと観たくなる。

『顔のないヒトラーたち』 シネ・リーブル梅田にて公開中 
 ナチスの犯罪を裁く“アウシュヴィッツ裁判”が開かれるまでを描いた映画。
 ナチスによるユダヤ人虐殺の事実が忘れ去られようとしていた、という、今からするとあり得ない話がどうして今に至ったのかを知っておきたいので、是非観たいところ。ただシネ・リーブル梅田での上映で、しかもレイトショーがないから厳しいなぁ。
ラベル:映画
posted by ミハイル暁 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする