2015年10月16日

『ピエロがお前を嘲笑う』(ブルク7★★★)

 ハッカーを題材にした犯罪モノなんだけど、ストーリー展開は面白いし、テンポは悪くないかな。ただ、どんでん返しを前提にしてるのが明白過ぎて、そこに注目するなら肩透かしな結末かと。
 どんでん返しのためのストーリーとして視てしまうと、どうしても粗が目立って見えてしまう。素直に騙されたいのに、突っ込みを入れる余地があるので、スカッと騙されない。爽快感がないのが一番の問題点かも。
タグ:映画
posted by ミハイル暁 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の一言感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする