2010年01月31日

2010年の野望忌(または石井文弘詣)

 我が悪友たる石井文弘氏が、平成14年1月31日にいなくなった。
 早いもので、もう8年経つ。

 今年も石井文弘詣の時期だ。
 とはいえ、東京に行く機会が相方の実家への里帰り以外ほぼなくなった事もあり、いつ行けるのか分からない状況だ。
 また行ける時に行こうと思っている。
 時期に頓着するような輩でないのは重々承知しているのだから。

続きを読む
posted by ミハイル暁 at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 石井文弘 | 更新情報をチェックする

【G漢】最終アクションようやく投函。。。

 同人PBM『機動武闘Guy伝』の最終アクションを本日投函しました。
 ええ、大幅遅刻ですよ。とほほのほ。

 何を勘違いしていたのか、〆切を一週間間違っていて、気付いたのが〆切前日という体たらく。公私ともにバタバタしてたというのはあんまり言い訳にならないよなぁ。
 とりあえず、一日遅れの木曜に久我山マスターにお詫びのFAXを出して、ようやく本日、翌朝10時便で投函してきたという次第。
 マスターに迷惑をかけて、大変申し訳ないです。

 アクションそのものは、マスターにお詫びFAX時に伝えていたのですが、「ノアの箱船」とかぬかしてるチェルノボーグに説教、もとい説法しに行きました。人類に天罰下してもいいのは、神の代理人の代理人、ヨハネ参世の役目だっつうの(笑)。
 ういうい。
posted by ミハイル暁 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | どらごにっく★あわー! | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

劇場版「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」 VS 劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」

劇場版 「Fate/stay night UNLIMITED BLADE WORKS」公開初日の舞台挨拶、「上映する前にひとつ問おう。ここはリリカルなのはの劇場ではないぞ」
 アーチャーさんはぶっちゃけすぎです(笑)。
 それはさておき、映画としてのクオリティは高いみたいですが、やはりダイジェスト過ぎるのが難点らしく。もともと、かなり長い話だろうから、きちんとまとめるのは困難だろうなぁと思ってましたが、案の定というところ。

劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」公開初日の舞台挨拶、「たまに変態のフェレットにちょっかいを出されますが、最後には思いが成就します」
 無印なのはからのファンである「不可思議」の玉沢円さんと、こないだお会いした時、「無印の話を面白くなくならす方が難しいから、話の出来は大丈夫だと思いますよ」と言ってました。「もっとも、都築さんの悪いクセ(レイジングハートにトリガー付けたり)は出てますけどね」とも言ってましたが(苦笑)。

 でもって結果。
劇場版『Fate/Stay night UBW』2日間動員2万4407~興収3769万9500円 他
劇場版『魔法少女リリカルなのは』2日間の興収6129万2300円 物販売上もすごい模様

 すごいとは思うけど、コミケ一日目の企業ブースみたいなノリを感じます。
 やっぱりフィルム商法はあざとすぎる。。。

 と思ってたら、こんなことに。
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」入場者特典のフィルム、”フェイトの笑顔”は”綾波の笑顔”を上回る18万円の高値
 ……何だかねぇ。。。
posted by ミハイル暁 at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

『デュラララ!!』第3話「跳梁跋扈」

 成田良悟『デュラララ!!』のアニメ第3話「跳梁跋扈」。
 ついに登場、『デュラララ!!』の中で一番規格外の登場人物、平和島静雄。
 と思いきや、帝人と情報屋・折原臨也の方が重要だったりするお話。
 今回で色々と人が繋がったりして、話がかなり動いたかな。後から思い返さないと、意味が分からない回だろうけど(苦笑)。
 静雄のアクションはなかなか動いたけど、そこまでのインパクトはなし。やはり映像で見せられると、何割か減少するなぁ。あと、サイモンの登場で全て持って行かれた感もあるけど(笑)。
 次回はようやく、新羅の登場回かな。
posted by ミハイル暁 at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

【どらあわ】公式サイト1/26更新

 『どらごにっく★あわー!』公式サイトの更新されました。内容は以下の通り。
 『「e-mailアドレスのご確認」のメールをお送りいたしました。』

 登録しているe-mailアドレスに確認メールを送ったとの事。
 そりゃあ、リアクションを送った後に、宛先不明で戻ってきたら、大変だしね。予め確認しておくのは、企業として当然ですなー。

 てなわけで、エルスから確認メールが届いてるらしいので、参加者は要確認です。
 うちには、きちんと2通届いてましたー。
posted by ミハイル暁 at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | どらごにっく★あわー! | 更新情報をチェックする

amazonさんのステキ倉庫

 ちょっと気になる記事があったので紹介。

巨大通販サイト「Amazon.co.jp」を支える国内最大級の物流センター「アマゾン堺FC」を見てきた
 このamazonさんの倉庫、実はよーく知ってます。
 というのも、地元の行きつけのシネコンに行く時に、通る道にあるからです。
 つまり、そんなところにあるシネコンは空いてて助かる……ということが言いたいのではなく、そういう辺鄙な場所にamazonさんの倉庫があるという次第。
 元、新日鉄鉄工所の跡地なので、広大なのですよ。
 そりゃあ、シャープが液晶パネル工場作るぐらいに。

Amazon便利すぎワロタ。そりゃ物流センターもデカくなるわ
 こちらは、この記事の反応。

 まあ、私も頻繁にamazonさんは使用しないですけどね。
 やっぱり書籍を買うなら、本屋で物色するのが愉しいし、好きですから。
 さてはてほほーん。
タグ:Amazon
posted by ミハイル暁 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの拾いモノ | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

快挙か暴挙か! 磨伸映一郎の単行本2冊同時刊行!

磨伸映一郎「月の彼方、永遠の眼鏡2」
磨伸映一郎「氷室の天地Fate/school life 3巻」
 んじゃめな本舗の磨伸映一郎の単行本が一挙に二冊刊行ですよ!
 しかも「とらのあな」では単行本発売と連動して同人誌の方も力入れてるらしく、Fate同人誌『かくて自由の鐘は鳴る 総集編』を特別再発行との事。
 これは快挙か! それとも暴挙か!

 ……多分、後者だと思います。。。
 30代半ばの読者の心をニョグダの鷲掴みという感じです(その後、心臓をグシャリ)。
 何というか濃すぎる。

 一例を挙げると、「氷室の天地 3巻」の表紙裏のゲーセンのゲーム画面が「ピットファイター」「ウルフファング」「エドワードランディー」「蒼穹紅蓮隊」というチョイス。しかも「蒼穹紅蓮隊」の画面が大型戦術格闘攻撃機「呑竜」だよ!
 分かってるなぁ、磨伸映一郎(ほとんどの人には何が何だかさっぱりです)。
 その他にも「助けて、サムソンティーチャー!」「ジェット天狗」「五点掌爆心拳」「ささやき、いのり、えいしょう、ねんじろ! ……おおっと」「オシシ仮面 グ、グエーッ!」「つぼみから花へ、私は知得留先生」「卑怯とは言うまいね」「頭部バルカン砲イーゲルシュテルン」etcetc。。。

 てなわけで、「怪異いかさま博覧亭」が好きな人にはオススメですよ!
 どの辺がって、ネタの古さが(笑)。

 ちなみに、とらのあなの特典は以下の感じ。
DSC00707.JPG
DSC00708.JPG
DSC00706.JPG
 フリーダムすぎます(笑)。
posted by ミハイル暁 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

1/15(金):ツジトモ「GIANT KILLING 13巻」、若木民喜「神のみぞ知るセカイ 7巻」購入

ツジトモ「GIANT KILLING 13巻」
 2010年4月よりNHK BS2/BS hiにてアニメが放送開始される「GIANT KILLING」もいつの間にか13巻。26話ということで、どこまで話を持ってくるのか気になるところ。
 この巻は、ETUよりも宿敵、東京Vのエース持田がメイン。この巻では未収録だけど、持田の事が達海の過去と繋がってくる展開は上手い。ちゃんと伏線も張ってるし。でも前半はETU的にはすかっとしない話だっただけに、後半のオールスター戦はお祭りで面白く。
 そして次巻からいよいよ、10年前の達海がまだ選手時代話に。

若木民喜「神のみぞ知るセカイ 7巻」
 「体は子供、頭脳は神!!!!!!!!」という帯には笑わせて頂きました(笑)。
 この巻で、定番の幼馴染キャラが登場。しかも、本編の展開も世界観の核心に触れたりと、なかなか興味深い。
 それにしても、どんな状況になっても、動じない桂馬の神っぷりがステキ。やはり主人公が落ち着いてると安心して読めます。
posted by ミハイル暁 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

アニメ「化物語」の副音声がヒドイ件について(誉め言葉)

 コンバトラー(挨拶)。

 てなわけで、ソーラレイシステム搭載の為に、自宅からほとんど動けなかったので、珍しくレンタルビデオ屋でDVD「化物語 2巻」をレンタル。
 まだ録画した番組が色々と溜まってるけど。。。

 いやぁ、ヒドイ内容でした(だから誉めてます)。
 アニメ本編そのものは、もちろん面白かったですが、DVD特典である副音声でのキャラクターコメンタリーがやりたい放題すぎて、ステキでした。原作者の西尾維新がきちんと描いてるだけあって、何でもありです。っつうか、登場人物が自分の出てる映像をコメントするってだけでも面白いのに、映像を無視して、ラジオ番組のハガキ紹介をし始めるってどーよどーよ。
 この掛け合いの面白さは、本編そのままですな。他の巻もきちんと借りて、聞かないとなぁ。

西尾維新「傷物語」
 てなわけで、「化物語」の原作も読み終わったので、「傷物語」も購入。
 読むのはまだ先になるだろうけど、今から愉しみ愉しみ。
posted by ミハイル暁 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

ソーラーレイ搭載準備中

 昨日から自宅を改造中です。
「あ、あれは憎しみの光だ!」
 そうです、アルキメデスが第二次ポエニ戦争で使った驚愕兵器ですよ! ローマ軍もびっくりだ。書記官エウメネスもびっくりだ! もちろん狙いは連邦軍をお父様ごと消滅ですよ。国家錬成陣を防ぐためには仕方ないのですよ。「私の城に入るのに裏口から入られねばならぬ理由があるのかね?」ですよ(色々まざってます。まぜるな危険)。

 そんなわけで(どんなわけだ)、昨日から太陽光発電の工事をしてます。
 相方が見積もりなど会社の選定は頑張ってくれたおかげで、ようやく着工です。ほんと、流行ってるからこそ、色々トラブルがあるらしく、会社はかなり吟味しないとね。相方頑張った! ちなみに、補助金もらってウホウホなので、若干安くはなってますが、それでもいいお値段でした。

 でもって工事は昨日、一日で終わるはずだったのですが、連邦軍の邪魔により(大嘘)、今日まで延長です。出かける予定だったのですが、また一日引きこもりですよ、ええ。
 さてはてほほーん。
タグ:太陽光発電
posted by ミハイル暁 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

1月10日(日) なんば「宏亜楼」:シンガポール料理

■1月10日(日) なんば「宏亜楼」:シンガポール料理
 十日戎に出かけた際、昼ご飯で「宏亜楼」に行ってきました。
 シンガポール料理という珍しいジャンルだけに、以前から気になっていたので。
 場所は、なんばマルイの裏、路地を入ったところにあり、多少分かりづらいかも。
 小さなお店なので、ディナーで来る時は予約したほうが吉でしょう。

DSC00687.JPG
 私は、ランチメニューの干撈麺(こーのーみー)(980円)。
 100円プラスすればチキンライスが付いてくるのでお得です。

DSC00688.JPG
 かなり味付けは甘めながらも、しつこくはなく、かなり好み。上に乗ってるチャーシューの甘みもあるのでしょうね。このチャーシューもたっぷり煮込まれてるのか、柔らかくて美味しいです。

DSC00686.JPG
 相方は、海南チキン(800円)。一番人気の定番メニューをオーダー。
 プリプリのチキンを、別添のチリソースとジンジャーソースにつけて食べます。
 鶏の臭みはまったくなく、ぷるぷるとしてて、柔らかいです。

 シンガポール料理は初めて食べましたが、中華料理とタイやベトナムなどの東南アジア料理を足して2で割った感じ。多国籍都市なので、むべなるかなというところですね。
 クセもあまりないので、誰にでもオススメ出来るお店です。
 今度はディナーで来て、コースで色々と食べてみたいところ。

★食べログ情報
宏亜楼 (東南アジア料理(その他) / なんば、近鉄難波、難波)
★★★☆☆ 3.5

posted by ミハイル暁 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味いもん日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

【どらあわ】公式サイト1/21更新

 久しぶりに『どらごにっく★あわー!』公式サイトの更新されました。内容は以下の通り。
 『「ユニオンリスト」「ルーツとトリガーのリスト 」を更新いたしました。』

 何かと思えば、会誌に先行して、新ユニオンと新トリガーの発表でした。

 新ユニオン『WARSエンターテンイメント』は……アイドルユニット「ハミングバード」?(古っ! というか、こんなの思いついた自分を誉めてやりたい。もとい誉め殺したい)
 まー、大人しく「マクロス」っぽいというのが妥当か(それもどうかと思うが)。「アイドルマスター」でもOKかも。でもピュアな男性が集うドリームランド(幻夢境カダスにあらず)な「ドリームクラブ」はおそらく違うと思います。
 第二回目から芸能人が出来るユニオンって、相変わらずエルスはあざといというか、何というか。悔しがってるPLはそれなりにいそうだなぁ……アニソン専門のビジュアル系ゴスロリガールズバンド『ホシゾラ☆メテヲ』としては悔しがってないですよ、ええ。こっちはアイドルではなくて、バンドだから! 歌じゃなくて、演奏で勝負だから! 夢は武道館ならぬ南極ライヴだから!
 ……実験神父、我々は間違ってないよね。。。(超私信)

 トリガーは、古代インド「金剛杵」、中世暗黒時代「フレイル」、西部開拓時代「鞭」、一次大戦期「トンファー」が追加。多少は選択肢が増えたという感じ。
 特に「トンファー」は、第一次大戦期のトリガーが「複葉機」一択だったので、それが解消されたのは大きいかも。
posted by ミハイル暁 at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | どらごにっく★あわー! | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

『デュラララ!!』第2話「一虚一実」

 成田良悟『デュラララ!!』のアニメ第2話「一虚一実」。

 OPは、これまた「バッカーノ!」と同様に、前回までのあらすじというか、軽いおさらいみたいなのが、合間に流れるように変更。演出的にもかっこいいし、前回までを思い出すのには有難いところ。
 話自体は、群像劇らしく、第一話の別側面を描いたもの。
 簡単に言うと、折原臨也がどれだけヒドイ人物で、実は首なしライダー(セルティ)がまともな人物だった、というお話。
 陰謀を仕掛けて、自分は高みの見物って一番嫌われるタイプの人間だよなぁ。

 ただ原作未読者だとこの物語が群像劇であると知らないから、分かりづらい話になったかも。主役っぽかった帝人の出番はほとんどなかったし。まあ、帝人とセルティでダブル主人公と言えなくもないから、別にいいのかも。
 ……今回の女の子の出番は確かこれっきりだったと思うけど(笑)。

 出来そのものは安定してるので次回も愉しみ。次回は、静雄の出番かな?
posted by ミハイル暁 at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

林亮介「迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く」☆☆☆☆★


林亮介「迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く」☆☆☆☆★
【迷宮街を取り巻く物語も佳境。様々なフラグを立てつつ、最終巻に】
「啓ちゃんはね、すごく気が利くし周りのこともよく見てる。でも最後のところで、他の人のために自分を変えたりしない人だと思う。京都から戻ってきてこれから、何度もあの登山みたいなことが起きるよ。ゆうはこれからも我慢させられるか、ゆうにできないことは放っておかれると思う」

 現代版Wizardryである、迷宮街クロニクルの第三巻。
 二巻に比べるとボリュームは少なめで、また迷宮に潜る描写も少なめではあるものの、第二巻で動き出した『ある計画』がメインなので、物語としてはきちんと動いているので面白い。
 もちろん、描写は少ないといっても、そこは生還率がきちんと設定されてる迷宮街、唐突に登場人物が死ぬのも健在です。まさかあの人が……と今回も驚かされました。
 『ある計画』は、Wizardryをプレイした事がある人間なら、「あぁ、やっぱり」と予想出来ただけに、計画を現実的に進めるとこういう風になるのかと興味深い。こういうリアルに落とし込む作業が、この作者は上手いなぁ。
 あと、メインの登場人物である(群像劇なので主人公とは言い切れない)真壁啓一の人柄が判明して、賛否両論というのも面白いところ。好青年かと思いきや、いやぁ、なかなかヒドイ人物でした。個人的には好きなんだけど、確かに迷惑な人間だなぁと。

 ともあれ、かなり色々なフラグを立てまくった状態で次巻に続く。修羅場が続くだろうと思われるだけに、最終巻が待ち遠しいところ。
posted by ミハイル暁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

『初音ミク Project DIVA Arcade』ロケテスト開始

Project DIVA Arcadeのロケテスト
『初音ミク Project DIVA Arcade』ロケテスト、開始早々9時間待ちの大繁盛
 すでにロケテが始まっている『初音ミク Project DIVA Arcade』
 しかし、盛況を通り越して、えらい状況ですなー。
 ロケテが大阪に来た時は是非プレイしてみたいけど、この調子だと生半可な覚悟ではプレイできそうにないなぁ。さすがに何時間も並んでまでプレイしたくはないです。
 当然PSP版と色々と変わっているだろうし、アーケードに置き始めたらプレイする予定。音ゲーは苦手だけど、聞きなれた初音ミクの曲であれば、PSP版もクリアしてるし、何とかなりそう。オリジナル曲は大変そうですが。。。

 ちなみに初音ミク絡みで一つ。
初音ミク2010年カレンダー POWERED BY ピアプロユーザー
 自室の机の上に置く卓上カレンダーがなくて(例年なら年末に他社から配布されるモノをもらえるのだけど、今年はなし。不況の影響がこんなところにも……)寂しかったので、ついつい購入してしまった。
 777円は正直高いし、掲載されているイラストも小さめなので、少しがっかりな出来。
 でも表のKEIさんのイラストだけで満足する事にします(苦笑)。
DSC00689.JPG
posted by ミハイル暁 at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 初音ミク | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

1/12(火):椎名軽穂「君に届け 10巻」、犬村小六「とある飛空士への追憶 1巻」購入

椎名軽穂「君に届け 10巻」
 アニメの出来が良いと評判の少女漫画。関西でも数ヶ月遅れでようやく放映開始です。とはいえ、私は読んでなくて、相方の為に購入した次第。売れてるなぁ。
 アニメの成功に気を良くしたのか、実写映画化するみたいだけど、大丈夫かねぇ。。

犬村小六 (原作)、小川麻衣子 (作画)「とある飛空士への追憶 1巻」
 一昨年、めっぽう評判の良かったラノベをコミカライズ。実は原作を持っているにも関わらず、未読だったり。ゲッサンの連載を少し読んだことがあり、興味があったので購入してみた次第。
 ちなみに映画化もするらしい。最近、一足飛びに劇場版ってのをよく見るけど、流行なのかしらん。
posted by ミハイル暁 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

1月17日。15年前。

 1月17日。
 15年前。

 今の私は大きく、阪神大震災前と阪神大震災後に分けられる。

 ……ということはないけれど。

 関西人にとって忘れられない一日。
 もっと言うと、深く深く刻み付けられた一日。
 そんな日である事は確か。

 黙祷。
posted by ミハイル暁 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

【麦日記】さむがりな小麦さん

26724322_4000103385.jpg
 この物体はなんだ?

26724322_1998438101.jpg
 正体はこれだー!

 小麦さんは寒がりです。
 犬は喜び、庭駆け回るー、てなことはなく。
 相方が帰宅すると散歩をせがむくせに、外に出て、2,3分で家に引き返すそうです。
 な、なんだってー。

 てなわけで、私が信長ONをプレイしてると、必ずと言っていいほど、膝上に乗ってきて、、膝掛けの中にずりずり潜り込み、くるまります。
 まるで猫です。
 何だかねー。
タグ:麦日記
posted by ミハイル暁 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 湊&小麦日記 | 更新情報をチェックする

1/10(日):小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭 2~4巻」、成田良悟「デュラララ!!×7」購入

小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭 2巻」
小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭 3巻」
小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭 4巻」
 てなわけで一気に購入しました、・・・・。
 1巻を読んで、小竹田貴弘節が健在だったのが嬉しくて、ついつい。
 いやぁ、本当にメガドラのシャイニングフォースの同人誌時代のノリそのままでした。ボケとツッコミの切れが相変わらず素晴らしい。
 しかし、物好きしか買わないのか(おっと)、とらのあななどの漫画専門店でも全巻は揃ってなかったので、大人しくamazonさんにて注文。こういう時はやっぱりamazonさんやねー。

成田良悟「デュラララ!!×7」
 丁度、電撃文庫が出た時期だったので、ついでにamazonさんで購入。
 前回、えらく剣呑としたラストだっただけに、ここで外伝とは多少拍子抜け。アニメ放送開始の時期に合わせたという感じではあるんだろうけど。
 それにしても、そろそろ「バッカーノ!」の続きが読みたいんだけどなぁ。。。
posted by ミハイル暁 at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説&漫画 | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

アバターは電気羊の夢を見るか

 映画『アバター』は、とにかく映像が凄かった。
 単純に映像が綺麗な映画なら今までもあったが、それに3Dという技術を見事に活かして、映像に奥行きを作るという点において、画期的な映画だ。
 これは一見の価値ありと言わざるを得ない。

 とはいえ物語そのものはベタで、予告編以上の話ではない。
 異種族ナヴィの身体を操っている内に、自分が人間なのか、ナヴィなのか、分からなくなってしまう、俗に言う「胡蝶の夢」というヤツだ。
 これを異星の異種族でやると『アバター』になるが、映画を観終えてすぐに思いついたのは、ネトゲ(MMO)に置き換えると、途端にすごく駄目な話になるなぁという事だ。破壊屋さんですでに似たようなことを書いているが、もう少しネトゲっぽく考えてみた。
・主人公は、友達も彼女もいない、寂しいリストラ青年
・ある時、ネトゲ運営会社よりあるネトゲに潜入する事を依頼される。
 廃れたネトゲなので早く止めたいのだが、居座ってる住民がいて困っているのだ。強制的に終了すると会社のイメージも悪くなるので、住民が欲しているものを手切れ金に渡すから、とっとと立ち退いてもらいたい。
・キャラクターを作成して、ネトゲに参加する主人公。
・偶然出会った女性PC(女性プレイヤーかどうかはもちろん不明)が、新人を珍しく思ったのか、手取り足取りゲームの事を教えてくれる。
・そうこうしている内に、友達が増えていく。リアルでは友達もおらずいつも一人なのに!
・朝から晩までネトゲ三昧。リアルに戻るのは寝る時ぐらいになる。
・そうこうしている内に(笑)、女性PCと親密になる。リアルでは女性と話す機会もないのに!
・そしてはたと気づく。「しょぼくれて孤独なリアルの自分は本当の自分なのか。仲間も彼女もいるネトゲ世界のPCの方が、本当の自分ではないのだろうか」と。
・そして主人公はサーバーに一つしか存在しない超レアアイテムもゲットして、住民達の英雄となり、女性PC(だから女性プレイヤーである保証はどこにもない)と結婚して、立派なネトゲ廃人となったのでありました。
・めでたしめでたし

 ネトゲ運営会社とかめんどくさいので上手いことまとまらなかったけど、ネトゲに置き換えると、こういう話だよなーと。やっぱり女性PCと仲良くなったら、止められない止まらないかっぱえびせん状態になって、廃人一直線だよなー(笑)。
 相手がネカマである可能性は無意識にスルーしてるだろうけどな!
タグ:アバター
posted by ミハイル暁 at 07:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする